早稲田大学学位規則

(1976年4月1日教務達第2号)
《所管:教育企画課長》

改正

2006年2月28日規約第05―77号

2006年3月31日規約第05―14号の6

  

2006年11月24日規約第06―50号

2007年3月16日規約第06―52号の26

  

2007年5月18日規約第07―24号

2007年7月6日規約第07―27号の2

  

2007年8月6日規約第07―31号

2007年12月26日規約第07―77号

  

2008年2月20日規約第07―70号の3

2008年6月6日規約第08―10号

  

2008年6月6日規約第08―13号

2008年10月8日規約第08―32号

  

2009年3月15日規約第08―88号

2009年7月13日規約第09―24号

  

2010年1月8日規約第09―72号

2010年2月5日規約第09―98号

  

2010年3月31日規約第09―120号

2010年5月6日規約第10―7号

  

2010年7月9日規約第10―29号

2010年11月5日規約第10―62号の2

  

2011年3月31日規約第10―119号

2011年6月24日規約第11―19号の1

  

2011年7月15日規約第11―18号の2

2012年2月24日規約第11―64号

  

2012年3月13日規約第11―71号

2012年6月27日規約第12―2号の2

  

2013年2月4日規約第12―85号

2013年2月22日規約第12―88号

  

2013年3月5日規約第12―91号

2013年4月1日規約第12―117号

  

2013年6月7日規約第13―7号

2013年8月23日規約第13―22号

  

2013年11月8日規約第13―35号

2014年1月24日規約第13―59号

  

2014年1月10日規約第13―67号の1

2014年3月31日規約第13―71号の2

  

2014年7月11日規約第14―22号

2014年8月6日規約第14―31号

  

2015年1月7日規約第14―56号の3

2015年2月4日規約第14―80号

  

2015年2月5日規約第14―85号の3

2015年2月9日規約第14―86号

  

2015年6月5日規約第15―15号の4

2015年7月17日規約第15―22号

  

2015年7月17日規約第15―15号の6

2015年11月13日規約第15―48号の2

  

2016年5月13日規約第16―5号の6

2016年5月27日規約第16―5号の4

  

2016年6月10日規約第16―5号の13

2016年7月1日規約第16―28号

  

2017年1月13日規約第16―60号

2017年1月13日規約第16―61号の1

  

2017年1月13日規約第16―62号の2

2017年3月1日規約第16―83号の2

  

2017年3月25日規約第16―88号

2017年6月9日規約第17―8号の10

  

2017年11月7日規約第17―42号

2018年1月12日規約第17―48号の2

  

2018年5月25日規約第18―1号の4

2018年6月15日規約第18―20号


(目的)
第1条 この規則は、早稲田大学学則(1949年4月1日示達。以下「大学学則」という。)および早稲田大学大学院学則(1976年教務達第1号。以下「大学院学則」という。)に定めるもののほか、早稲田大学が授与する学位について必要な事項を定めることを目的とする。
(学位)
第2条 本大学において授与する学位は、学士、博士、修士および専門職学位とする。
 学士の学位は次のとおりとする。

学部

学科・専攻

学位(専攻分野)

和文

英文

政治経済学部

政治学科

学士(政治学)

Bachelor  of  Arts  in  Political  Science

経済学科

学士(経済学)

Bachelor  of  Arts  in  Economics

  

国際政治経済学科

学士(国際政治経済学)

Bachelor  of  Arts  in  Global  Political  Economy

法学部

  

学士(法学)

Bachelor  of  Laws

文化構想学部

文化構想学科

学士(文学)

Bachelor  of  Arts  in  Literature

文学部

文学科

学士(文学)

Bachelor  of  Arts  in  Literature

教育学部

教育学科

学士(教育学)または学士(心理学)

Bachelor  of  Arts  in  Education  or  Bachelor  of  Arts  in  Psychology

  

国語国文学科

学士(文学)

Bachelor  of  Arts  in  Literature

  

英語英文学科

  

  

社会科

学士(地理学)、学士(歴史学)または学士(公共市民学)

Bachelor  of  Arts  in  Geography,Bachelor of Arts in History or Bachelor of Arts in Civil Society and Citizenship Studies

  

理学科

学士(理学)

Bachelor  of  Science

  

数学科

  

  

  

複合文化学科

学士(学術)

Bachelor  of  Arts  in  Interdisciplinary  Studies

商学部

  

