「早稲田小劇場どらま館」起工記念トークショーのお知らせ

早稲田キャンパスに沿った南門通りには、現在世界的に活躍されている演出家・鈴木忠志氏をはじめとする劇団早稲田小劇場が建設した同名の劇場がありました。
「早稲田小劇場」は当時の小劇場運動の中心的な劇場として数々の名作を世に送り出し、訪れた人々に大きな影響を与えました。
その後、建物の契約終了に伴い、鈴木氏は富山県利賀村に本拠地を移し、劇場は「早稲田銅鑼魔館」として民間の貸劇場として運営されるようになると学生劇団の発表の場として長年親しまれてきました。

残念ながら耐震強度不足により2012年10月に一度その幕を閉じましたが、この度その跡地に「早稲田小劇場どらま館」として甦ることとなりました。
それを記念し、「早稲田小劇場」の生みの親である鈴木氏をお招きしてのトークショーを開催します。

小劇場がそれほど多くなかった1960年代に、自分たちで一から活動の場をつくりあげることには相当の覚悟とエネルギーが必要だったはずです。
その力の源泉にあったのはどのような思いだったのでしょうか?

当日は新しい「早稲田小劇場どらま館」への期待や、大学が小劇場を持つことの意義についてもお話しいただきます。
早稲田演劇が新たな一歩を踏み出す貴重な機会にぜひ奮ってご参加ください!


イベント要綱・応募方法

【タイトル】

「演劇の社会的使命」



【日時】

5月8日(木) 16:30~18:00(開場16:00)



【会場】 早稲田大学大隈記念講堂(大講堂) ※小野記念講堂から変更になりました 会場へのアクセスはこちら
※小野記念講堂が満員の場合は、大隈記念タワー(26号館)B104教室にて同時中継予定

【対象】 学生・教職員・一般

【出演者】(敬称略)

演出家、劇団SCOT主宰 鈴木忠志


(挨拶)  坪内博士記念演劇博物館館長、文学学術院教授 岡室美奈子
(聞き手) 坪内博士記念演劇博物館助教 梅山いつき

【入場料】 無料
※他大生や一般の方は申込不要です。
 早大生・早大教職員は事前申込み制です。申込方法はWaseda-netポータルのお知らせにて確認してください。

※当日は先着順での入場となります。なるべくお早めに入場して下さい。
※原則として途中での入退場はできません。

【お問い合せ】 早稲田大学学生部学生生活課
【電話】 03-3202-0706
【Mail】 student@list.waseda.jp

【リンク】 劇場施設「早稲田小劇場どらま館」、2015年4月に開設 「演劇の早稲田」をより一層盛り上げる街の新しいシンボルに