利用案内・申込み
How to use

利用資格

演劇および演劇文化の発信に関する活動、演劇に関する教育・研究活動、その他大学が必要と認めた活動を行う以下の団体等は、本学の許可を得て早稲田小劇場どらま館(以下、「どらま館」と称す)を使用することができます。

一 本大学の公認サークル(以下、「公認サークル」と称す)
二 本大学の教職員(以下、「教職員」と称す
三 その他大学が使用を許可した団体

※利用資格を満たしている場合でも、以下の内容のものはお断りしております。
○ 公序良俗に反するおそれのあるもの
○ 建物や附帯設備を汚損・損傷する恐れのあるもの
○ 利用者が、暴力団等反社会勢力、またその構成員
○ 関係者であると認めるもの
○ その他本学の運営上、支障をきたす恐れのあるもの


利用可能期間、利用時間

(1) 利用可能期間

【公認サークル】
以下の期間を除き、利用できます。
・大学企画による招聘公演などを行う期間(年度によって異なります)
・学外団体利用期間(下記参照)

【教職員】
以下の期間を除き、利用できます。
・大学企画による招聘公演を行う期間(年度によって異なります)
・公認サークル利用期間
・学外団体利用期間(下記参照)。ただし、学外団体が利用しない場合は利用できます。

【学外団体】
・7月第3水曜日~8月第3または第4日曜日の翌日(お盆前後の1週間は休館)、および1月8日~2月第3日曜日の翌日。
上記以外でも、本大学および公認サークルが利用しない期間はご利用いただけます。詳しくはお問い合わせください。

(2) 利用時間
  10時~22時(準備・撤収時間も含む)

※休館日:毎週火曜日
 お盆前後の1週間(2017年は、8月9日(水)~15日(火))
 12月29日から1月7日までの間、その他本学が定める日。

※また予約にあたっては、予約状況カレンダーも合せてご確認ください。


利用料

「1. 利用資格」(1)に該当する「公認サークル」および(2)に該当する「教職員」は無料です。
「1. 利用資格」(3)に該当する「外部団体」ただし、企画公演において大学が招聘する学外演劇団体については、使用料金を徴収しないことがあります。

<1日の使用料金(消費税別)>
仕込み・舞台稽古  65,000円
公 演       75,000円(公演数に関わりなく一律)

<若手奨励プログラム>
早稲田小劇場どらま館では、次世代の演劇文化を担う新進気鋭の劇団を応援するため、若手奨励プログラムを設けております(審査有り)。
貸館料(若手奨励プログラム):1日~5日間 各日55,000円(消費税別)
               6日パック  300,000円(消費税別)
ご希望の団体は、dramakan@list.waseda.jp 宛、E-mailの件名に「若手奨励プログラム希望」と記載した上で、企画書(書式自由。利用希望日、公演内容を具体的に明記)および近年の公演実績(一覧でも可)を送付してください。
追って、審査結果をご連絡いたします。

<備考>
1 使用時間は午前10時から午後10時です。
2 使用時間数にかかわらず1日単位の使用料を徴収します。
3 消費税は使用日における税率を適用します。
4 付帯設備品使用料・電力料金等は使用料金に含まれます。

【利用料のお支払いについて】
○ 利用を承認した場合、利用日の1ヶ月前に「利用料金請求書」を送付します。
○ 請求書記載の払込期限(利用日の2 週間前)までに、利用料金(全額)を指定金融機関へお振込みください。


利用申し込み方法

一 本大学の公認サークル
  Course N@vi「早稲田小劇場どらま館」に掲載の案内をご覧ください。

二 本大学の教職員
  dramakan@list.waseda.jp または 内線72-3913までお問い合わせください。

三 学外団体
  1. dramakan@list.waseda.jp まで利用希望日程をお知らせください。
  2. 早稲田小劇場どらま館の小屋付と日程調整のうえ下見を行ってください(日程調整方法は、
     1への返信の際、お知らせいたします)。
  3. 企画書(書式自由。公演内容を具体的に明記)および近年の公演実績(一覧でも可)を
     dramakan@list.waseda.jp 宛に送付してください。
  4. 3をもとに、学内の審査を経て、ご利用いただけるかどうかを決定いたします。







早稲田大学
PAGE TOP