NEWS & TOPICS
| TOP PAGE  | NEWS & Topics  |

「大隈塾」発足1カ月
多彩なゲストに、受講生も大満足のすべり出し

若き日の大隈重信
「大なる使命を担ひて立てる」若き日の大隈重信 (図録大隈重信より)
田原総一郎氏
「自分で考える姿勢を捨てた時、閉塞状況が生まれるのだ!」
小泉首相
「矛盾や憤りに自分がどう立ち向かうかを考える、それが学問の素晴らしさだ!」
「大隈塾」とは?
 本学はジャーナリストの田原総一朗氏と高野孟氏を本年度から客員教授として迎え、政治経済学部の坪井善明、田中愛治、白木三秀教授らとともに、将来の日本の政治・経済の「リーダー・オブ・リーダーズ」の育成を目指した教育・研究を開始した。
 教育・研究を連携させながら、徹底した討論と自発的学習を主体とした「塾」教育を展開していく。建学の精神「学の独立」に立脚し自由闊達に天下国家を語り、「現世を忘れぬ久遠の理想」を掲げる。まさに現代の大隈塾だ。

毎回、多彩なゲストが登場!
 このプロジェクトの第一歩がオープン教育センター科目「21世紀日本の構想」で、政治家や企業CEOなど、政治・経済・外交等の諸課題に第一線で取り組む各界のリーダーをゲストに招き、講師・教員・学生の三者が率直に意見交換をする場を作っていく。授業は既に、三回行われており、受講生の評判も上々だ。(「こんな授業、どんなゼミ」参照)
 また国際的視野に立つ日本再生プランを策定し、国内外へ政策提言を発信するプロジェクト研究所「21世紀日本構想研究所」を同時に設置した。

発足記念シンポジウム
 既報のとおり、去る四月十五日、「塾頭」田原総一朗氏の呼びかけで、ジャーナリストの筑紫哲也氏らがパネリストとして参加し、小泉純一郎首相が祝辞を述べるという「記念シンポジウム」が、大隈講堂で開催された。慶大出身の首相は江戸時代の儒学者、佐藤一斎の言葉「若くして学べば、壮にして為す有り。壮にして学べば、老いて衰えず。老いて学べば、死して朽ちず」と、有史以来最も学ぶ時間に恵まれた今こそ大いに学んでほしいと、早大生にエールを送った。

【問い合わせ先】教務部教育システム課
【URL】http://www.waseda.jp/open/index.html

(2002年5月16日掲載)

| TOP PAGE  | NEWS & Topics  |