学士(商学)

Bachelor  of  Arts  in  Commerce

基幹理工学部

数学科

学士(理学)

Bachelor  of  Science

応用数理学科

学士(工学)

Bachelor  of  Engineering

  

情報理工学科

  

  

機械科学・航空学科

  

  

  

電子物理システム学科

学士(工学)または学士(理学)

Bachelor  of  Engineering  or  Bachelor  of  Science

  

表現工学科

学士(工学)

Bachelor  of  Engineering

  

情報通信学科

学士(工学)

Bachelor  of  Engineering

創造理工学部

建築学科

学士(建築学)

Bachelor  of  Architecture

総合機械工学科

学士(工学)

Bachelor  of  Engineering

  

経営システム工学科

  

  

社会環境工学科

  

  

  

環境資源工学科

  

  

先進理工学部

物理学科

学士(理学)

Bachelor  of  Science

応用物理学科

学士(工学)

Bachelor  of  Engineering

  

化学・生命化学科

学士(理学)

Bachelor  of  Science

  

応用化学科

学士(工学)

Bachelor  of  Engineering

  

生命医科学科

学士(工学)または学士(理学)

Bachelor  of  Engineering  or  Bachelor  of  Science

  

電気・情報生命工学科

学士(工学)

Bachelor  of  Engineering

社会科学部

社会科学科

学士(社会科学)

Bachelor  of  Arts  in  Social  Sciences

人間科学部

人間環境科学科

学士(人間科学)

Bachelor  of  Arts  in  Human  Sciences

  

健康福祉科学科

  

  

人間情報科学科

  

  

人間科学部(通信教育課程)

人間環境科学科

学士(人間科学)

Bachelor  of  Arts  in  Human  Sciences

健康福祉科学科

  

人間情報科学科

  

  

スポーツ科学部

スポーツ医科学科

学士(スポーツ科学)

Bachelor  of  Arts  in  Sport  Sciences

スポーツ科学科

国際教養学部

国際教養学科

学士(国際教養学)

Bachelor  of  Arts  in  International  Liberal  Studies


 博士の学位は次のとおりとする。

研究科

専攻

学位(専攻分野)

和文

英文

政治学研究科

政治学専攻

博士(政治学)、博士(国際政治経済学)または博士(ジャーナリズム)

Doctor  of  Political  Science,  Doctor  of  Global  Political  Economy  or  Doctor  of  Journalism

経済学研究科

経済学専攻

博士(経済学)または博士(国際政治経済学)

Doctor  of  Economics  or  Doctor  of  Global  Political  Economy

法学研究科

民事法学専攻

博士(法学)

Doctor  of  Philosophy  in  Law

公法学専攻

  

文学研究科

フランス文学専攻

博士(文学)

Doctor  of  Literature

  

芸術学専攻

  

  

  

人文科学専攻

  

  

商学研究科

商学専攻

博士(商学)

Doctor  of  Commerce

基幹理工学研究科

数学応用数理専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Science

  

情報理工学専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

機械科学専攻

  

  

  

電子物理システム学専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Science

  

表現工学専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

情報理工・情報通信専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

創造理工学研究科

建築学専攻

博士(工学)または博士(建築学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Architecture

  

総合機械工学専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

経営システム工学専攻

  

  

  

経営デザイン専攻

博士(経営工学)

Doctor  of  Management  Engineering

  

建設工学専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

地球・環境資源理工学専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Science

先進理工学研究科

物理学及応用物理学専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Science

  

化学・生命化学専攻

博士(理学)

Doctor  of  Science

  

応用化学専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

生命医科学専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Science

  

電気・情報生命専攻

  

生命理工学専攻

  

  

  

ナノ理工学専攻

  

  

  

先進理工学専攻

博士(理学)または博士(工学)

Doctor  of  Science  or  Doctor  of  Engineering

  

共同先端生命医科学専攻

博士(生命医科学)

Doctor  of  Biomedical  Science

  

共同先進健康科学専攻

博士(生命科学)

Doctor  of  Life  Science

  

共同原子力専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Science

人間科学研究科

人間科学専攻

博士(人間科学)

Doctor  of  Human  Sciences

教育学研究科

教育基礎学専攻

博士(教育学)

Doctor  of  Education

教科教育学専攻

博士(教育学)または博士(理学)

