Weekly Flash

2004年度前期分 目次


103710361035103410331032103110301029102810271026102510241023




Weekly Flash 1037


NEWS FLASH

○6月9日、パリで開催されたロレアル マーケティング アワード国際大会(ロレアルグループ主催)において、石田大典さん(商研修士1年)、石井裕明さん(商4年)、鶴見至善さん(商4年)、〔いずれも恩藏直人ゼミ〕の日本代表チームが参加26カ国代表の並み居る強豪を相手に、見事、世界第3位の栄光に輝いた。今年で12回目を迎えたこの大会は、世界の大学、ビジネススクールでブランドやマーケティングを学ぶ学生3人1組によるコンペティションで、日本での参加チーム募集は今回が初めて。5月の国内大会で優勝した彼らが、初出場国代表にして手にしたこの栄冠は、まさに快挙と言えよう。
表彰式後、アワード杯を手に
表彰式後、アワード杯を手に(左から石井さん、石田さん、鶴見さん)

○6月19日〜20日、日本武道館で行われた弓道の第34回全関東学生選手権女子個人の部で、弓道部の松ケ野瑶子さん(教育4年)が準優勝を収めた。
松ヶ野さん
松ヶ野さん

○6月13日〜21日、大磯、平塚、藤沢で行われたDHLアジアパシフィックライフセービング選手権2004に、中島洋岳さん(理工3年)が学生でただ一人日本代表選手として出場。9種目に出場し、100mマネキントゥーウィズフィンで1分07秒32の日本新記録を樹立した! 中島さんは、世界ライフセービング選手権「RESCUE2004」(9月、イタリア開催)の日本代表にも正式決定。次の活躍も期待しよう。
日本代表メンバーの皆さん
日本代表メンバーの皆さん。   後列左から2人目が中島さん。   日本チームは11カ国中3位!

○6月27日、栃木県の丸和オートランド那須で行われた自動車の全関東学生ダートトライアル選手権で、自動車部が以下のとおり優秀な成績を収めた。

男子
 団体の部 優勝
   佐藤 真(理工3年)、山田 悠馬(二文3年)、早川 修平(一文4年)
 個人の部 優勝
   早川 修平(一文4年)
女子
 団体の部 優勝
  長門美帆子(教研修士1年)、北出 麻美(一文4年)
 個人の部 2位 長門美帆子(教研修士1年)
 個人の部 3位 北出 麻美(一文4年)

○7月7日〜9日、駒沢屋内体育館で行われた関東学生卓球選手権大会男子シングルスにおいて卓球部の中野祐介さん(人科3年)が見事優勝し、2連覇を達成。ベスト4には時吉佑一さん(スポ科1年)が、ベスト8には羽賀慎一郎さん(人科4年)、徳政達也さん(社学3年)が入った。また、中野さんは、9月1日〜5日にハンガリーで開催される世界大学選手権大会の日本代表選手にも選ばれている。
卓球部のみなさん
前列右から3人目が羽賀さん。   そこから左へ中野さん、徳政さん、時吉さん

常田 聡理工学部助教授が、日本水環境学会の論文奨励賞(廣瀬賞)を受賞した。これは、水環境分野に関する独創的な研究を行った40歳以下の研究者に与えられるもの。常田先生は、国際水協会が発行する国際専門誌で発表した「自己固定化法(グラニュール法)を利用した硝化細菌の高密度保持」に関する論文が評価され、今回の受賞となった。

常田 聡助教授

CAMPUS NEWS

○理工学部経営システム工学科が経営工学関連分野では日本初の快挙となる日本技術者教育認定機構(JABEE)認定を受けた。JABEEとは、大学などの高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会的要求水準、国際的要求水準を満たしているかどうかを判断する、文部科学省認定の機関。今回の認定により昨年度の卒業生以降は、国際的に認められた技術者として海外での就職に有利となり、国家試験である技術士資格の試験の一部免除措置を受けることができる、などのメリットがある。

(2004年7月22日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 July 22.




Weekly Flash 1036


CAMPUS NEWS

○6月28日〜7月9日、中国広東省政府派遣の大手企業幹部(会長、社長等)やCEOを対象とした「広東省大手企業幹部経営理論研修」(産業経営研究所主催)が行われた。講師陣は、商学部教員を中心とする学内外の第一人者。延べ27もの講義から成る充実したプログラムに、31人の参加者も一様に満足の表情。各講義終了後には活発な質疑応答や講師と握手を交わす場面も。7月2日には、参加者と本学で学ぶ中国人留学生との交流会が開催され、有意義な交流の場となった。
講義の様子
講義の様子
研修参加者と早稲田で学ぶ中国人留学生との交流会
研修参加者と早稲田で学ぶ中国人留学生との交流会

○7月5日、2004年度ヤングリーダー研究奨励奨学金の授与式が行われ、本間寛之さん(文研博士課程5年)、金塚基さん(教研博士課程3年)、横田みのりさん(アジア研修士課程2年)の3人が選ばれた。ヤングリーダー研究奨励奨学金とは、日本財団と東京財団が共同で行う研究奨励奨学金プログラムで、国際性豊かなリーダーの育成を目的に、これまでに、世界45カ国69大学の8,500人を超える学生に提供されている。本学では2001年度から募集を開始し、これまでに6人の大学院生が給付されている。

