FAQ ~お問い合わせの前に~

予約・手続のFAQ

部屋の割り当てはどのようにされるのですか?
「セミナーハウス宿泊室自動割付」によって、次のように部屋が自動的に割り当てられます。
(1)人数に最適な部屋を選択し、自動的に割り付けます。
(2)軽井沢セミナーハウス利用申込みにおいて、特に部屋の要望がない場合、学生はA棟、教職員はグリーンハウスを優先して割り付けます。
(3)2泊の場合は、学生男・女、教職員男・女それぞれに1泊と2泊で多い方の宿泊人数で、2泊にわたって同部屋利用可能な部屋を優先して選択します。
ゼミの合宿で、先生が2人参加されるのですが、別々の部屋をとることはできますか?
いいえ。
部屋割当は、部屋定員ごとに割り当てていきます。複数の利用者が銘々個室利用となる要望は認めておりませんので、予めご了解ください。他団体と同室となるような部屋割り当てはいたしません。
教職員が家族で利用したいのですが、男女同室に宿泊できますか?
はい。
教職員(専任)に限り、家族の利用を認めています。この場合は利用人数入力の仕方にご注意ください。
家族男女同室を希望する場合は、男(または女)欄に男女合計数で入力してください。
<例>
男性2人・女性2人でも男(または女)4人と入力する。
また、2家族以上の利用で、同室となる部屋が2室以上必要な場合は学生生活課までご連絡ください。
なお、子供料金の設定はありません。ただし、寝具を必要としない場合(大人と一緒の寝具を利用)、
申し込み人数には含めずに入力してください。
サークルで利用するのですが、他大学の学生が一緒に利用しても良いですか?
利用できません。
セミナーハウスの利用は本学の学生・教職員に限ります。インカレの利用は認めていません。また、サークル利用の場合は、OB・OGおよび学外者の利用は認めていません。
他大学のゼミと合同でセミナーハウスを利用できますか?
原則としてはセミナーハウスの利用資格者は本学の学生と教職員のみとなっております。しかし、他大学との合同ゼミを行うことがもっともと認められる場合に限って利用を許可する場合もあります。その際には申込手続者は原則ゼミの指導教員としてください。他大学との合同ゼミでセミナーハウスの利用を検討されている方がいましたら、詳しくは学生生活課(seminar-house@list.waseda.jp)までお問い合わせください。
ゼミで利用するのですが、OB・OGも宿泊できますか?
はい。
ゼミのアドバイザーや運動部のコーチとして参加する場合に限り、OB・OGの利用を認めます。宿泊者名簿の学籍番号欄には、「OB」または「OG」と記入してください。
バスの運転手さんは宿泊できますか?
はい。
バスの運転手さんの宿泊を認めています。教職員の人数に含めて入力してください。また、宿泊者名簿の教職員番号欄または資格欄には、「バス運転手」と記入してください。
 なお、運転手さんの部屋を別に予約したい場合は、例えば教職員の人数に追加し、教職員欄の部屋の要望(洋室と和室 など)を2つに分けて申し込んでください。部屋の要望の指定がない場合は、相部屋となります。
2泊3日を超える宿泊がしたいのですが?
セミナーハウスの利用は授業を除き、原則2泊3日までとなっています。運動部など学生生活課で特に認めたもの以外は、原則どおりとします。延泊を希望されるゼミ・研究室は学生生活課までご連絡ください。なお、サークル利用の場合は、2泊3日を越える宿泊は認めていません。
ゼミでセミナーハウスを利用するのですが、課外活動届は出すのですか?
いいえ。
セミナーハウスを利用する場合、セミナーハウス利用予約及びセミナーハウス宿泊者名簿をもって活動届としますので、別途「学校施設外活動届」や「合宿・遠征届」を提出する必要はありません。ただし、宿泊者名簿に不備があった場合には早稲田大学学生補償制度(傷害補償)「学傷補」の適用を受けられないことがありますの注意してください。
申込手続者が入院して変更手続きができなくなりました。どうしたらよいですか?
学生生活課に連絡してください。申込手続者を変更します。
手続期限日を過ぎてから、参加者が減ることになりました。料金返還はしてもらえますか?
いいえ。
人数の変更は利用日の7日前(学生生活課休業日を除く)までです。それ以降、参加人数が減っても原則的に料金は返還できません。ただし、台風などで交通機関に影響が出たなどの理由で当日キャンセルとなった場合は管理人に必ず連絡してください。管理人からの連絡により利用料を返還するかどうか判断して申込手続者に連絡します。
手続期限日を過ぎてから参加者の追加はできますか?
いいえ。
人数の変更は利用日7日前(学生生活課休業日を除く)までです。それ以降の人数の追加はできません。利用券に記載されている人数より多い人数で、当日セミナーハウスに行くことも認められませんのでご注意ください。
手続期限日を過ぎてからゼミ室や運動施設の追加はできますか?
いいえ。
予約内容の変更は利用日の7日前(学生生活課休業日を除く)までです。それ以降の付帯施設の予約の追加はできません。ただし、利用当日に施設の空きがある場合は、管理人に追加利用を申し出ることで、利用できる場合があります。なお、管理人に直接電話をしても、追加利用の事前予約はできませんので、必ず利用当日に、現地にて申し出てください。
もし天候が悪くなってテニスコートなどの運動施設が使用できなくなった場合、すでに振り込んだ料金は返してもらえますか?
はい。
利用期間中に荒天のため、施設(屋外テニスコート、バレー・バスケットコートなど)が利用できなかった場合は、施設利用料を返還します。管理人に申し出て、「利用料返還届」に認印を受け、3カ月以内に学生生活課へ利用券・振込領収書・印鑑を持参のうえ、利用料の返還手続きを行ってください。念のため押さえたけれども、使用しなかったという自己都合に因るものは返還できませんので、ご注意ください。
食事数はいつまで変更できますか?
利用日の7日前(学生生活課休業日を除く)までは、ポータルで変更できます。ただし、20食以内の変更でしたら、利用日の3日前(学生生活課休業日を除く)までに、直接各セミナーハウスに電話で変更を伝えてください。
チェックイン当日に昼食を食べたい場合はどのようにすればよいですか?
通常ご用意しておりませんので、直接各セミナーハウスに電話で対応可能かお問い合わせください。
教職員の親戚も利用できるのですか?
教職員の家族(原則同居している方)のみの利用となります。親戚の方などはご遠慮いただいております。

施設・設備のFAQは、こちらへ

その他のFAQは、こちらへ