よくあるご質問

早稲田大学学生健康増進互助会(学生早健会)について、よくある質問をご紹介いたします。

学生早健会について

早健会の会員証はどこでもらえますか?
「学生証」がそのまま学生早健会の会員証となります。契約病院で受診する際は必ず学生証と保険証を持参してください。

医療費給付について

扶養者から離れている下宿生なのですが「保険証」を手元におけません。どうすればいいですか?
「遠隔地被保険者証」を発行してもらってください。
「遠隔地被保険者証」は、扶養者の加入している保険証の発行機関に「在学証明書」か「住民票」を提出すれば発行してもらえます。
学生早健会からの医療費給付金等は、どの口座でも受け取ることができますか?
「本人名義口座(旧:学生届出口座)」への登録は、本人名義の都市銀行または地方銀行の普通預金口座を対象としています。(未登録・情報相違にご注意ください。)
全国どこの病院の診療でも、学生早健会の医療費給付を受けることができますか?
医科・歯科・調剤については、保険医療機関なら日本国内のどこの病院でもOKです。なお、海外で受診したものはすべて対象外です。
申請書用紙を持たずに、故郷に帰って地元の病院で受診するにはどうすればいいですか?
学生早健会ホームページから申請書を印刷することができます。
また、「申請書」を自分で記入して病院で発行される「領収書」(コピー可)を添付し申請していただくので、領収書を受領してから後日最寄の受付窓口で申請書を入手の上、必要事項を記入し提出期限までに申請してください。
ただし、領収書には次の内容がすべて記入されていることが必要です。

・受診者氏名
・診療年月日
・医療機関名称
・医療機関の領収印
・保険診療点数
・領収額

なお、申請時に添付した領収書は返却できませんのでご注意ください。
「医療費給付申請書」を大学の受付窓口に提出するときは、必ず学生証を見せなければならないのですか?
会員資格の確認のために学生証は必ず持参してください。
「医療費給付申請書」は、いつまでに提出すればいいのですか?
診療を受けた月から3カ月目の10日まで(10日が土・日・祝日および夏季・冬季大学一斉休暇にあたる場合は次の平日)に受付窓口に提出してください。それを超過した申請は一切認められませんのでご注意ください。
(詳細は「明細書」提出期限早見表を参照してください。)
医療費給付金が振り込まれていません。どうしてですか?
「本人名義口座(旧:学生届出口座)」の登録あるいは更新が正しく行われていない場合が考えられます。
医療費給付に関する詳細はこちらを参照してください。
診療を受けた病院以外の薬局で薬をもらった場合の手続きはどうすればいいですか?
契約薬局では申請手続きは不要です。
契約外薬局で薬をもらった場合は、「医療費給付申請書」の記入欄(1)、(2)を自分で記入した上で、薬局で発行された領収書(コピー可)と共に受付窓口に提出してください。
接骨院にかかる場合の手続きはどうすればいいですか?
接骨院に、接骨院用の「療養費領収明細書」を持参して記入してもらってください。
(接骨院、鍼灸院、按摩マッサージ院の場合は、「領収書」を添付して申請することはできません。)
医療費が月15万円かかった場合は、学生早健会からはいくら給付されるのですか?
年度内の給付実績をふまえ、年度上限額の6万円を超えない範囲で給付します。
給付範囲に関する詳細はこちらを参照してください。
卒業者の医療費給付の対象期限と申請方法について

■医療費給付の対象期限
・2012年3月卒業の方
2012年3月末(3月31日)受診分まで申請可能です。ただし締切日は2012年6月11日(月)となります。

・2012年9月卒業の方
2012年9月末(9月30日)受診分まで申請可能です。ただし締切日は2012年12月10日(月)となります。

■申請方法
・契約医院、契約歯科、契約薬局の場合
通常通り契約医院側から自動的に申請が上がります。
※ただし、本人名義口座に登録されている銀行口座を解約しないようお願いします。

・契約外の医院の場合
所定の事務所窓口あるいは、卒業生については特別に郵送でも受理します。
※ただし、郵送の場合でも、
1. 医療費給付申請書及び領収書(コピー可)
2. 学生証のコピー
3. 「卒業生である」旨が記載された理由書
を同封の上、

〒162-8644
東京都新宿区戸山1-24-1早稲田大学学生生活課
 
  早稲田大学学生健康増進互助会 行

必ず「書留」にて、締切日必着でお送りください。

海外留学中に医療機関を受診した場合でも、学生早健会の医療費給付を受けることはできますか?

海外への「留学」期間中は日本の医療保険法が適用されず、学生早健会からの医療費給付、その他の補助は受けられません。そのため、海外留学期間中(月単位)の会費は、申請に基づき返還します。(ただし、大学公認の留学に限ります。)

(1) 申請方法
「互助会費返還申請書」(所定用紙:学生早健会事務所にあります)に必要事項を記入し、事由が発生したことを証明する書類(コピー可)を添付して、学生早健会事務所に申請してください。

(2) 申請期限
帰国月から3ヶ月目の10日まで。留学前の申請は受理しません。

(3) 返還金額
返還金は、会費額(半年間:1,500円)を基本とし、留学期間を月単位で算出します。月をフルに満たす留学月だけを対象とします。
例:留学期間 4/15~9/15の場合
→ 5・6・7・8月の4ヶ月分、1,000円を返還

休学して実家の近くで療養中のため、期日までに窓口に行くことができません。学生早健会の医療費給付を申請するにはどうすればいいですか?

地方の病院で入院中・実家近くで療養中等の理由により、期日までに受付窓口に来られない事情がある場合は、例外的に郵送での「申請書」の提出を認めます。ただし、期限内に到着しなかったものについては受付できません。
締切日の消印有効ではありませんのでご注意ください。

郵送(必ず「書留」)での提出の際は、
・「申請書」
・領収書のコピー等の必要書類
・郵送での提出の「理由書」
・学生証のコピー
を必ず添付してください。
※「理由書」の添付がないと受付できません。

インフルエンザの予防接種は医療費給付の対象になりますか?
予防接種は保険診療にならない(100%自己負担の)ため、学生早健会の医療費給付の対象にはなりません。
給付対象外の診療については、こちらを参照してください。
年度上限金額60,000円はどの期間のどの受診を指しますか?
年度上限金額60,000円の定義は、年度内(例:2011年度は2011年4月1日から2012年3月31日)における受診日を基準として算出されます。

つまり、2012年5月に2012年3月31日診療の申請書を提出した場合、その医療費給付は「2012年度」ではなく「2011年度」の医療費給付としてカウントされます。

健康診断補助費について

健康診断はいつ受けても補助金を受け取ることができるのですか?
はい。健康診断補助費の給付対象期間は4月~翌年3月までで、1年度に1回であれば3,000円まで給付を受けることができます。
ただし、契約医院で受診したものに限られます。請求期限についてはこちらを参照してください。
「健康診断補助費請求書」の提出はいつまでに行えばいいですか?
学生証持参の上、健康診断を受けた月から3カ月目の10日(10日が土・日・祝日の場合および夏季・冬季大学一斉休暇にあたる場合は次の平日)までに受付窓口に提出してください。それを超過した申請は一切認められませんのでご注意ください。
(締切日の詳細はこちらを参照してください。)