○7月7日、校友会給付一般奨学生採用通知授与式が行われ、91人の学生がこの奨学金の給付を受けることになった。校友会給付一般奨学金とは、校友が出資している校友会費の一部を財源として設立されたもの。本奨学金出願者のうち全国の都道府県から1〜3人が平均的に採用され、4年間継続して給付を受けられる制度だ。
校友会給付一般奨学生を代表して謝辞を述べる赤羽正寿さん(理工1年)
校友会給付一般奨学生を代表して謝辞を述べる赤羽正寿さん(理工1年)

(2004年7月15日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 July 15.




Weekly Flash 1035


NEWS FLASH

○5月9日に行われた早稲田大学‐ミシガン大学 テクニカルライティング検定試験(TEP Test)で、以下の学生が、各級の上位3人に贈られる優秀賞を受賞した。TEP Testとは、国際ビジネスに不可欠な実務英語の運用能力を正確に測り、正しいライティング能力を検定するもの。全国で約500人が受験している。日本テクニカルコミュニケーション協会主催、本学とミシガン大学が問題の作成・採点等を管理している。

 2級
    大塚 絵理(工研修士1年)
 3級
    小道 大作(商4年)
    堀田 徳子(理工2年)
 4級
    岡村 拓(商4年)
    村瀬麻由美(法3年)

【問い合わせ先】
 日本テクニカルコミュニケーション協会 
【URL】http://www.teptest.com
大塚さん
大塚さん
小道さん
小道さん
堀田さん
堀田さん
岡村さん
岡村さん
村瀬さん
村瀬さん

○6月16日〜20日まで福岡市民体育館などで行われたアジア太平洋カップ福岡国際男子バレーボール大会にバレーボール部の石倉弘士さん(人科4年)と中島敬介さん(スポ科2年)が日本代表として出場。見事、日本チームが優勝した。
石倉さん
石倉さん
中島さん
中島さん

○6月20日に横浜市磯子スポーツセンターで行われたウエイトリフティングの全日本学生選抜選手権で、ウエイトリフティング部の菊田裕子さん(社学1年)が女子69キロ級で、城内史子さん(社学2年)が女子75キロ超級で、優勝した。
菊田さん
菊田さん
城内さん
城内さん

CAMPUS NEWS

○6月23日〜26日、政治経済学部、商学部、人間科学部、スポーツ科学部においてペアレンツ・ウィークが実施され、対象である2年生の保護者の方々が、各学部が用意した学部説明会・公開講義・個別相談会・キャンパスツアーなどのプログラムに参加された。
個別相談の様子
個別相談の様子

○6月30日、名誉教授称号贈呈式が行われた。本年3月末で本学を定年退職された教授のうち、今回「名誉教授」の称号を授与された38人に対し、白井克彦総長から「名誉教授記」が贈呈された。代表して謝辞を述べられた岸 陽子先生による「教員としての定年退職はあっても研究者としての定年はない。これからも名誉教授の名に恥じない研究活動を行っていきたい」とのコメントが印象的だった。
所 属氏  名
アジア太平洋研究科太田 正樹
法  学  部牛 山   積大須賀   明
岸 陽子佐藤 篤士
澤村 潅星野 恒彦
文学部井内 雄四郎北村 実
久米 稔小池 規子
引地 正俊深澤 道子
教育学部伊藤 洋中島 峰広
堀切 實村田 安穂
商学部篠田 義明都倉 義孝
理工学部浅井 博川瀬 武彦
小林 精次近 桂一郎
助廣 剛多田 愈
戸沼 幸市宮原 玄
社会科学部大畠 英樹長谷川 洋三
人間科学部木村 利人濱口 晴彦
林 敏弘比企 静雄
語学教育研究所大村 益夫菅田 茂昭
田村 すゞ子牧田 英二
国際教育センター中原 道子
名誉教授の先生方。総長を囲んで
名誉教授の先生方。総長を囲んで

(2004年7月8日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 July 8.




Weekly Flash 1034


NEWS FLASH

○6月4日〜6日、鳥取県の布勢総合運動公園陸上競技場で行われた陸上の日本選手権で、競走部が以下のとおり健闘した。また、6月14日にマレーシアのイプーで行われた陸上のアジアジュニア選手権800メートルの部で下平芳弘さん(スポ科1年)が6位に入賞した。

男子
 100メートル 第5位 北村和也(人科4年)
 200メートル 第3位 大前祐介(人科4年)
 110メートル障害 第4位 合戸 隆(政経3年)

女子
 棒高跳び
 第6位 田中宏美(人科3年)
 第7位 井桁 愛(スポ科2年)
大前選手(写真中央)。惜しくもアテネ五輪のA標準突破ならず!
大前選手(写真中央)。惜しくもアテネ五輪のA標準突破ならず!