Doctor  of  Education  or  Doctor  of  Science

社会科学研究科

地球社会論専攻

博士(社会科学)

Doctor  of  Philosophy  in  Social  Sciences

政策科学論専攻

  

スポーツ科学研究科

スポーツ科学専攻

博士(スポーツ科学)

Doctor  of  Sport  Sciences

アジア太平洋研究科

国際関係学専攻

博士(学術)

Doctor  of  Philosophy  in  International  Studies

国際情報通信研究科

国際情報通信学専攻

博士(国際情報通信学)

Doctor  of  Science  in  Global  Information  and  Telecommunication  Studies

日本語教育研究科

日本語教育学専攻

博士(日本語教育学)

Doctor  of  Philosophy  in  Japanese  Applied  Linguistics

情報生産システム研究科

情報生産システム工学専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

公共経営研究科

公共経営専攻

博士(公共経営)

Doctor  of  Philosophy  in  Public  Management

環境・エネルギー研究科

環境・エネルギー専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

国際コミュニケーション研究科

国際コミュニケーション研究専攻

博士(国際コミュニケーション学)

Doctor  of  Philosophy  in  International  Culture  and  Communication  Studies


 大学は、前項に定める学位のほか博士(学術)の学位を授与することができる。
 修士の学位は次のとおりとする。

研究科

専攻

学位(専攻分野)

和文

英文

政治学研究科

政治学専攻

修士(政治学)、修士(国際政治経済学)または修士(ジャーナリズム)

Master  of  Arts  in  Political  Science,Master of Arts in Global Political Economy or Master of Arts in Journalism

経済学研究科

経済学専攻

修士(経済学)、修士(国際政治経済学)または修士(ジャーナリズム)

Master  of  Arts  in  Economics,Master of Arts in Global Political Economy or Master of Arts in Journalism

法学研究科

民事法学専攻

修士(法学)

Master  of  Laws

公法学専攻

  

  

  

基礎法学専攻

  

  

  

先端法学専攻

修士(先端法学)

Master  of  Laws  in  Studies  of  Legal  Frontiers

文学研究科

フランス文学専攻

修士(文学)

Master  of  Arts  in  Literature

  

芸術学専攻

  

  

人文科学専攻

  

  

商学研究科

商学専攻

修士(商学)

Master  of  Arts  in  Commerce

基幹理工学研究科

数学応用数理専攻

修士(工学)または修士(理学)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Science

  

情報理工学専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

機械科学専攻

  

  

  

電子物理システム学専攻

修士(工学)または修士(理学)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Science

  

表現工学専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

情報理工・情報通信専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

創造理工学研究科

建築学専攻

修士(工学)または修士(建築学)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Arts  in  Architecture

  

総合機械工学専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

経営システム工学専攻

  

  

  

経営デザイン専攻

修士(経営工学)

Master  of  Management  Engineering

  

建設工学専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

地球・環境資源理工学専攻

修士(工学)または修士(理学)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Science

先進理工学研究科

物理学及応用物理学専攻

修士(工学)または修士(理学)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Science

  

化学・生命化学専攻

修士(理学)

Master  of  Science

  

応用化学専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

生命医科学専攻

修士(工学)または修士(理学)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Science

  

電気・情報生命専攻

  

生命理工学専攻

  

  

  

ナノ理工学専攻

  

  

  

共同原子力専攻

  

  

教育学研究科

学校教育専攻

修士(教育学)または修士(実践教育学)

Master  of  Arts  in  Education  or  Master  of  Arts  in  Educational  Practice

国語教育専攻

  

英語教育専攻

  

社会科教育専攻

  

  

数学教育専攻

修士(教育学)、修士(理学)または修士(実践教育学)

Master  of  Arts  in  Education,Master of Science or Master of Arts in Educational Practice

人間科学研究科

人間科学専攻

修士(人間科学)または修士(実践人間科学)

Master  of  Arts  in  Human  Sciences  or  Master  of  Arts  in  Applied  Human  Sciences

社会科学研究科

地球社会論専攻

修士(社会科学)

Master  of  Arts  in  Social  Sciences

政策科学論専攻

  

スポーツ科学研究科

スポーツ科学専攻

修士(スポーツ科学)

Master  of  Sport  Sciences

アジア太平洋研究科

国際関係学専攻

修士(国際関係学)

