mainvisual

医療費給付範囲

学生早健会では、会員の皆さんが日本国内の病院で支払った医療費の自己負担分(保険診療の3割負担分)の一部を、請求に基づき年度給付限度額60,000円の範囲内で給付しています。
給付対象者は会員本人のみで、会員の家族は対象になりません。

学生早健会からの医療費給付は、基本的に医療保険適用範囲内のものに限られます。自己負担分の内に、医療保険適用範囲外の料金が含まれていた場合には、当該金額が医療費給付金から除かれます。なお、保険適用のものでも、給付対象外となる場合がありますので、「医療費給付対象の診療」・「給付対象外の診療」で確認してください。

医療費と医療費給付金

医療費と医療費給付金の内訳は大体以下のようになります。申請額と給付額は異なる場合がありますので、ご注意ください。

医療費給付の具体例

自己負担金額から控除される金額

1)医療保険が適用されないもの
給付対象外の診療」を参照してください。

2)給付除外金額
一律、1つの医療機関につき1,000円を自己負担とし、給付金額から控除します。

3)年度給付限度額
学生早健会では、診療年月日を基準日として、年度で給付上限額を設けています。
累計額が給付上限額を超えた場合には、その超過額は給付されません。
年度上限額:60,000円

自己負担額(医療機関の窓口で支払う金額)が1,000円以下の場合は申請できません。
注①:自己負担額のうち、1つの医療機関につき1,000円は皆さんに負担していただきます。
注②:医療保険が適用されない費用、文書料等は給付対象外です。
注③:年齢、加入している保険組合等によって割合が異なります。