○野球部の武内晋一さん(人科3年)と大谷智久さん(スポ科2年)が、7月2日〜8日まで大分県などで行われる第33回日米大学野球選手権、ならびに7月23日〜8月1日まで台湾で行われる第2回世界大学選手権の日本代表メンバーにそれぞれ選ばれた。2人の活躍を応援しよう!
武内晋一さん
武内晋一さん
大谷智久さん
大谷智久さん

(2004年7月1日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 July 1.




Weekly Flash 1033


NEWS FLASH

○6月3日〜6日に、戸田ボートコースで行われたボートの全日本選手権で、漕艇部が以下のとおり優秀な成績を収めた。

 女子
   舵手付きクォドルプル 優勝
   ダブルスカル  3位(学生1位)
   舵手無しペア  2位(学生2位)
   エイト 優勝

 男子
   舵手付きフォア 5位(学生2位)
   ダブルスカル 6位(学生3位)
   エイト 8位(学生4位)
女子エイト優勝!
女子エイト優勝!
男子エイトも健闘!
男子エイトも健闘!

CAMPUS NEWS

一ノ瀬 昇理工学部教授が、米国セラミックス学会からジョン・ジェフソン賞を、粉体粉末冶金協会から功労賞をダブルで受賞した。いずれもファインセラミックスに関する長年の研究が認められたもの。特に米ノルトン社創始者の偉業をたたえて1958年に設けられたジェフソン賞は過去にファインセラミックス分野における著名な研究者・技術者が受賞しているが、アジアからの受賞は初めてである。
ジョン・ジェフソン賞授賞式。4月18日、米国インディアナポリスにて。お嬢さまとともに
ジョン・ジェフソン賞授賞式。4月18日、米国インディアナポリスにて。お嬢さまとともに

○5月19日に「名誉賛助員 名称贈呈式」が、また5月27日に「稲志賛助員および 賛助員名称贈呈式」が行われ、それぞれの名称を以下の方々が受領された。
※敬称略、50音順

名誉賛助員 ※他に匿名1人
大竹 正次 小坂 直樹 前川 正雄 村上 義紀
稲志賛助員

浅井 和久 小川 義嘉 木村 正輝 佐藤 耕一 佐藤 通洋 千葉 滋胤 若松 尚子
賛助員
石合 幸彦 伊藤 久雄 入野 善明 岩渕 真永 故 酒井晨史 鈴木良太郎 高野 將弘
竹内桃太郎 武智 義加 田中 末雄 堤 政夫 野崎 敬二 長谷川幸男 林 英隆
平瀬 周一 福永壽巳夫 前澤 央所 前波 範彦 松本 光弘 森 一郎 山下 清道

(2004年6月24日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 June 24.




Weekly Flash 1032


NEWS FLASH

○5月22日〜23日、戸田ボートコースで行われたボートの東日本大学選手権において、漕艇部男子エイト舵手付きフォアで優勝。女子エイトで優勝した。

男子エイトの勇姿! 奥が早稲田チーム
今年も大活躍の女子エイト!
今年も大活躍の女子エイト!

CAMPUS NEWS

白井克彦総長 自ら田植えに挑戦
白井克彦総長 自ら田植えに挑戦
○5月21日、大隈庭園に作られた約3畳の田んぼで、本学学生NPO「農楽塾」による田植えが行われた。「なぜ早稲田に田んぼがないのか」との素朴な疑問から、昨年12月に始動したこの「大隈庭園に田んぼをつくろうプロジェクト」(本紙1026号「現場レポート」参照)。これまで、田おこし、苗作りと準備が進められてきた。9月中旬頃、収穫予定!

(2004年6月17日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 June 17.




Weekly Flash 1031


NEWS FLASH

岩崎知一さん(工研博士3年)、岡村陽介さん(工研博士2年)が、日本化学会第84春季年会学生講演賞を受賞した。これは、日本化学会に所属する博士課程以上の学生の口頭発表の中から選ばれるもの。岩崎さんはナノ寸法の分子電磁石の検討に関する発表が、岡村さんは生体適合性ナノ微粒子(血小板代替物)の構築の発表が評価され、今回の受賞となった。
岩崎さん
▲ 岩崎さん
岡村さん
▲ 岡村さん

波形さん
波形さん
中村さん
中村さん
○5月16日まで、昭和の森テニスクラブで開催された関東学生テニス・トーナメント大会で、庭球部が以下のとおり優秀な成績を収めた。

女子シングルス
  優  勝    波形 純理(社学4年)
  準優勝    中村 晴香(人科3年)

女子ダブルス
  準優勝
    福井 由佳(社学4年)・
    波形 純理(社学4年)

男子ダブルス
  準優勝
    浅野 弘辞(社学2年)・
    渡辺 隼(スポ科2年)

○5月19日まで、代々木第2体育館で開催された卓球の春季関東学生リーグ戦で、卓球部男子が1部2位と健闘。また、最優秀選手中野祐介さん(人科3年)が選ばれた。
卓球部の皆さん。最前列の左から5番目が中野さん
卓球部の皆さん。最前列の左から5番目が中野さん

○5月22日に東大和スケートセンターで行われた、関東学生フリースケーティング選手権で、スケート部の中野友加里さん(人科1年)が優勝した。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)をコンビネーションで成功し、実力をみせつけた。
中野さんの華麗な演技!
中野さんの華麗な演技!

