Weekly Flash
| TOP PAGE  | Weekly Flash  |

2001年度後期分 目次

943  ・ 944  ・ 945  ・ 946  ・ 947  ・ 948  ・ 949  ・ 950 
 ・ 951  ・ 952  ・ 953  ・ 954  ・ 955 

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 955

NEWS FLASH

○2001年度第14回ACC学生CMコンクールの入賞作品が発表され、テレビCM部門で小島洋二さん(教育3年)、黒塚智将さん(商3年)が入賞に輝いた。
氏名広告主商品名題名
金賞小島洋二(教育3年)資生堂UV WHITEタイムスケープホワイトオセロ
奨励賞黒塚智将(商3年)セイコーキネティックオートリレー恋の動き


両チームは記念のユニホームを特注する熱の入れようだった ○12月15日、国立競技場でW杯を控え、日韓交流をさらに深める目的で「Japan/Korea Soccer Collaboration」が開催された。早稲田・高麗大学連合チームと慶應義塾・延世大学連合チームという、ライバル対決に熱い声援がこだました。早稲田と高麗、慶応と延世の交流の歴史は長く、それぞれ約40年にわたって定期戦を続けている。高麗・延世大学からは韓国代表の選手が4人も参加し、非常に高い技術を披露した。国およびライバル校の友情がぐっと深まる試合となった。

日韓海底トンネルという大胆な発想は審査員の評価も高かった ○12月26日、外務省国際会議場にて国際問題論文・討論コンクール"ユース・フォーラム2001"が行われた。「21世紀の日韓関係〜私の政策提言〜」のテーマについて全国から寄せられた論文の中から、審査を経て選ばれた優秀者5人が、一堂に会してプレゼンテーションおよび討論を行った。優秀者に選ばれた広瀬健太郎さん(政経3年)は、『日韓海底トンネル構想』という内容で敢闘賞を受賞した。

○12月26日代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで第45回大学囲碁選手権が行われ、囲碁会が7戦全勝で2年連続7回目の優勝を果たした。

紅白歌合戦の楽屋にて ○12月31日、第52回NHK紅白歌合戦に混声合唱団コール・フリューゲルが慶應義塾大学・青山学院大学の合唱団と共に出場した。北島三郎さんや天童よしみさんのバックコーラスばかりでなく、最後の「蛍の光」も歌い、年末の恒例番組に華を添えた。

○1月3日、アイスホッケーの世界U-20(20歳以下)選手権2部がクロアチアのザグレブで行われ、日本が決勝でデンマークを5:2で破って優勝し、来季の1部復帰を決めた。試合では、代表選手の小川将史さん(法1年)が、ダメ押しの5点目を奪うなど、大活躍した。

○1月7日、日本学生氷上競技選手権フィギュア女子シングルで、荒川静香さん(教育2年)が初優勝した。ショートプログラムの部で首位にたった荒川さんは、フリーの部でも全国トップレベルの実力を見せつけた。荒川さんは4大陸選手権の代表にも選ばれている。今後の活躍に目が離せない。
CAMPUS NEWS

○9年前に不慮の事故によって48歳の若さで亡くなった女優・太地喜和子さんの遺品が演劇博物館に寄贈されたのを機会に、11月15日から12月16日まで「太地喜和子展」が開催された。
 12月11日に小野講堂で開催された関連講座では、俳優の加藤武さんと演劇評論家の大笹吉雄さんが、太地さんの思い出を立ち見で一杯になった会場の参加者に熱く語り、「役者」太地喜和子さんの魅力にあらためて触れることができた講座となった。

演劇博物館「太地喜和子」展にて。左から、大笹吉雄氏、ご母堂・太地とし稔氏、加藤武氏、文学座代表取締役社長・梅田濠二郎氏、伊藤洋演劇博物館長。左の着物は、最後の舞台となった「唐人お吉ものがたり」のときの着物の1つ。

(2002年1月17日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 954

CAMPUS NEWS

○12月5日、森喜朗前首相が大隈講堂にて講演会を行った。森喜朗さんが早大出身の国会議員による「国会稲門会」の会長に就任したことから招かれたもの。首相時代の政治の舞台裏の話や教育問題など、約1時間に渡って熱弁を振るった。

○12月10日、大隈記念奨学生、小野梓記念奨学生の集いが行われた。創立者・大隈重信と建学の母とも呼ばれる小野梓の2人の名前を付したこの奨学金を、2001年度では、大隈記念奨学金147人、小野梓記念奨学金1,058人、小野梓記念外国人留学生奨学金111人が受けている。

