早稲田大学ハラスメント防止委員会
STOP HARASSMENT
早稲田大学サイト English
TEL: 03-5286-9824
HOME > 相談の進め方

HOMEへ
早稲田大学の取り組みについて
ガイドライン
委員会規程
活動報告書
意見提案募集
相談したい時には
相談窓口
相談の進め方
もっと詳しい情報を知るために
パンフレット
Q&A
講演会
関係資料リスト
お問い合わせ
パンフレット配布中
相談の進め方


1.受付方法

 学内におけるハラスメントに関する相談がありましたら、相談窓口の「ハラスメント防止室」へお申し出ください。手紙、電話、Fax、E-mail、どの方法でもけっこうです。E-mail、電話などでの相談は匿名でもかまいませんので、まずは匿名でこのシステムの詳しい説明をきき、決心がついたら本格的な相談に入るという進め方もできます。来室希望の場合は、お名前を伺うことになります。また事前に必ず電話で予約を取ってください。他の方とかちあうことなく、安心して相談することができます。来室された場合には、相談員が対応します。北九州キャンパスの方は、まずメールや電話でご相談ください。

【申し出先】
相談窓口

TOPへ

2.対象者

 早稲田大学の構成員であれば誰でも相談できます。
 ただし、キャンパスの内外を問わず、実質的に本学の就学就労環境に重大な支障を与えると認められるハラスメントについては、被害者または加害者が本学の構成員であれば、本学のガイドラインが広く適用ないし準用されることになります。
 友人のことについての相談もできますが、苦情処理を希望する場合には直接本人からお話を伺うことになります。


3.苦情処理

 相談員に相談することで、気持ちが落ち着いたり、納得できたらそこで終了です。ただし、それだけではなく、相手に謝罪を求めるなどの具体的対応を要求したい場合もあるでしょう。その場合は次のステップとして苦情処理手続きの申し込みをしていただきます。
 そのうえで、相談内容が委員会の苦情処理の対象となるかどうか検討します。場合によってはお受けできない場合もあります。
 調整手続きに入ると、具体的には、原則男女各一人ずつの調整委員がまず相談者から次に相手方から詳細に話をきき、必要な事実を確認したうえで、どのような解決方法が適当かを検討します。もちろん秘密は厳守しつつ、事実確認や調整を進めます。ここでは、相談者の希望を最大限に尊重し、調整をはかるというのが大原則です。


4.秘密保持

 ハラスメント防止委員会規定により、すべての相談についての個人のプライバシーは尊重され、調整委員、その他の委員、相談員は知り得た情報についての秘密厳守が義務付けられています。相談者の同意や承諾がない限り、正当な理由なく情報開示はされません。また、すべての教職員は大学の『個人情報の保護に関する規則』のもと、業務上知り得た個人情報の内容を他人に漏らし、または不当な目的に使用してはならないと規定されています。


5.外部の相談窓口

 外部にも各種の相談窓口があります。以下は東京都内の公的な機関でハラスメントに関する相談を受け付けている箇所の例です。参考までに掲載します。

>>>外部相談窓口一覧
TOPへ

本ページの著作権、使用許諾条件、掲示責任者
2005 (C) Waseda University The Harassment Prevention Committee.