佐藤さん
佐藤さん。世界を舞台に活躍!
○ア式蹴球部女子の佐藤衣里子さん(スポ科1年)が、U-19の女子日本代表に選ばれた。佐藤さんは5月20日から6月7日にかけて開催されたU‐19女子アジア選手権大会に出場した。

○アメリカンフットボールの日米大学親善IVY-SAMURAI BOWLに、本学米式蹴球部のコーチ3人、選手11人、スタッフ4人が選出された。これは、本場米国カレッジフットボールのルーツ校であるハーバード大学とエール大学からコーチ・選手を招き、そこに関東1部校を中心としたオールスターを交えて行うジョイントマッチ。国立競技場にて6月20日(日)13時キックオフ!  皆で応援しよう!
5月に行われた対中央大戦
5月に行われた対中央大戦。「またとない貴重な経験なので、とにかく思い切りプレイしたいです」
(村井雄太主将、人科4年、写真中央「77番」)

(2004年6月10日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 June 10.




Weekly Flash 1030


NEWS FLASH

○5月14日から17日まで、横浜国際競技場で行われた第83回関東学生陸上競技対校選手権大会において、競走部が各競技で以下のとおり優秀な成績を収めた。大前祐介さん(人科4年)は、100m、200m、400mリレーで3冠を達成し、最優秀選手にも輝いた。なお、総合では男子が6位、女子が8位となった。

男子

100mの部優勝大前 祐介(人科4年)
200mの部優勝大前 祐介(人科4年)
3位北村 和也(人科4年)
400mの部3位森田 行雄(人科3年)
800mの部3位下平 芳弘(スポ科1年)
5,000mの部3位篠浦 辰徳(人科4年)
100mハードルの部優勝合戸 隆(政経3年)
400mリレー優勝 北村 和也(人科4年)、
大前 祐介(人科4年)、
中川 裕介(人科4年)、
野田 浩之(スポ科2年)
1,600mリレー3位 合戸  隆(政経3年)、
野田 浩之(スポ科2年)、
北村 和也(人科4年)、
森田 行雄(人科3年)

女子

400mリレー3位 小林 寛美(人科4年)、
岩佐千亜紀(スポ科1年)、
中川 真里(一文4年)、
岡山沙英子(人科4年)
棒高跳び2位中川 舞子(スポ科2年)
ハンマー投げ優勝久保 陽子(スポ科2年)
大前さんは右人差し指で「1番」をアピールし、余裕のフィニッシュ。
大前さんは右人差し指で「1番」をアピールし、余裕のフィニッシュ。
早大女子史上初! ハンマー投げ優勝の久保陽子さん
早大女子史上初! ハンマー投げ優勝の久保陽子さん

(2004年6月3日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 June 6.




Weekly Flash 1029


NEWS FLASH

○4月24日から5月2日まで、日本体育大学健志台体育館で行なわれた春季関東学生バドミントンリーグ戦で、バドミントン部女子が準優勝した。
左から、広岡まり香さん(人科3年)、清水陽子さん(スポ科2年)、橋本明奈さん(人科4年)
左から、広岡まり香さん(人科3年)、清水陽子さん(スポ科2年)、橋本明奈さん(人科4年)

大会は、6月12日〜20日に日本で開催予定
大会は、6月12日〜20日に日本で開催予定
○5月2日、DHL Asian Pacific Lifesaving Challenge Japan 2004(アジア太平洋地区ライフセービング選手権大会)の日本代表選手8人が発表され、中島洋岳さん(理工3年)が学生でただ1人選ばれた。中島さんは、すでにRESCUE2004(9月にイタリアで開催予定)の日本代表候補にも選出済。このことと、5月1〜2日に横浜国際プールで開催された第17回全日本ライフセービング室内選手権大会の 200mスーパーライフセーバーで日本記録を樹立し優勝したことなどが評価され、今回の選出となった。(※本紙1012号「ぴーぷる」に関連記事。)

○5月3日、静岡・草薙陸上競技場で陸上の日本グランプリシリーズ第4戦が行われ、男子200メートルで競走部の大前祐介さん(人科4年)が優勝した。この大会はアテネ五輪選考会を兼ねたもの。五輪参加標準記録を上回る20秒52を出したが、残念ながら追い風のため参考記録となった。今後の大会の成績により、アテネはまだまだ狙える! みんなで応援しよう!