Master  of  Arts  in  International  Relations

国際情報通信研究科

国際情報通信学専攻

修士(国際情報通信学)

Master  of  Science  in  Global  Information  and  Telecommunication  Studies

日本語教育研究科

日本語教育学専攻

修士(日本語教育学)

Master  of  Arts  in  Japanese  Applied  Linguistics

情報生産システム研究科

情報生産システム工学専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

環境・エネルギー研究科

環境・エネルギー専攻

修士(工学)または修士(学術)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Arts  in  Social  Sciences

国際コミュニケーション研究科

国際コミュニケーション研究専攻

修士(国際コミュニケーション学)

Master  of  Arts  in  International  Culture  and  Communication  Studies


 専門職の学位は次のとおりとする。

研究科

専攻

学位

和文

英文

政治学研究科

公共経営専攻(専門職大学院)

公共経営修士(専門職)

Master  of  Public  Management

商学研究科

ビジネス専攻(専門職大学院)

経営管理修士(専門職)

Master  of  Business  Administration

法務研究科

法務専攻(法科大学院)

法務博士(専門職)

Juris  Doctor

ファイナンス研究科

ファイナンス専攻(専門職大学院)

ファイナンス修士(専門職)

Master  of  Business  Administration

会計研究科

会計専攻(専門職大学院)

会計修士(専門職)

Master  of  Business  Administration

経営管理研究科

経営管理専攻

経営管理修士(専門職)またはファイナンス修士(専門職)

Master  of  Business  Administration  or  Master  of  Science  in  Finance

教育学研究科

高度教職実践専攻(教職大学院)

教職修士(専門職)

Master  of  Arts  in  School  Education


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注1 2019年4月1日から施行

  

現行

改正

  

第2条 本大学において授与する学位は、学士、博士、修士および専門職学位とする。

第2条 本大学において授与する学位は、学士、博士、修士および専門職学位とする。

  

(略)

(略)

  

3 博士の学位は次のとおりとする。

3 博士の学位は次のとおりとする。

  

  

研究科

専攻

学位(専攻分野)

  

  

研究科

専攻

学位(専攻分野)

  

  

  

和文

英文

  

  

和文

英文

  

  

  

(略)

  

  

(略)

  

  

  

基幹理工学研究科

数学応用数理専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Science

  

  

基幹理工学研究科

数学応用数理専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Science

  

  

  

  

情報理工学専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

  

  

情報理工学専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

  

  

  

機械科学専攻

  

  

  

  

  

機械科学専攻

  

  

  

  

  

  

電子物理システム学専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Science

  

  

  

電子物理システム学専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor  of  Engineering  or  Doctor  of  Science

  

  

  

  

表現工学専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

  

  

表現工学専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

  

  

  

情報理工・情報通信専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

  

  

情報理工・情報通信専攻

博士(工学)

Doctor  of  Engineering

  

  

  

(略)

  

  

  

材料科学専攻

博士(工学)または博士(理学)

Doctor of Engineering or Doctor of Science

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

(略)

  

  

4 大学は、前項に定める学位のほか博士(学術)の学位を授与することができる。

4 大学は、前項に定める学位のほか博士(学術)の学位を授与することができる。

  

5 修士の学位は次のとおりとする。

5 修士の学位は次のとおりとする。

  

  

研究科

専攻

学位(専攻分野)

  

  

研究科

専攻

学位(専攻分野)

  

  

  

和文

英文

  

  

和文

英文

  

  

  

(略)

  

  

(略)

  

  

  

基幹理工学研究科

数学応用数理専攻

修士(工学)または修士(理学)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Science

  

  

基幹理工学研究科

数学応用数理専攻

修士(工学)または修士(理学)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Science

  

  

  

  

情報理工学専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

  

  

情報理工学専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

  

  

  

機械科学専攻

  

  

  

  

  

機械科学専攻

  

  

  

  

  

  

電子物理システム学専攻

修士(工学)または修士(理学)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Science

  

  

  

電子物理システム学専攻

修士(工学)または修士(理学)

Master  of  Engineering  or  Master  of  Science

  

  

  

  

表現工学専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

  

  

表現工学専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

  

  

  

情報理工・情報通信専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

  

  

情報理工・情報通信専攻

修士(工学)

Master  of  Engineering

  

  

  

(略)

  

  

  

材料科学専攻

修士(工学)または修士(理学)

