高学年ほど高くなるアルバイト収入

アルバイトの月平均収入 1年生:約4万円 4年生:約7万円
アルバイト月平均収入

アルバイト月平均収入

 全体ではアルバイトの月平均収入は59,180円になります。学年が上がるにつれてアルバイト日数が増加するとともにアルバイト収入も増え、1年生と4年生では実に3万円以上も違います。ちなみに、修士課程の大学院学生は63,462円、博士課程では79,756円の収入を得ています。博士課程の大学院学生は12万円以上の収入を得る者の比率が一番高くなっていますが、専門知識を活かしたアルバイトをしていると考えられます。
アルバイト月平均収入(学年別)

アルバイト月平均収入(学年別)
 文系の月平均収入は61,221円、理系は52,067円で、ほぼ1万円の開きがありました。文系はアルバイトの時間が長いので、収入も多くなるのでしょう。
 自宅外学生の月平均収入は64,711円、自宅学生の場合は55,185円で、ここでも約1万円の違いが見られました。
 仕送り・小遣いがない学生は3割弱いますが、彼らは当然自分で収入を得る必要性に迫られます。彼らの中には月に12万円以上得ている者が17.8%います。
【一部抜粋】アルバイト月平均収入/月平均仕送り・小遣い【「全体」と仕送り・小遣いが「0円」のみ抜粋】

【一部抜粋】アルバイト月平均収入/月平均仕送り・小遣い【「全体」と仕送り・小遣いが「0円」のみ抜粋】

 大学の授業に興味がないと答えた学生も、アルバイト時間が長くなり、アルバイト収入が多くなる傾向にあります。大学生活の自由な時間は学生の自主的な管理に任せなければなりませんが、一人ひとりの学生が有意義な学生生活を送ることを願います。
アルバイト月平均収入/大学の授業に興味はありますか?

アルバイト月平均収入/大学の授業に興味はありますか?
 大学での授業や勉強は将来自分の進路に役に立たないと答えた学生も、アルバイト収入が多い傾向が見られました。