○5月9日まで、石川県産業展示館で行われたウェイトリフティングの全日本選手権の女子75キロ超級で、城内史子さん(社学2年)が準優勝、垣内理美さん(教育3年)が3位に入賞した。また、女子69キロ級では、菊田裕子さん(社学1年)が3位に入賞した。
菊田裕子さん
菊田裕子さん

○5月4日、富士スピードウェイ新ジムカーナ場で行われた全関東学生ジムカーナ選手権大会において、自動車部が以下のとおり優秀な成績を収めた。
 ■自動車部
 【URL】http://www.wuac.com/index.html

 女子団体
    優勝 北出 麻美(一文4年)・長門 美帆子(教研修士1年)
 男子団体
   準優勝 佐藤 真(理工3年)・山田 悠馬(二文3年)・早川 修平(一文4年)
 女子個人
    1位 長門 美帆子(教研修士1年)
    2位 北出 麻美(一文4年)
 男子個人
    2位 早川 修平(一文4年)
競技中!
台上、左から、長門さん、北出さん
台上、左から、長門さん、北出さん
2位の台、左から佐藤さん、山田さん、早川さん
2位の台、左から佐藤さん、山田さん、早川さん

CAMPUS NEWS

○5月7日、国際会議場において、大隈記念特別奨学生証授与式が行われた。これは、学生の模範となり、卒業後は各分野で社会に大きく貢献し、本学の誇りとなりうる人材の育成を目的に、年間授業料相当額を4年間継続して支給する今年度新設された奨学金制度。学部の一般入試または大学入試センター試験利用入試において、特に優秀な成績を収めた合格者の中から選抜された。今年度は、54人がこの奨学金の栄誉を受けた。
授与式の様子。早稲田を舞台に活躍を!
授与式の様子。早稲田を舞台に活躍を!

(2004年5月27日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 May 27.




Weekly Flash 1028


NEWS FLASH

井口さん
井口さん
駒木根さん
駒木根さん

○5月2日、軟式庭球部が慶応義塾大学で行われた第27回東京六大学選手権で見事アベック優勝に輝いた。これはダブルスのみの大会。男子の優勝ペアは、井口雅之さん(社学2年)・駒木根規弘さん(社学2年)。女子は、野田史穂里さん(社学2年)・井上智香子さん(社学2年)。また、堺満さん(社学1年)・伊藤伸さん(社学4年)組と香川翔さん(社学1年)・藤山修一郎さん(社学3年)組が3位に入賞した。

(左から)井上さん・野田さん
(左から)井上さん・野田さん
(左から)堺さん・伊藤さん、香川さん・藤山さん
(左から)堺さん・伊藤さん、香川さん・藤山さん

CAMPUS NEWS

○4月21日、平山郁夫記念ボランティアセンター(WAVOC)でボランティア活動を行う学生と、白井克彦総長との懇談会が行われた。当日は、各プロジェクトリーダーである学生7人が参加。それぞれが携わっているプロジェクトに対する思いや、実際に現地に赴き体を動かすことの重要性を実感したことなどの体験談を熱く語った。

 WAVOCには、多彩なボランティアプログラムが充実! 今すぐ登録しよう。
【URL】http://www.waseda.jp/wavoc/index-j.html
学生からの報告に丁寧に答える白井総長
学生からの報告に丁寧に答える白井総長
緊張しつつも臆せず堂々と総長との意見交換を楽しんだ
緊張しつつも臆せず堂々と総長との意見交換を楽しんだ

(2004年5月20日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 May 20.




Weekly Flash 1027


NEWS FLASH

山口雄也さん(工研修士1年)が、電気学会東京支部の電気学術奨励賞を受賞した。この賞は該当する年度に卒業予定の、電気学会に所属する成績優秀者に贈られるもの。山口さんは学部4年時の電気学会全国大会での発表などが評価され今回の受賞となった。
山口さん
山口さん

矢島さん(後列左から5人目)
▲ 矢島さん(後列左から5人目)。後列右から4人目は、 U-23日本代表としても活躍中の徳永さん。
○4月7日、矢島卓郎さん(人科3年)が、日本サッカー協会による特別指定選手に選ばれた。これは、大学などに在籍しながらJリーグに出場可能となるもの。すでに同制度で徳永悠平さん(人科3年)がFC東京で大活躍中。矢島さんはJ2の川崎フロンターレで活躍していく。

○4月18日、静岡市草薙(くさなぎ)総合運動場で開催された第40回全国ソフトテニスクラブ対抗選手権大会で、軟式庭球部が男子の部で準優勝した。メンバーは以下の6人。
影山陽平さん
影山陽平さん(人科4年、主将)
伊藤伸さん
伊藤伸さん(社学4年)
毛利伸治さん
毛利伸治さん(人科3年)
園田貴祥さん
園田貴祥さん(スポ科2年)
鬼頭貴之さん
鬼頭貴之さん(スポ科1年)
堺満さん
堺満さん(社学1年)

○4月24日まで、駒沢体育館で開催された関東学生卓球新人大会の男子シングルスで、下山隆敬さん(社学1年)が優勝、時吉佑一さん(スポ科1年)が準優勝を収めた。また、男子ダブルスでは、下山・時吉組が第3位と健闘した。
下山さん(左)、時吉さん(右)
ダブルスでも健闘! 下山さん(左)、時吉さん(右)