(2002年1月10日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 953


○特許庁が2001年度弁理士試験結果を発表した。弁理士とは、発明・商標等について、特許権・商標権等を取得するために特許庁に対して行う出願手続の代理や、権利侵害訴訟における補佐人としての業務を行うための国家資格を持つ人。先端技術に関する理工系知識と、特許等の工業所有権に関する法学系知識の双方が要求される。
 今年度は法改正によって予備試験が廃止となり、学歴を問わず受験が可能になったため、受験者数は433人増加し5,599人となった。また、最終合格者も315人と前年度より60人増加した。しかし、本学出身の合格者数は前年度と変わらず、停滞と言える結果となった。詳細は以下のとおり。
全受験者・合格者数()内は女性で内数
 2001年度2000年度増減数
受験数5,5995,166+433
合格者数315(48)255(58)+60(-10)

出身大学別合格者数(ベスト10) ()内は女性で内数
大学名2001年度2000年度増減数
京都大学26(3)10(1)+16(+2)
東京工業大学25(1)15(1)+10(0)
東京大学21(3)23(5)-2(−2)
大阪大学20(2)19(1)+1(1)
早稲田大学17(4)17(4)0(0)
慶應義塾大学15(1)9(3)+6(−2)
名古屋大学14(2)12(1)+2(+1)
東京理科大学13(2)12(3)+1(−1)
東北大学11(2)9(1)+2(+1)
北海道大学9(2)7(2)+2(0)
【URL】http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
より「平成13年度弁理士試験の結果について」

○人間科学部は2002年度スポーツ推薦入学試験合格者、2002年度スポーツ科学科特別選抜試験合格者を発表した。合格者は以下のとおり。
2002年度スポーツ推薦入学試験合格者(Web上では氏名の公開を控えています)
性別都道府県高校名種目
愛媛新田硬式野球
和歌山智辨学園和歌山硬式野球
滋賀比叡山硬式野球
神奈川東海大学付属相模硬式テニス
岡山関西ボート
長崎大村剣道
静岡静岡学園柔道
岡山興陽弓道
大阪啓光学園水泳
埼玉川越陸上競技
兵庫加古川東陸上競技
大阪啓光学園ラグビー
福岡修猷館ラグビー
岩手盛岡南スキー
北海道苫小牧東アイスホッケー
千葉市立柏バスケットボール
青森三沢商業バスケットボール
長崎国見サッカー
京都東山卓球
埼玉埼玉栄体操競技
長崎九州文化学園バレーボール
福岡門司ハンドボール
岡山岡山理科大学附属ソフトテニス
埼玉埼玉栄バドミントン
千葉千葉敬愛ソフトボール

2002年度スポーツ科学科特別選抜試験合格者 (Web上では氏名の公開を控えています)
性別高校名種目ポジション等競技成績
岡谷工業バレーボールリベロ高校総体優勝
金沢商業バレーボールレフトエース高校選抜大会ベスト8
高松北バレーボールレフトエース高校選抜大会ベスト8
東海大学第四バスケットボールガード高校総体2位
犢橋バスケットボールセンターフォワード国体優勝
龍野ソフトボール内野手高校総体5位
那覇西ハンドボールポストU19全日本代表候補
瓊浦ハンドボールセンターU19全日本代表
大垣北ハンドボール右45°U19全日本代表候補
伊吹ホッケーフォワード高校選抜大会ベスト8
横田ホッケーゴールキーパー国体5位
丹生ホッケーミッドフィルダー全日本ユース代表
丹生ホッケーディフェンス国体3位
土庄硬式野球投手全日本高校代表候補
仙台育英硬式野球投手高校選抜大会準優勝
秀明英光水球ドライバー高校総体優勝
伊奈学園総合水球フローター国体優勝
伊奈学園総合水球フローター国体優勝
埼玉栄水球センターバック高校総体ベスト8
膳所ボート舵手付クォドルプル国体5位
苫小牧東アイスホッケーディフェンス高校選手権3位
八戸商業アイスホッケーゴールキーパーU18全日本代表
北海アイスホッケーセンターフォワードU18全日本代表
草津東サッカーディフェンダー高校選手権準優勝
國學院大學久我山サッカーフォワード高校総体準優勝
習志野サッカーフォワード高校総体ベスト8
法政大学第二ラグビースタンドオフ全日本高校代表候補
東京農業大学第二ラグビースタンドオフ高校選抜大会ベスト8
太田東ボクシングフライ級国体2位
和歌山北フェンシングフルーレ高校総体優勝
水戸桜ノ牧陸上競技短距離高校総体3位(200m)
倉敷南陸上競技中距離国体3位(800m)
前橋育英陸上競技短距離国体優勝(400m)
名古屋陸上競技投擲高校総体3位(ハンマー投げ)
木造陸上競技投擲国体8位(やり投げ)
城南競泳自由形国体4位(100m)
北海道尚志学園競泳個人メドレージュニアオリンピック5位(400m)
埼玉栄競泳自由形高校総体優勝(50m)
関西体操競技 高校総体4位(ゆか)
菊里体操競技 国体5位
足利工業大学附属硬式テニス 高校総体3位(シングルス)
柳川硬式テニス ジュニア選手権3位(ダブルス)
仁愛女子硬式テニス ジュニア選手権ベスト8(ダブルス)
米子西ソフトテニス後衛ハイスクールジャパンカップベスト8
土浦日本大学ヨットクルー国体優勝(FJ級)
東京電機大学自転車スプリント国体6位
松代スキークロスカントリー高校選抜大会6位(15qフリー)
八海スキークロスカントリージュニアオリンピック優勝(10qC)
弘前工業スキークロスカントリー高校総体3位(10qC)
白樺学園スケート 世界ジュニア選手権総合優勝


