第4章 課外活動について
 参加状況

現在、課外活動へは7割以上の学生が参加

 参加している学生の89.2%は大学生活が充実。参加していない場合73.4%に留まる。

現在、体育各部・サークル活動(学内外不問)等、何らかの課外活動に参加していますか?

 体育各部・サークル活動といった課外活動への参加状況を見ると、「参加している」が72.7%と7割以上の学生が現在課外活動に参加していると回答しています。これは学年が上がるにつれて徐々に低下していき、「以前参加していたが今は参加していない」の回答が増えていきます。ただ「参加したことがない」という回答はいずれの学年もほぼ1割程度で大きな変化はみられません。

  グラフには示していませんが、学部間の違いは確かにあり、第二文学部は「参加したことがない」が25.0%に達しています。この傾向は従来から見られ、他の学部との在学時間の違いなどが指摘されてきました。一方、法学部は「以前参加していたが今は参加していない」の回答が24.1%と有意に多くなっています。これは比較的早い段階で資格試験などに専念するため課外活動を引退する学生が多いことの反映かもしれません。

現在、体育各部・サークル活動(学内外不問)等、何らかの課外活動に参加していますか? <学年別>

 参加していたジャンルについては、キャンパスごと、特に戸山キャンパスに特色が見られます。「マスコミ系」、「芸術系」への参加者が相対的に他のキャンパスより有意に多くなっている一方、「スポーツ系」への参加者は32.4%となっており、大久保キャンパス(61.5%)や所沢キャンパス(70.6%)と比較して参加者の割合は低くなっています。また、「学術系」サークルへの参加率は西早稲田キャンパスが相対的に高くなっており、「ボランティア系」への参加率は大久保キャンパスが低くなっているようです。

[課外活動に「参加している」、「以前参加していたが今は参加していない」と回答した人にお尋ねします]どんなジャンルですか(でしたか)?[複数回答可] <キャンパス別>

 では参加の有無と学生生活の充実度との関係はどのようになっているでしょうか。

  課外活動に参加している学生は大学生活が充実「している」と回答する割合が46.5%となっており、「ややしている」とあわせると9割近くになります(89.2%)。それに対して課外活動に参加したことがない学生は充実「している」との回答が28.7%に留まり、「ややしている」とあわせても7割を超えた程度(73.4%)にすぎません。もちろん課外活動に参加すれば必ず大学生活が充実するわけではありませんが、大学生の日常生活に対する積極的な姿勢は学生生活全体に肯定的な影響を与えることが他の調査で知られています。現在大学生活に不満を抱えている方もちょっと視点を変えてみるとよいかもしれません。

《クロス集計》 現在、体育各部・サークル活動(学内外不問)等、何らかの課外活動に参加していますか? / [凡例] 大学生活は充実していると思いますか?



Copyright (C) Student Affairs Division, WASEDA University. 2007 All rights reserved.
First drafted 2007 November 19.