○4月25日まで東京辰巳国際水泳場で行われた水泳の第80回日本選手権で、本学学生が下記のとおり優秀な成績を収めた。

(男子)
 50m平泳ぎ 第3位 吉田光宏 (人科4年)

(女子)
 50m平泳ぎ 優勝 三輪芳美 (スポ科2年)
 100m平泳ぎ 第3位 三輪芳美 (スポ科2年)
 200mバタフライ 第4位 三田真希 (教育3年)
 50m自由形 第5位 真島枝里子 (人科3年)
 200mメドレー 第6位 重田智絵美 (教育1年)
 200m自由形 第8位 大倉亜希奈 (教育2年)
吉田光宏さん
吉田光宏さん
三輪芳美さん
三輪芳美さん
真島枝里子さん
真島枝里子さん
三田真希さん
三田真希さん

○英国で最も権威あるバドミントンの大会であるユーバー杯の日本女子代表に、バドミントン部の平山優さん(社学1年)が選ばれた。大会は、16日までインドネシアジャカルタで開催中!

(2004年5月13日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 May 13.




Weekly Flash 1026


NEWS FLASH

○3月21日に島根県松江市で開催された日本学生女子ハーフマラソン大会で、競走部の阪根理恵子さん(一文3年)が4位に入賞した。

○4月4日まで辰巳国際水泳場で行われた飛び込みの第80回日本選手権で、山下美沙子さん(教育3年)が、シンクロナイズド高飛び込みの部では大槻枝美さん(ミキハウス、2002年教育卒)とのペアで、シンクロ3メートル板飛び込みの部では渋沢小哉芳さん(ミキハウス)とのペアでともに優勝した。
 また、3メートル板飛び込みの部では2位に入賞した。その結果、5月に行われるワールド・グランプリ大会(カナダおよび米国)、9月に行われるアジア選手権(アラブ首長国連邦)の代表に選ばれた。
今年も好調な山下選手!
今年も好調な山下選手!

○4月4日、駒沢オリンピック公園陸上競技場で行われた第37回東京六大学対抗陸上競技大会において、競走部が総合優勝。4連覇の快挙を果たした! 各競技の成績は以下のとおり。

100mの部
     2位 北村和也(人科4年)
1,500mの部
    優勝 日笠裕允(人科3年)
     3位 戸松亮治(人科4年)
800mの部
     2位  吉井弘樹(スポ科2年)
400mの部
    優勝 森田行雄(人科3年)
     3位 菊地 潤(人科3年)
5,000mの部
    優勝 空山隆児(人科4年)
     2位 篠浦辰徳(人科4年)
円盤投
    優勝 岡先聖太(スポ科2年)
やり投げ
    優勝 竹迫 寿(人科3年)
     3位 吉田耕世(人科3年)
砲丸投げ
     3位 内田智也(人科4年)
110m障害
    優勝 合田 隆(政経3年)
3,000m障害
     3位 駒野亮太(教育1年)
走高跳
     3位 蓬田裕之(人科3年)
     3位 木村孝三(人科2年)
三段跳
     3位 竹内敦史(人科2年)
4×100mリレー
  優勝  北村和也(人科4年)
          大前祐介(人科4年)
          野田浩之(スポ科2年)
          中川裕介(人科4年)
4×400mリレー
  優勝  野田浩之(スポ科2年)
          菊地 潤(人科3年)
          向井哲哉(理工2年)
          森田行雄(人科3年)
大学公式戦デビューの駒野さん
大学公式戦デビューの駒野さん。これからの活躍を応援しよう!

(2004年5月6日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 May 6.




Weekly Flash 1025


NEWS FLASH

○3月14日まで、さいたま市記念総合体育館で行われた第24回全日本ジュニア重量挙げ選手権において、ウェイトリフティング部が以下のとおり優秀な成績を収めた。

男子62キロ級 2位 武藤恭章(スポ科1年)
女子63キロ級 3位 中川諒子(教育1年)
女子75キロ超級 優勝 城内史子(社学1年)
2位入賞した武藤さん
2位入賞した武藤さん (C)早稲田スポーツ新聞会

3位の長さん
3位の長さん
○4月4日まで、東京体育館で行われていた第49回全日本女子選抜ソフトテニス大会の女子シングルスで、長 奈津子さん(スポ科2年)が3位に入賞した。

○4月4日、戸田ボートコースで行われた第53回お花見レガッタで、漕艇部女子ダブルスカル、舵手つきクォドルプル、エイトで優勝。男子舵手つきクォドルプルで優勝した。
男子舵手つきクォドルプル
男子舵手つきクォドルプル

女子ダブルスカル。今年も強い!
女子ダブルスカル。今年も強い!

(2004年4月22日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 April 22.




