補償金が支払われない場合

急激かつ偶然な外来の事故でないもの

  1. 被補償者の故意
  2. 補償金を受け取るべき者の故意
  3. 被補償者の闘争行為、自殺行為または犯罪行為
  4. 被補償者が法令に定められた運転資格を持たないで、また酒に酔って正常な運転ができないおそれがある状態で自動車または原動機付自転車を運転している間に生じた事故
  5. 被補償者の脳疾患、疾病または心神喪失
  6. 被補償者の妊娠、出産、早産、流産または外科的手術その他の医療処置。ただし、本補償の補償すべき傷害を治療する場合にはこの限りでありません。
  7. 地震、噴火または津波
  8. 戦争、外国の武力行使、革命、政権奪取、内乱、武装反乱その他これらに類似の事変または暴動(群衆または多数の者の集団の行動によって、全国または一部の地区において著しく平穏が害され、治安維持上重大な事態と認められる状態)
  9. 病気や癖になった脱臼等
  10. 原因のいかんを問わず、頚部症候群(いわゆる「むちうち症」)または腰痛で他覚症状のないもの
  11. 危険を伴う運動、山岳登はん、リュージュ、ボブスレー、航空機操縦、スカイダイビング、ハングライダー搭乗、超軽量動力機搭乗等
  12. 急性アルコール中毒(傷害補償の要件である偶然性に欠け、傷害とはいえないため)

その他、走っている最中に突然心臓マヒになるなど、「急激・偶然・外来」を満たさない心臓マヒ、急性 心不全、クモ膜下出血等の突然死や凍傷等も対象外となります。また、活動期間中であっても、活動以外の” 自由行動”や通学中での”寄り道”などは、対象にはなりません。

上記は一例です。補償金が支払われない場合は、その事故のケースによって異なります。