公認サークルになるには?

公認サークルになるためには、以下の「公認サークルの設立要件」を満たす必要があります。

公認になる予定の無いサークルでも「登録(未公認)サークル申請書」を学生生活課に提出し、登録を完了させてください。

公認サークルの設立要件

1 早大生のみで21人以上、かつ2学部以上にまたがる構成員がいるこ と。
2
 活動実績が1年以上あること。設立のサークル名 での学内外の活動実績が必要。(入学以前の活動は認めない。)

3 1年間分の領収書を添付した会計報告ができること。領収書は必ず、サークル名を宛名とし、但し書きなどで使途内容が明記されており、かつ発行者の住所・電話・捺印があること。

4 会長として、教授、准教授、専任講師、教諭、特任教授、教授(任期付)、准教授(任期付)、講師(任期付)、専任職員のいずれかが一人いること。学生責任者として幹事長、副幹事長および会計担当が各1名いること。

※サークル幹部の役割についてはこちらをご参照ください。
  • サークル幹部の心得
  • 5 会長の兼任については、同一人が会長となることができるのは5サークルまでとする。
    ただし、学生の会、地方学生の会および学術院承認団体にあっては、それぞれ1サークルまでしか会長となることができない。
    6
     その他、内規の定めるところによる。

    公認サークル新規申請・継続手続きについて

    2017年度秋学期 公認サークル秋学期新規登録について

    2017年度春学期 公認サークル新規申請・継続手続きについて