Weekly Flash 1024


NEWS FLASH

○3月14日まで、埼玉県妻沼滑空場で開催された第44回全日本学生グライダー選手権大会団体の部で、航空部が3位に入賞した。また、個人では大渕泰斗さん(理工4年)が5位に入賞した。

▲飛び立つ瞬間! パイロットは大渕さん

○3月18日まで、立川ルーデンステニスクラブで行われた2004年度関東学生新進テニス選手権大会において、庭球部が以下のとおり優秀な成績を収めた。

男子シングルス
 優 勝 酒井祐樹(人科2年)
 準優勝 江戸 寛(社学2年)
男子ダブルス
 優 勝 酒井祐樹(人科2年)、江戸 寛(社学2年)
 準優勝 浅野弘辞(人科1年)、渡辺 隼(人科1年)
女子シングルス
 優 勝 吉田沙織(人科2年)
 準優勝 荒川 望(スポ科1年)
女子ダブルス
 準優勝 吉田沙織(人科2年)、中村晴香(人科2年)

酒井さんのサーブ!
酒井さんのサーブ!
吉田さんのバックハンドストローク!
吉田さんのバックハンドストローク!


▲米フロリダ州タンパでのキャンプにて。 所属チームのユニフォームに身を包んで
本紙1009号「ぴーぷる」登場
○3月21日、米式蹴球部の波木健太郎さん(法4年)が、米ナショナル・フットボール・リーグへの登竜門となる欧州リーグ(NFLEL)の最終登録選手に正式決定! 4月3日に開幕したNFLEL2004シーズンで、ドイツのケルン・センチュリオンズのメンバーとして戦っていくことになった。

○3月27日、ドイツのドルトムントで行われたフィギュアスケート世界選手権の女子シングルで、荒川静香さん(教育4年)が優勝! 期待されながらも世界タイトルに無縁だった荒川さん。ついに世界の頂点に立った。

▲トゥーランドットの曲のテーマを見事に表現した 荒川さん。スケールの大きな演技は技術点で6点満点も! 卒業後も応援しよう!
本紙1019号「ぴーぷる」登場

CAMPUS NEWS

○3月9日、内藤明社会科学部教授が、2004年度芸術選奨文部科学大臣新人賞を受賞した。受賞対象作品は歌集『斧と勾玉』。短歌本来の特色を守りながら、現代生活を多様に短歌に表現し、さらに将来への長い発展を期待させると高く評価され、今回の受賞となった。また同歌集は、4月1日、中堅男性歌人の優れた歌集を顕彰する第9回寺山修司短歌賞も受賞した。


○3月17日、大隈庭園で韓鐘閣の披露会が行われた。これは、韓国在住の卒業生を中心とする韓国校友会から寄贈されたもの。かつて、本学の創立100周年を記念して同会から贈られた韓国の国宝エミレの鐘の2分の1の複製を取り付けるために作られた。初撞きでは、白井総長や韓国の留学生などが、韓国の美しい音100選に入っている本物に負けない趣のある音色を楽しんだ。
披露会の様子
披露会の様子

(2004年4月15日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 April 15.




Weekly Flash 1023


NEWS FLASH

望月さん(左端)
▲望月さん(左端)。もう1人の「さくらの女王」、「プリンセス」と。
佐藤さんは小野梓記念賞も受賞。
▲佐藤さんは小野梓記念賞も受賞。

○3月6日、望月玲奈さん(法1年)が、財団法人日本さくらの会の第20代日本さくらの女王に選出された。今後2年間、桜の親善大使として、アメリカ、ドイツ等諸外国や、国内各地で開催される「さくら祭り」、「さくら植樹祭」等に出席し、友好・国際親善に努めていく。

○3月14日、熊本市で開催された九州パラリンピック陸上競技選手権大会の走り幅跳びで、佐藤真海さん(商4年)が、3m66の日本新記録を樹立した。これは、アテネ・パラリンピック出場条件である「A標準記録3m55」を大きく上回る成績。4月中旬に発表される日本代表の有力候補に名乗りを上げた。

2004年度 小野梓記念賞受賞者

〈学術賞〉

足代訓史さん(商研修士2年)
「業界プラットフォーム型企業の発展可能性 ─提供機能の収斂化仮説の検討─」
相羽秀伸さん(教研修士2年)
「ジュール・フェリーと道徳教育  ─フランス第三共和政初期の国民初等教育世俗化政策からの視座─」
野本瑠美さん(一文4年)
「『経正朝臣集』について」

〈芸術賞〉

蜂谷伸治さん、高尾研也さん、増田忠史さん(工研修士2年)
建築設計「学生自治寮」、「余白のある家」
次松武大さん(GITS修士2年)
映像作品 Wounded on the Bridge(橋上で傷む)