NEWS FLASH

スナッチで105kgを持ち上げている小野寺大樹さん(人科4年)
スナッチで105kgを持ち上げている小野寺大樹さん(人科4年)
○10月26、27日、磯子スポーツセンターで行われた第46回全日本学生ウェイトリフティング新人選手権大会69kg級の部で、目取真(めどるま)奈都紀さん(社学1年)が大会新記録のトータル160kgを持ちあげて優勝した。また、+105kg級の部岩井秀憲さん(人科1年)が3位に入賞した。

○11月17日、大阪府立体育会館で行われた第47回全日本大学対抗ウェイトリフティング選手権大会(II部)団体の部で、ウェイトリフティング部が優勝し、I部昇格を果たした。それぞれの成績は以下のとおり。おめでとう!!

階級氏名順位
56kg級大北 拓真さん(社学1年)2位
62kg級古庄 康夫さん(法3年)3位
77kg級宮城 宏和さん(人科1年)1位
77kg級会沢 哲生さん(人科4年)2位
94kg級福田 健吾さん(人科1年)3位
105kg級小野寺 大樹さん(人科4年)2位
105kg級朴 徳貴さん(人科1年)1位
105kg級岩井 秀憲さん(人科1年)2位

(2001年12月13日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 952

NEWS FLASH

○9月15日〜10月14日に行われた関東大学秋季リーグ戦2部バレーボール部女子部が国際武道大に入れ替え戦で勝利し、36年ぶりに1部昇格を果たした。

○10月27日、駒沢体育館で行われたフェンシングの全日本学生選手権大会女子エペ・団体の部フェンシング部女子部が見事優勝した。


CAMPUS NEWS

○本学バレーボール部の前身、「早稲田奉仕園排球部」が設立されて今年で70周年になる。それを記念した記念碑が早稲田奉仕園構内に建立された(投稿コーナーに関連記事)。

○業務を統括し、箇所を代表する箇所長が以下のとおり決定された。
環境保全センター所長
名古屋 俊士(再任)
<任期>2001年12月1日〜2003年11月30日

芸術学校長
鈴木 恂(まこと)(新任)
<任期>2001年11月16日〜2002年11月15日

(2001年12月6日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 951

金岡節絵さん(写真左、社学1年)
1年生ながら団体戦で活躍した金岡節絵さん(写真左、社学1年)
写真提供:早稲田スポーツ新聞会
オッリ=ペッカ・ヘイノネンさん
講演会には学生が大勢詰めかけた
NEWS FLASH