Master of Engineering or Master of Science

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

(略)

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注2 2019年9月21日から施行

  

現行

改正

  

第2条 本大学において授与する学位は、学士、博士、修士および専門職学位とする。

第2条 本大学において授与する学位は、学士、博士、修士および専門職学位とする。

  

(略)

(略)

  

6 専門職の学位は次のとおりとする。

6 専門職の学位は次のとおりとする。

  

  

研究科

専攻

学位

  

  

研究科

専攻

学位

  

  

  

和文

英文

  

  

和文

英文

  

  

  

政治学研究科

公共経営専攻(専門職大学院)

公共経営修士(専門職)

Master  of  Public  Management

  

  

政治学研究科

公共経営専攻(専門職大学院)

公共経営修士(専門職)または公共政策修士(専門職)

Master  of  Public  Management  or Master of Public Policy

  

  

  

(略)

  

  

(略)

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  

  


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(学士学位授与の要件)
第3条 学士の学位は、大学学則第52条により本大学を卒業した者に授与する。
(博士学位授与の要件)
第4条 博士の学位は、大学院学則第14条により博士課程を修了した者に授与する。
 前項の規定にかかわらず、博士の学位は本大学院の博士課程を経ない者であっても、大学院学則第17条により授与することができる。
第5条 削除
(修士学位授与の要件)
第6条 修士の学位は、大学院学則第13条により修士課程を修了した者に授与する。
(専門職学位授与の要件)
第6条の2 専門職の学位は、大学院学則第13条の2第13条の3または第13条の4の規定により専門職学位課程を修了した者に授与する。
(課程による者の学位論文の受理)
第7条 本大学院の課程による者の学位論文は、修士課程および専門職学位課程については2部を、博士後期課程については3部を作成し、それぞれに論文概要書を添えて研究科長に提出するものとする。ただし、研究科長は、審査に必要な部数の追加を求めることができる。
 研究科長は、前項の学位論文を受理したときは、学位を授与できる者か否かについて研究科運営委員会の審査に付さなければならない。
(課程によらない者の学位の申請)
第8条 第4条第2項の規定により学位の授与を申請する者は、学位申請書(別表1)に博士論文3部、論文書概要書および履歴書を添え、その申請する学位の専攻分野を指定して、総長に提出しなければならない。
(課程によらない者の学位論文の受理)
第9条 前条の規定による博士論文の提出があったときは、総長は、その論文を審査すべき研究科運営委員会の議を経て、受理するか否かを決定し、受理することに決定した学位論文について審査を付託するものとする。
 研究科長は、受理の可否および審査のため必要と認めるときは、前条に規定する論文の部数のほか、必要な部数を追加して提出させることができる。
(学位論文)
第10条 博士、修士および専門職学位の学位論文は1篇に限る。ただし、参考として、他の論文を添付することができる。
 前項により、一旦受理した学位論文等は返還しない。
 審査のため必要があるときには、学位論文の副本、訳文、模型または標本等の資料を提出させることがある。
(公開発表)
第10条の2 研究科長は、博士論文を提出する者または提出した者に、当該博士論文の公開発表の機会を設ける。
 公開発表の方法、時期その他の必要事項は、研究科運営委員会において定める。
(審査料)
第11条 第9条の規定により、学位論文を受理したときは、学位の申請者にその旨を通知し、別に定める審査料を納付させなければならない。ただし、一旦納付した審査料は返還しない。
(審査員)
第12条 研究科運営委員会は、第7条第2項の規定により、学位論文が審査に付されたとき、または第8条および第9条の規定により、学位の審査を付託されたときは、当該研究科の教員のうちから、3人以上の審査員を選任し、学位論文の審査および試験または学識の確認を委託しなければならない。
 研究科運営委員会は必要と認めたときは、前項の規定にかかわらず本大学の教員または教員であった者を、学位論文の審査および試験または学識の確認の審査員に委嘱することができる。