〈スポーツ賞〉

鳥谷 敬さん(人科4年)
第1回世界大学野球選手権大会 3位 ベストナイン
末延典子さん(一文4年)
第24回全日本軽量級選手権競漕大会 女子舵手つきクオドルプル優勝
第81回全日本選手権競漕大会 女子舵手つきクオドルプル優勝
第29・30回全日本大学選手権競漕大会 女子舵手つきクオドルプル2年連続優勝
山田晃子さん(教育4年)
第24回全日本軽量級選手権競漕大会 女子舵手つきクオドルプル優勝
第27・29回全日本大学選手権競漕大会 女子舵手なしペア優勝
第28回全日本大学選手権競漕大会 女子ダブルスカル優勝
第29回全日本大学選手権競漕大会 女子舵手つきクオドルプル優勝
御手洗和美さん(商4年)
第23回全日本軽量級選手権競漕大会 女子ダブルスカル優勝
第24回全日本軽量級選手権競漕大会 女子舵手つきクオドルプル優勝
第81回全日本選手権競漕大会 女子舵手つきクオドルプル優勝
第28〜30回全日本大学選手権競漕大会 女子ダブルスカル 3年連続優勝
第29回全日本大学選手権競漕大会 女子舵手つきクオドルプル優勝
高野香織さん(人科5年)
第83回日本陸上競技選手権リレー競技大会 女子4×100mリレー優勝
穴井伸也さん(人科4年)
第85・86回日本陸上競技選手権リレー競技大会 男子4×100mリレー2年連続優勝
長島和幸さん(人科4年)
文部科学大臣杯2001・2002年度全日本学生レスリング選手権 2年連続優勝
漕艇部
第81回全日本選手権競漕大会 女子エイト優勝
第28〜30回全日本大学選手権競漕大会 女子総合3年連続優勝

〈特別賞〉

佐藤真海さん(商4年)
障害を乗り越え、ジャパンパラリンピック水泳競技大会において日本新記録を樹立するとともに、応援部チアリーダーとして周囲に勇気と希望を与えた活動

恩藏ゼミの受賞メンバー
恩藏直人商学部教授(後列左から4人目)を囲んで恩藏ゼミの受賞メンバー。楠本さん(先生の左隣)、篠原さん(右隣)。
亀井昭宏商学部教授(左端)と、亀井ゼミの橋本さん、井上さん、荻谷さん(左から順に)
亀井昭宏商学部教授(左端)と、亀井ゼミの橋本さん、井上さん、荻谷さん(左から順に)。
広告研究会二班の皆さん
広告研究会二班の皆さん

○2月19日、第56回学生広告論文電通賞の入賞論文が発表され、以下のとおり本学の学生が上位入賞を果たした。

大学生個人の部
1位 楠本 宜也(商4年)
3位 井上恵美子(商4年)
佳作1席 篠原 隆利(商4年)
佳作2席 橋本 和人(商4年)
佳作3席 荻谷 俊介(商4年)
大学生グループの部
3位 現代マーケティング研究 恩藏直人ゼミナールCCR研究会(商学部)
佳作1席 広告研究会 2班
佳作3席 恩藏ゼミナール Attention Please班(商学部)
在日留学生個人の部
佳作3席 李 志勇(リー ツヨン)(商2年)

CAMPUS NEWS

小宮山悟さん
講演を終えて。花束で歓迎。
(C)早稲田スポーツ新聞会
寄付者の方々と大学関係者
寄付者の方々と大学関係者。
本学の充実した奨学金は、寄付者のご支援によって成り立っている。
祝賀会の様子
米式蹴球部の創部70周年記念祝賀会の様子
大河原さん(左)、東海林さん(右)
大河原さん(左)、東海林さん(右)。
ご協力どうもありがとう!

○1月21日、スポーツ科学部開設1周年を記念して、所沢キャンパスにおいて「小宮山悟氏が語るトップパフォーマンス」と題した講演会が開催された。当日は、小宮山悟さん(90年教育卒、千葉ロッテマリーンズ)が、メジャーリーグでの体験談や独自の投球理論、英語力の必要性を熱く語り、グローカルな活躍を志す満員の学生とのディスカッションを繰り広げた。スポーツ科学部では、今後もさまざまな記念行事を行う予定。乞うご期待!
【問い合わせ先】スポーツ科学部/所沢総合事務センター
 【TEL】04(2947)6710
【URL】http://www.waseda.jp/sports/

○1月22日、大隈ガーデンハウスにおいて、大隈記念奨学生の集いが開催され、奨学金の寄付をとおして本学を支援いただいている校友の方々と、奨学生125人、また今回は大隈奨学生のOB・OG 30人が一堂に会した。寄付者の方々の、自身の体験を交えた激励の言葉に、奨学生からは「大隈奨学生としての誇りを忘れず邁進したい」との声が聞かれた。

○1月24日、リーガロイヤルホテル東京で米式蹴球部創部70周年記念祝賀会が開催された。OB、現役部員、チーム関係者など約250人が参加。波木健太郎さん(法4年)と新田潤さん(社学3年)の全米カレッジオールスター・フラボウルへの出場報告や、朝倉孝雄新監督の紹介などが行われた。

○本学の喫煙マナーの徹底化を図るため募集した喫煙マナーポスターの入賞者に、大河原弘之さん(一文2年)、東海林 洋さん(一文1年)が選ばれた。今後、2人のポスターは、各種広報活動やキャンペーンに活用される。

(2004年4月8日掲載)

Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2004 All rights reserved.
First drafted 2004 April 8.