社会に飛び出せ! 早大生

[起業] 働くことは 人生そのもの

政治経済学部2年  村上 太一


授業でビジネスプランを発表

見事に優勝。無償で事務所が使える権利を獲得

学生起業家としてフル稼働の毎日

アルバイト求人ビジネスの新機軸を探る

   大和証券グループ本社寄付講座「ベンチャー起業家養成基礎講座」を受講し、ビジネスプランが認められ、オフィスを一年間無料で使用できることとなった。そして、二〇〇六年二月八日に株式会社リブセンス(人材系会社)を起業した。

 中学生のころから「起業したい」と考えていた私にとって、幸せであること=働くこと=生きることそのもの、すなわち生きがいであった。実際にこの講座で熱意が評価されて優勝し、会社を立ち上げた時も、その考えは変わることはなかった。

 つらいこと、苦い経験は数多くあった。営業で企業の担当者に電話をすれば、「実績がない」と断られることはしばしば。話を聞いてもらっても「ビジネスプランが甘い」と言われ、挫折しそうになる日もあった。しかし、目標を達成した時には、今まで感じたことがないほどの喜びを味わうことができた。

 私を支えたのは、「働く=生きる」中で出会った仲間であった。経営者は孤独な立場ではあるが、もし立ち上げメンバーの桂大介や吉田健太郎、そして谷田祐輔という生粋の営業マンがいなかったら......。

 現代社会において、働こうとしないニートの若者が増えているのは事実である。理由はいくつも考えられるだろう。しかし、私の中では「働く=人生そのもの」であり、働くという行為が、自分を高め、出会いを生むのだと考えている。それは、辛苦を味わいながらも互いに助け合うことができる貴重な人生の一ページである。誰にでも幼いころの夢はあったはずなのだから、働くことが自分の人生を素晴らしくすることに気付いてほしいと願う。

 私は「楽しみながら働くこと」を一番大切にしている。つらいとき、逃げ出したいときでも、その状況を楽しむ。「この状況を挽回できたらすごい」というプラス思考を常に持っていることも、働く上では大切ではないだろうか。

 まだ働くという航海は始まったばかり。常に楽しむことを忘れず、仲間とともにこの航海を進めていきたい。

株式会社リブセンス
 【URL】http://www.livesense.co.jp


(2006年9月30日掲載)




Copyright (C) 2006 Student Affairs Division, WASEDA University. All rights reserved.
First drafted 2006 Sep 30.