○10月25〜28日に行われた水球の第77回日本学生選手権で、水泳部が準優勝した。今回で4連続の準優勝。本学全員の応援力を結集し、来年はきっと優勝だ。

○11月11日、愛知県で開催された第20回全日本女子学生優勝大会で、女子剣道部が3位に入賞した。

○11月11日、アメリカンフットボールの関東学生選手権大会1部Bブロックが駒沢陸上競技場で行われ、米式蹴球部が3位に入賞した。

○11月22日〜27日に開催された全日本学生フェンシング選手権・女子フルーレ個人の部で藤原仁美さん(教育3年)が準優勝した。


CAMPUS NEWS

○11月16日、本学でオッリ=ペッカ・ヘイノネンさん(フィンランド運輸通信大臣)の講演会が行われた。ヘイノネン運輸通信大臣は、94年に29歳の若さでフィンランド文部大臣に就任し、在任中の98年にも1度本学を訪れている。講演会では、世界で最も先進的な情報社会といわれるフィンランドの課題や取り組みについての熱心な話が披露された。

(2001年11月29日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 950

NEWS FLASH

○全国15会場で2001年秋季全国大学対抗簿記大会が行われ、個人1級の部で、木崎孝育さん(商4年)が準優勝した。

報道陣に囲まれポーズをとる江尻さん
報道陣に囲まれポーズをとる江尻さん
○11月12日、プロ野球ドラフト会議を前に日本ハムファイターズが今年から導入された「自由獲得枠」を利用して江尻慎太郎さん(社学4年)を獲得した。戦いの場をプロ野球に移しても、活躍を期待しよう。

(2001年11月22日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 949

芸術功労賞授賞式での横山さん(右)
芸術功労賞授賞式での横山さん(右)
卒業式や早慶戦の時などフクちゃんはみんなに愛された
卒業式や早慶戦の時などフクちゃんはみんなに愛された
NEWS FLASH

○10月28日、アメリカのコロラド州で行われたフィギュアスケートグランプリシリーズ第1戦で、女子シングルで荒川静香さん(教育2年)が4位に入った。荒川さんはショートプログラムの部では6位だったが、フリーの部でほぼ完璧な演技をみせ総合では順位を上げた。

○11月3日、カナダのスカトゥーンで行われたフィギュアスケートグランプリシリーズ第2戦の女子シングルで、村主章枝さん(教育3年)が4位に入った。村主さんはショートプログラムの部で3位とメダルが期待されたが、フリーの部では4位に終わり総合4位となった。

○11月8日、昭和を代表する漫画家の一人、横山隆一さんが亡くなられた。代表作「フクちゃん」は長年、早稲田のマスコットとして愛用され、多くの人々に親しまれた。横山さんは本学の芸術功労賞受賞者として表彰を受けており、推薦校友の1人でもある。ご冥福を心からお祈り申し上げます。


CAMPUS NEWS

○11月3日〜4日、本学国際会議場にてシンポジウム「日本と東アジア経済の再構築」が行われた。このシンポジウムは、バブル経済の崩壊後、依然として立ち直れない日本経済と、1997年の経済危機以来、停滞が続くアジア経済の将来を論議するもので、東南アジアや日本、中国、ロシア、米国、オーストラリアなどから中華経済の専門家、学者が参加し、意見を発表した。

(2001年11月15日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 948


左上が藤原仁美さん、中央下が神野花絵さん。おめでとう!

▲女子の部でMVPに輝いた大見映里さん(人科2年)
▼連続同時優勝の常勝集団!
【写真提供:横山芳治さん】


受賞した平田教授(写真中央)
NEWS FLASH

○10月23日、駒沢体育館で行われた関東学生フェンシング選手権・フルーレの部藤原仁美さん(教育3年)が優勝した。また、団体戦でも、東京女子体育大学を破り見事優勝を果した。さらに25日に行われた同選手権・エペの部でも神野花絵さん(教育4年)が準優勝、団体の部で優勝と快挙を成し遂げた。女子フェンシング部にとってフルーレ、エペの部共に初となる優勝を見事に飾った。
○10月24日、岐阜県のメモリアルセンターで行われた全日本大学対抗テニス王座決定試合で、庭球部が男女共に優勝するという快挙を成し遂げた! 男子部は8年ぶり11度目の優勝。女子部にとっては初優勝。庭球部は今春、関東大学庭球1部リーグ戦で部史上初の男女同時優勝を果たしたばかり。これで、名実共に日本一の庭球部となった。

CAMPUS NEWS

○10月24日、大隈記念学術褒賞の授与式が行われ、平田彰理工学部教授が受賞した。平田教授の研究題目は「異相系接触操作における移動現象の基礎理論の体系化と応用」。異相系接触操作とは、気体・液体・固体などが接触したときに起こるさまざまな現象を利用して物質の反応や分離を行う操作であり、今日の工業プロセスの根幹を形成している。

