健康診断補助費給付概要

学生早健会では、会員の皆さんが契約医院(岡崎医院・大同病院・西北診療所・本庄医院)で健康診断を受診した場合に、以下のとおり申請に基づきかかった費用を補助しています。ぜひ、ご活用ください。

なお、保健センターで毎年度実施している「学生定期健康診断」は全学生が受診対象となっていますので、この健康診断補助費給付制度を利用した受診の有無に関わらず、1年に1度必ず受けるようにしてください。

1) 健康診断補助費

下記の「給付対象受診期間」に、契約医院で健康診断を受診した場合に、申請に基づき、1年度に1回、3,000円までを「健康診断補助費」として給付します。

2) 給付対象受診期間

4月1日 ~ 3月31日の12ヶ月間

3) 給付対象となる健康診断の種類

学生早健会の契約医院で受診できる健康診断項目となります。(詳細はこちらを参照してください。

4) 申請方法と提出期限

「健康診断補助費請求書」の本人欄に記入のうえ、受診する契約医院に提出し、必要事項を記入してもらい、受診月から3ヶ月目の10日(10日が土日・祝日の場合は次の平日)までに学生証を提示の上、受付窓口に提出してください。(締切日の詳細はこちらを参照してください。)
※「請求書」用紙は各契約医院に常備していますので、持参する必要はありません。

------------------------------------------------------------------
(例) 3ヶ月目の10日という意味 ↓
9月分 (9月1日 ~ 9月30日まで) の受診については、12月10日までです。
ただし、12月10日が土曜日の場合、12月12日(月)が締切となります。
------------------------------------------------------------------

5) 健康診断補助費の給付

健康診断補助費の給付は、医療費給付と同様、「本人名義口座(旧:学生届出口座)」に振込みを行います。振込日は、「請求書」の提出時期により異なりますが、受診の翌月の10日までに提出した場合は受診月の翌々月の中旬(10日~20日)の振込みとなります。

契約医院の健康診断実施状況

健康診断の受診を希望する場合には、必ず電話で事前に予約をしてください。
->> 契約医院のMAPへ