News & Topics

スペインのサッカークラブチーム
 バレンシアCF(Valencia Club de Futbol)と スポーツ交流協定を締結



バレンシアCFとは?
 オレンジで有名なバレンシア市を本拠地とするスペインの名門サッカークラブ。スペインのプロサッカーリーグであるリーガエスパニョーラに所属。リーグ戦、国王杯でともに6回の優勝を誇る。欧州チャンピオンリーグ準優勝2回。2003−2004シーズンはリーグ戦とUEFAカップの2冠を達成した。また、若手育成に定評があり、下部組織出身の有力選手を数多く輩出している。

 本学競技スポーツセンターは昨年11月にスポーツ強化の一環として、スペインの強豪サッカークラブのバレンシアCFとスポーツ交流協定を締結した。海外のサッカークラブと大学の交流協定は日本初の試み。この協定内容と目的を紹介しよう。

スポーツにおける活躍、海外との交流

 本学の在学生・卒業生は、スポーツにおいてこれまで輝かしい業績を上げ、活躍してきた。また、体育各部を中心に海外の大学との交流も盛んに行われている。ア式蹴球部と高麗大学校(韓国)との定期交流戦は昨年で43回目を迎え、ラグビー蹴球部も、一昨年から同校との定期交流戦を開始している。また、野球部は学生野球として初めてアメリカに遠征して以来、昨年で百周年を迎え、今年2月にそれを記念したアメリカ遠征が予定されている。

  このように本学は学術交流以外のスポーツ交流においても、世界の大学やさまざまな団体との連携を強化し、伝統ある「早稲田スポーツ」の強化を図ってきた。その中でも今回の交流締結は、今までに例を見ない画期的な試みである。

技術力、指導力の強化、 スポーツマネジメントの 体験といった 豊富な交流協定内容

 早稲田大学とバレンシアCFにおけるパートナーシップの確立を目指した本協定の内容は以下の通り。

  1. 本学ア式蹴球部員のバレンシアCFでの練習参加
    ア式蹴球部から選抜された学生が、夏季休暇期間を利用し、バレンシアCFにおいてプロ選手と合同でのトレーニングに参加できる。
  2. 指導者交流
    バレンシアCFからのコーチングスタッフを招へいしたり、本学ア式蹴球部のコーチングスタッフがバレンシアCFで実務研修を受けるなどの人材交流ができる。
  3. バレンシアCFへの 学生のインターシップ
    本学スポーツ科学部でスポーツマネジメントを専攻している学生を中心に、夏季休暇期間を利用し、バレンシアCFにおいて、日本ではまだメジャーではないスポーツマネジメントの現場を学べる。

すでに3人の選手が バレンシアCFの 練習に参加

 昨年8月下旬、今回のスポーツ交流協定締結を見据え、バレンシアCFより本学学生への招待を受けた。同じタイミングで、ユニバーシアード代表(全日本大学選抜)としてア式蹴球部から徳永悠平(主将 人科4年)・時久省吾(スポ科3年)・兵藤慎剛(スポ科2年)の3人がトルコで行われたユニバーシアード競技大会に出場した(結果、金メダルを獲得)。その帰りにバレンシアに立ち寄り、約1週間のパイロットプログラムとしてバレンシアCFの練習に参加した。

今後の展開

 将来的には、幼い頃から海外のサッカーに憧れを抱いている少年少女が早稲田に入学し、本学のプログラムにより本場のサッカーを体験し、さらにスキルアップし、チームの強化につながることが期待されている。現状では、協定期間は5年間であるが、今後大学としては恒久的に継続できるよう協定を更新していく予定。さらにこれを契機に、サッカーのみならず、ラグビー、ボート、野球などさまざまなスポーツにおいて国内および海外の有力機関との連携を進めていくことを目指している。 

(2006年1月12日掲載)

Copyright (C) 2006 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2006 January 12.