早稲田が目指す「健康キャンパス」とは

現在わが国では急激な社会構造の変化に伴い、食生活の変化・運動不足による生活習慣病の増加、ストレスによる心の問題の増加などが大きな社会問題となっています。

一方で、学生の皆さんは健康に関する意識が低い傾向にあり、また、卒業しても20代から30代の間は、自分自身の健康について感心が向かない様子が見受けられています。

本学では、こうした学生の意識に変革をもたらし、在学中から卒業後の将来にわたるまで自己の健康を維持し、マネジメントできるように、情報発信をし、積極的に動機付けを行なっていこうと考えています。

具体的には、学生のみなさんが自己の健康に責任を持てるように、運動・食・医療・心のケアの総合的なアプローチを図り、在学中のみならず卒業後も健康に生活を維持しうる仕組みの構築を、授業や各種イベントにおいて実践していきます。特に、本学の持つ“スポーツ”“健康”“活気”のイメージを生かし、「学生の健康に責任をもつ大学」となるようなイベントの提供を行います。イベント詳細については、別途ポータルサイトや掲示板などで周知します。また、授業科目では、自分自身の生活を「健康」という視点から総点検し、今後心身ともに良好な健康状態を維持する能力の習得を目指し、さらには、スポーツクラブや生協レストラン、周辺商店街等とも連携し、企業や地域をも取り込んだイベントを展開していきます。


<健康キャンパスロゴ>
創造理工学研究科1年生作品

以上