夏季休業期間中の諸注意

学生の皆さんは、夏休みを間近に控え、さまざまな活動を計画していることと思います。
活動は自らの責任において行うことが原則ですが、以下の点に十分留意してください。

1.海外に渡航する際の注意事項

海外に渡航する際は、最低限、外務省の海外安全ホームページにて、渡航先の最新の安全情報を確認することと、海外旅行保険等の適用について確認してから渡航するようにしてください。

また、感染症にも注意しましょう。 <参考>早稲田大学保健センター:海外へ渡航される方へ ~感染症に注意しましょう~

 

2.公共の場におけるマナーの遵守~「さすが早大生」といわれる品位ある行動を~

公道や駅構内などの公共の場においてはマナーを遵守し、他人に迷惑をかけないよう心がけましょう。また、サークルの合宿などで使用する大型バスを大学近隣(大隈講堂前や早大通りなど)へ駐車しないようにしてください。

 

3.飲酒をする際には、十分な注意と配慮を!

未成年者の飲酒は法律で禁止されています。したがって、サークル合宿やゼミ合宿のコンパの席だからという理由で未成年者の飲酒が許されることはありません。また、イッキ飲みや飲酒の強要、自ら進んで過度に飲酒することも絶対にしないでください。そのような場面に遭遇したら周囲の人が止めるようにしてください。もし、酔いつぶれてしまったら、その方から目を離さないようにするとともに、大きないびきをかいて寝ている、意識がない、ゆすってもつねっても反応がないなどの場合は、すぐに救急車を呼んでください。

なお、飲酒が原因によるいかなる事故も早稲田大学学生補償制度(傷害補償)(以下、「学傷補」)の補償の対象とはなりません。

・『早稲田ウィークリー 1361号』(2015年4月13日発行)「飲酒にまつわるウソ・ホント」

 

4.違法薬物・違法ドラッグには絶対に近づかない!

違法薬物および違法ドラッグ(脱法ハーブなど)の所持および販売・使用は、絶対にしてはいけません。

 

5.SNSやインターネットサービスの適切な利用を心がけよう!

TwitterやFacebookなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)およびLINEやYouTubeなどさまざまなインターネットサービスの活用によって、情報発信が容易になりましたが、安易な情報発信によって社会問題に発展した事例も多数報告されています。サークルでのコンパ風景や学生同士で盛り上がっている動画等をWeb上にアップしたために、あらぬ誤解や指摘を閲覧者から受けることにもなりかねません。学生の皆さんにはそのようなことにならないよう、適切な利用を心がけてください。

 

6.車両(二輪・四輪)の運転には気を付けよう!

車両(二輪・四輪)の運転には気を付けてください。特に、日頃運転していない人が運転する場合は、事故が発生しやすいため、十分に注意が必要です。

 

7.「合宿・遠征届」は1週間前までに提出してください

公認サークルが学外施設において宿泊、遠征その他の活動を行う際は、必ず出発の1週間前までに「合宿・遠征届」を学生生活課に提出してください。

万が一、合宿中に事故が生じた場合、1週間前までに「合宿・遠征届」を提出していないと事故の対応について、大学からの指示を早急かつ適切に受けることができないだけでなく学傷補も適用されません。

 

8.活動状況に応じた任意保険に加入してください

各サークルの活動状況に応じて、活動に関連する保険にできる限り加入してください。

なお、任意加入した保険の適用とならない活動を行う場合には、保証人の同意を得るとともに、その旨の同意書を参加者から集めてください。

※課外活動において「学傷補」は早稲田大学の学生で、かつ、事前に届出のあった公認サークル・体育各部の活動のみ補償の対象となります。

※ご参考までに、民間の任意保険として、以下のものをご紹介します。

早稲田大学が提供している保険ではありませんので、加入条件など詳細は以下Webサイトをご参照ください。

◆財団法人スポーツ安全協会「スポーツ安全保険」

◆株式会社大学生協保険サービス

「国内旅行総合保険」

「海外旅行保険」

 

○緊急時の連絡先

学生部学生生活課(学生生活110番) TEL:03-3202-0706

早稲田キャンパス通用門受付
(上記番号に連絡がつかない場合、夜間・祝祭日、夏季・冬季休業期間中の土曜日、一斉休業期間中のみ)TEL:03-3203-4300