ポ ス タ ー   /   チ ラ シ
デザイン:広告研究会 森泉 里奈さん(教育 2年)
  体 育 祭 2012   昨年の様子
Waseda Weekly
  学生スタッフが更新中!
 

※Tokyoハイク2013の情報はこちらから

早稲田大学では、体育祭の一種目(ウォーキング)として、
都心の大学を徒歩で巡りながら大隈講堂を目指す「Tokyoハイク」を開催します!
      協 力
早稲田大学生活協同組合
日本ウォーキング協会
法政大学
東洋大学
慶應義塾大学
明治大学

協賛
株式会社 オリオン日本支社
 
実施・運営協力
全国早稲田学生会連盟
地方学生の会有志

主催・問合せ
早稲田大学
学生部 学生生活課
TEL : 03-3203-4341
月~金 9:00-17:00 tokyohike@list.waseda.jp


参加者同士の交流と親睦を深めることを目的としたイベントで、他大学や一般の方でも気軽にご参加いただけます。
個人参加の他、サークルやゼミ、グループ単位での団体参加も大歓迎!奮ってご参加ください。

日 時   2012年10月14日 ㈰ ※雨天決行・荒天中止  

集 合   9:00 早稲田大学 早稲田キャンパス 14号館201  

コース   早稲田大学(早稲田)➡ 新宿御苑前 ➡ 法政大学(市ヶ谷) ➡ 秋葉原
         ➡ 上野公園 ➡ 東洋大学(白山) ➡ 護国寺 ➡ 早稲田大学(大隈講堂)

        全行程約20km
        
※ 法政大学で食事休憩、東洋大学で休憩を取ります。
        
※ 大隈講堂にて閉会式を17:30より行います。Tokyoハイク2012閉会式では、11月3日(土)、
           4日(日)に開催される「早稲田祭2012」を一足早く体験できるコンテンツを用意しています。
           力強く、迫力あるパフォーマンスで有名な「早稲田大学男子チアリーディングチームSHOCKERS」、
           色とりどりの衣装を身にまとい下駄でタップダンスを踊る「下駄っぱーず」の2団体が出演し、
           早稲田祭当日さながらの迫力あるパフォーマンスを披露します。  
  

対 象   
早大生ならびに他大学生、一般の方 ※団体参加も大歓迎!
       
※ 小学生以下の参加は保護者の同伴が必要です。  

募集人数  最大
800 名 ※ 定員になり次第締め切ります。  

参加費   大学生以下500円、一般の方700円   
       
※ 参加費の中に昼食代が含まれます。参加賞としてハチマキ、ペナントをプレゼントします。

申込方法 / 期間 
9月10日(月) 10月3日(水) ※先着順

   早 稲 田 大 学 学 生  申込書に内容を記入の上、早稲田大学生協早稲田キャンパス
              17号館ライフセンターにお持ちください。参加費をその場で支払い、
            当日の参加チケットを受け取りください。

   他大学生・早大教職員・一般の方   
    ①早稲田大学生協早稲田キャンパス17号館ライフセンターに行ける方:上記の学生と同様の手続きとなります。
    
②早稲田大学生協早稲田キャンパス17号館ライフセンターに行けない方:
 
    
申込書
に内容を記入の上、メールにてお送りください。
                受付後、申込み完了メールをお送りしますので、内容に従って参加費をお支払(銀行振込)ください。
                メールが送れない場合(FAXや郵送ご希望の場合)、学生生活課までお問合わせください。


服 装   
ウォーキングに適した服装や靴でご参加ください。 仮装は公序良俗の許される範囲で行ってください。


<免責範囲>
 万全な健康管理のもとに参加してください。 万一事故が発生した場合、主催者は責任を負いませんのでご了承ください。
 楽しく安全に歩くには、こまめな水分補給が欠かせません。各自の責任において、飲料のご用意をお願いします。  

<傷害事故が発生した場合>
 本学学生である参加者は早稲田大学学生補償制度(傷害補償)の適用対象となります。 学外参加者は傷害保険に加入しています。
 傷害保険料は、参加費の中から徴収させて頂いております。 傷害保険適用範囲は、スタート地点からゴール地点までの
 指定されたコース上のみとなります。    

<その他確認事項>
 雨天の場合も原則開催しますが、荒天・地震・事件・事故などにより、大会が中止・中断することがあります。 万一大会を中止する場合、
 ホームページにてご案内します。 主催者の責によらない理由で、スタート後に大会が中止・中断になった場合、参加費の返金は行いません。
 大会中の映像・写真・記事等の早稲田ウィークリーなどの学内発行物、新聞、雑誌等への掲載権と肖像権は、 すべて主催者に属します。