学生生活調査報告書TOPへ    


はじめに

調査の概要<PDF>

第1章 教員・授業・勉強・研究について
授業への興味
授業の出席率
教員との対話
授業の満足度
授業選択の要素
授業以外にする研究・勉強時間
図書館等の利用
将来への有用性

第2章 将来設計(キャリアプラン)と準備について
希望進路
進路決定時期
将来設計
将来設計への準備

第3章 心身の健康と学生生活について
心身の健康
不安
相談相手
通学日数
食生活
昼食
大学の飲食環境





第4章 マナー・情報収集・社会的関心について
学生マナー
社会に関する情報収集
社会的関心

第5章 大学院生について
家計
満足度
満足度を更に高めるには
なぜ早稲田なのか

第6章 早稲田大学について
大学への愛着度
大学生活の充実度
大学の選択

まとめ
質問項目・単純集計結果

早稲田大学学生部発行



はじめに     >>>このページのTOPへ


第1章 教員・授業・勉強・研究について
     >>>このページのTOPへ



業に関心のある学生は早稲田好き     >>>このページのTOPへ


過半数の学生は9割以上の出席率     >>>このページのTOPへ


学部学生の4割弱しか教員と対話していない     >>>このページのTOPへ


授業の満足度は高くない     >>>このページのTOPへ


授業選択の主たる要素はやっぱり講義内容     >>>このページのTOPへ


授業以外の勉強は・・・あまりしていない     >>>このページのTOPへ


図書館の利用頻度は高くない     >>>このページのTOPへ


勉強が将来役立つと考える学生は比較的多い     >>>このページのTOPへ


第2章 将来設計(キャリアプラン)と準備について     >>>このページのTOPへ


民間企業の進路希望に大幅な伸び     >>>このページのTOPへ


教員を目指す人で、「大学に入ってから進路を考えて」という人は激減     >>>このページのTOPへ


将来の進路への不安と大学への期待     >>>このページのTOPへ



進路に向けた準備は3年生から     >>>このページのTOPへ


第3章 心身の健康と学生生活について     >>>このページのTOPへ


心身の健康に不安を感じているのは1~2割程度     >>>このページのTOPへ


高校から大学、大学から社会への移行に不安が大きい     >>>このページのTOPへ


相談相手は「友人」か「家族」、相談相手が浮かばない学生も     >>>このページのTOPへ


週あたり5日以上通学している学生が6割     >>>このページのTOPへ


男性は「価格」重視、女性は「栄養・バランス」重視     >>>このページのTOPへ



早稲田キャンパスでは教室、大久保では研究室でとる     >>>このページのTOPへ


戸山では座席不足、大久保では値段が不満の主因     >>>このページのTOPへ


第4章 マナー・情報収集・社会的関心について     >>>このページのTOPへ


「喫煙マナー」は改善、「授業・ゼミ中の私語」は目立つ     >>>このページのTOPへ


「TV」と「Webサイト」が二大情報源だが、就活には「新聞」も活用     >>>このページのTOPへ


「地球環境問題」に関心高く、ボランティア経験はなし     >>>このページのTOPへ


第5章 大学院学生について     >>>このページのTOPへ


奨学金、近親者の支援がなくては成り立ちにくい大学院学生の家計     >>>このページのTOPへ


大半の大学院学生が、それなりに満足 専門職大学院生では改善余地ありか?     >>>このページのTOPへ


大学院学生の総合的な満足度は、ソフト(教員)とハード(大学設備)に影響される     >>>このページのTOPへ


早稲田ブランド依然強力、しかし決め手は教育・研究の質と教員か?     >>>このページのTOPへ





第6章 早稲田大学について     >>>このページのTOPへ


やっぱり「ワセダ」が好き     >>>このページのTOPへ


大学生活の充実には心身の健康が重要     >>>このページのTOPへ


大学を選ぶ理由は「校風」「教育研究内容・レベル」「将来の進路・就職に有利」     >>>このページのTOPへ
「知名度・注目度の高さ」がそれぞれ4割前後


まとめ     >>>このページのTOPへ


2008年度学生生活調査 質問項目・単純集計結果     >>>このページのTOPへ