当学と「早稲田大学新聞」は一切関係がございません

 - 早稲田大学新聞会と称する団体が発行する「早稲田大学新聞」について -
 

 新聞の名称に早稲田大学という文言が使用されているため、当学とどのような関係があるのかとの問い合わせが多々寄せられますので、以下ご説明いたします。


 新聞を発行している早稲田大学新聞会という団体は、かつては当学の公認サークルとして活動していましたが、1996年度早稲田祭において、早稲田祭実行委員会と共謀し、早稲田祭プログラム広告収入を不当に横取りしたこと、そして、これにより1997年度の早稲田祭の中止をもた らした責任は重く看過できないと判断し、1999年2月5日付で新聞会の「学生の会」(大学の公認サークル)としての承認を取り消しています。

 それ以降、当学は部室使用等の便宜供与を廃止し、その活動に一切関知しておらず、現在、学外において早稲田大学新聞会と称して活動している団体の代表者が当学の学生であるかどうかも定かではありません。

 なお、当学が公認を取り消し、その旨の公示を学内に掲示したことに対して、早稲田大学新聞会は公示文の内容が不当であるとして訴訟を提起し、最高裁まで争いましたが、2003年5月30日に大学側全面勝訴の判決が出され、当学が「学生の会」としての公認取消処分をしたことの正当性が最高裁判所により最終的に裏付けられていることを付記します。

以  上