(2001年11月8日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 947

NEWS FLASH

○10月16日、宮城県で行われた秋季国体で、レスリングの成年フリースタイル76キロ級に出場した長島和幸さん(人科2年)が準優勝した。


CAMPUS NEWS

安全祈願祭 ○10月15日、北九州市若松区にて本学設立予定の「情報生産システム研究科」大学院棟の工事安全祈願祭が行われた。同研究科は2003年4月に開設予定。

大川奨学金奨学生授与式 ○10月19日、2001年度大川奨学金奨学生授与式が行われた。各学部・大学院の学生総勢53人が採用され、奨学金を受けることになる。大川奨学金はCSKグループ創設者の故・大川功氏の寄付を基に1988年から続いている。

(2001年11月1日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 946


離陸直前の最新鋭機、「ウィスキー・タンゴ」(愛称)
NEWS FLASH

○10月14日、埼玉県妻沼滑空場で行われた東京六大学対抗競技会にて、本学の航空部が団体の部で準優勝を果した。個人の部では、小野浩弥さん(教育4年)が同じく準優勝になるなどの活躍をした。

CAMPUS NEWS


この熱気は早慶戦でも!
○10月19日、大隈講堂にて稲穂祭が行われた。この稲穂祭は本学創立70周年記念事業の1つとして開催されたもので、今回49回目を迎えた。今年は本学野球部の創立100周年。応援団の迫力ある応援に、会場は秋季早慶戦の一足先に盛り上がった。



○10月9日、稲志賛助員ならびに賛助員の名称贈呈式が行われた。10月11日、名誉評議員の名称贈呈式が行われた。また、10月17日、名誉賛助員の名称贈呈式が行われた。それぞれの受賞者は以下のとおり(敬称略・50音順)。
稲志賛助員
大井 喜久夫菊竹 清訓故・工藤 直太郎
熊埜御堂 英二近藤 良三郎故・島ア 和雄
日野原 幸利水上 俊郎村上 義紀

賛助員
青柳 乾太郎故・五百井 清右衛門石垣 春夫
尾島 賢一郎甲斐 萬里江川崎 博
熊谷 巧栗山 昭一小谷 浩一
斎賀 琢雄坂田 甚内櫻井 譲爾
佐藤 立夫重原 淳郎柴沼 武
新澤 雄一鈴木 幸八鈴木 重晴
相馬 一郎谷浦 俊徳土田 英俊
土屋 喜一角田 真一郎富永 厚
成兼 一雄西澤 脩野中 涼
日 基秀福田 秋秀福地 桂之助
故・松井 翠声松村 憲一丸山 春望
南 吉治郎宮野 秀文矢島 勝美
矢野 正次山下 武 

名誉評議員
時岡 弘中 喜一

名誉賛助員
宮本 信英盛田 和昭故・山田 泰吉


○業務を統括し、箇所を代表する箇所長が以下のとおり決定された。
社会科学研究科委員長
那須 政玄(新任)
<任期>2001年10月20日〜2002年9月15日

(2001年10月25日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 945

CANPUS NEWS

○業務を統括し、箇所を代表する箇所長が以下の通り決定された。

エクステンションセンター所長
          小林 茂(再任)
<任期>2001年4月1日〜2003年3月31日

国際教育センター所長
         内田 勝一(再任)
<任期>2001年9月1日〜2003年8月31日

総合研究機構長
         野口 洋二(再任)
<任期>2001年9月16日〜2003年9月15日

国際情報通信研究センター所長
         富永 英義(再任)
<任期>2001年9月16日〜2002年9月15日

(2001年10月18日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 944

NEWS FLASH

○8月3日、市ケ谷の日本棋院会館で行われた毎日・安田火災杯争奪第45回全日本学生本因坊決定戦が行われ、阿佐巧さん(社学3年)が優勝、瀧澤雄太さん(商2年)が準優勝と本学が1位、2位を独占した。


CAMPUS NEWS

○国連機関である国際電気通信連合(International Telecommunication Union)と本学は、アジア・太平洋地域での情報通信ネットワーク普及拡大を目的に、各国政府政策担当者及び企業幹部等のための教育研修プログラムの作成・実施等の協力関係を結ぶことで日本初の包括提携協定(MOU)を締結し8月1日に調印式が行われた。
 ITUは189メンバー国と655を超える公的・私的組織が情報通信の開発と政策の調和に協力する国際機関。ITU電気通信開発局は政策助言、技術支援、リソースの手配、デジタル・デバイド解決計画策などを通じて発展途上国での電気通信の向上を推進している。
 本連携の最初のステップとして、今年の11月にアジア各国の政府の政策担当者らを対象として「情報通信技術(ICT)ワークショップ」を、本学の国際情報通信研究センター(GITI)が実施予定。また、GITIには、展開母体としての「国際連携プロジェクト」が既に設置されており、修士課程や研修コースの人材育成とともに、ITの新技術や遠隔教育の学術的成果、技術支援、ノウハウの開示などを行っている。

○9月25日、文学部の中国文学専修室の主催で、中国古典音楽の講義と実演が行われた。ハルピン師範大学芸術学院の先生方が行った古箏や二胡などの伝統的な楽器での生演奏にみな耳を傾けていた。学生に弾き方を教える場面も見られ、参加者も中国の音楽の体験を楽しんでいた。

○9月29日、演劇博物館でク・ナウカシアターカンパニーのデモンストレーション公演「天守物語」が上演された。この公演は、企画展「悲劇に捧ぐ。−ク・ナウカと演出家宮城聰の11年−」の関連企画のひとつで、10月27日には演出家宮城さんの演劇講座とワークショップが予定されている(企画展は10月28日まで)。

(2001年10月11日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |

WEEKLY FLASH 943

NEWS FLASH

○7月22日、福岡で開催された第9回世界水泳選手権のシンクロ高飛び込みで、大槻枝美さん(教育3年)、宮崎多紀理さん(ミキハウス)組は3位となり、五輪、世界選手権で日本の飛び込み史上、初めてメダルを獲得した。同組は8月27日、北京で開催されたユニバーシアード北京大会でも銅メダルを獲得するなど活躍が続いている。(→「ぴーぷる」へ

○8月10日、体操の全日本学生選手権で、男子体操部が2部の団体総合で優賞し来年度の1部昇格を決めた。

○8月31日、全日本学生レスリング選手権大会76キロ級長島和幸さん(人科2年)が優賞した。

○8月29日からオーストラリアのブリスベーンで行われた国際総合大会グッドウィルズゲーム、フィギュアスケート女子シングル村主章枝さん(教育3年)が総合3位に。ソルトレイク五輪への期待が高まる。(→「ぴーぷる」へ

ユニバーシアード北京大会最終日の9月1日、陸上の男子四百メートルリレーで大前祐介さん(人科1年)をアンカーとする日本代表が世界レベルの大会の同種目で日本初の金メダルを獲得した。


CAMPUS NEWS

○8月2日、本学でハーグ平和会議記念国際会議が開かれ、核兵器廃絶のための条約づくりなどについて討論した。ピーター・ワイス国際反核法律家協会会長は総括発言で「米国の核科学者、技術者の間で核実験再開への圧力が高まっている」と警告した。
 さらにワイス氏は、「核科学者らは未臨界実験やコンピューター・シミュレーションでは不十分。使える小さな核兵器が必要だと言い出している」と指摘。警戒態勢の高い核システムが残る中で「偶発的核戦争勃発の可能性は依然として高い」と強い懸念を表明した。

○8月28日、演劇博物館の「市川右太衛門―旗本退屈男参上! ―」展に北大路欣也さんが訪問した。故・市川右太衛門のご子息であり、本学の校友でもある北大路さんは、膨大な映画写真や所蔵品を寄贈してくださった。映画に使われた衣装や小道具だけでなく、愛用していたという洒落たネクタイなどの私物も展示されている。同展は、展示物を3回変えながら10月28日まで開催され、10月9日には北大路さんの講演会も予定されている。

○9月18日、本学キャンパス内でドラマ「白線流し」のロケが行われた。当日のロケは卒業式のシーンで、キャンパスに突然現われた桜の木に通行人も思わず足を止めて見入っていた。このドラマは10月26日に放送される予定。

○8月28日と9月20日、総合学術情報センター井深大記念ホールにて、2001年9月学部卒業式、芸術学校卒業式および大学院学位授与式が行われた。総勢309人の学生が早稲田を飛び立つことになる。今後の彼等のさらなる活躍に期待しよう。

(2001年10月4日掲載)

| TOP PAGE  | Weekly Flash  |   2001年度後期分目次   |