 研究科運営委員会は必要と認めたときは、第1項の規定にかかわらず他の大学院または研究所等の教員等に学位論文の審査員を委嘱することができる。
 研究科運営委員会は、第1項の審査員のうち1人を主任審査員として指名しなければならない。ただし、研究科運営委員会が必要と認めたときは、第2項の審査員のうち、本大学の専任教員である者または協定等に基づいて嘱任した客員教員を主任審査員として指名することができる。
(審査期間)
第13条 修士学位および専門職学位の授与にかかわる論文の審査および試験は、論文提出後3か月以内に、また博士学位の授与にかかわる論文の審査、試験および学識の確認は、論文の提出または学位の授与の申請を受理した後、1年以内に終了しなければならない。ただし、特別の理由があるときは、研究科運営委員会の議を経てその期間を延長することができる。
(面接試験)
第14条 第8条の規定により学位の授与を申請した者については、博士論文の審査のほか、面接試験を行う。この試験の方法は研究科運営委員会において定める。
 前項の規定にかかわらず、研究科運営委員会が特別の理由があると認めたときは、面接試験を行わないことができる。
(試験)
第15条 大学院学則第14条による試験の方法は、研究科運営委員会において定める。
(学識確認の方法)
第16条 大学院学則第17条による学識の確認は、博士論文に関連ある専攻分野の科目および外国語についての試問の方法によって行うものとする。
 前項の規定にかかわらず研究科運営委員会が特別の理由があると認めた場合は、学識の確認のための試問の一部または全部を免除することができる。
(審査結果の報告)
第17条 博士の学位に関する審査が終了したときは、審査員は速やかに審査の結果および評価に関する意見を記載した審査報告書を研究科運営委員会に提出しなければならない。
(学位論文の判定)
第18条 前条の審査の報告に基づき、研究科運営委員会は無記名投票により、合格、不合格を決定する。ただし、特別の場合には、他の方法によることができるものとし、その方法については、研究科長会の承認を得なければならない。
 前項の判定を行う研究科運営委員会には、当該研究科運営委員の3分の2以上の出席を要し、合格の判定については、出席した委員の3分の2以上の賛成がなければならない。この場合の定足数の算定に当たっては、外国出張中の者、休職中の者、病気その他の事由により、引き続き2か月以上欠勤中の者、および所属長の許可を得て出張中の者は、当該研究科運営委員の数に算入しない。
 前項の規定にかかわらず、研究科運営委員会が必要と認めたときは、当該研究科運営委員以外の第12条に規定する審査員を学位論文判定の審議に加えることができるものとする。
 研究科運営委員会が第1項の合否を決定したときは、研究科長はこれを総長に報告しなければならない。
(学位の授与)
第19条 総長は、前条第4項の規定による報告に基づいて学位を授与し、学位記を交付する。
 学位を授与できない者には、その旨を通知する。
(論文審査要旨の公表)
第20条 博士の学位を授与したときは、その論文の審査要旨は、インターネットの利用によってこれを公表する。
(学位論文の公表)
第21条 博士の学位を授与された者は、当該博士の学位を授与された日から1年以内に、当該博士論文の全文を、公表しなければならない。ただし、当該博士の学位を授与される前に、公表されているときは、この限りではない。
 前項の規定にかかわらず博士の学位を授与された者は、やむを得ない理由がある場合には、研究科運営委員会の承認を受けて、当該博士論文の全文に代えて、その内容を要約したものを公表することができる。この場合において、大学はその論文の全文を求めに応じて閲覧に供するものとする。
 前2項に規定する博士の学位を授与された者が行う公表は、インターネットの利用によって行うものとし、第1項の規定により、公表する場合は、当該論文に「早稲田大学審査学位論文(博士)」と、また前項の規定により公表する場合は、当該論文の要旨に、「早稲田大学審査学位論文(博士)の要旨」と明記しなければならない。
(学位の名称)
第22条 本大学の授与する学位には、早稲田大学と付記するものとする。
 共同教育課程を修了した者に授与する学位には、当該共同教育課程を編成する大学名および専攻名を付記するものとする。
(学位授与の取消)
第23条 本大学において博士、修士または専門職学位を授与された者につき、不正の方法により学位の授与を受けた事実が判明したときは、総長は、当該研究科運営委員会および研究科長会の議を経て、既に授与した学位を取り消し、学位記を返還させ、かつ、その旨を公表するものとする。
 研究科運営委員会において前項の議決を行う場合は、第18条第2項の規定を準用する。
 第1項において博士学位を取り消された者は、再び博士学位の授与を申請することはできない。
(学位記)
第24条 学位記の様式は別表2のとおりとする。
附 則
(施行期日)
 この規則は、昭和51年4月1日から施行する。
(規程の廃止)
 博士課程によらない学位請求者の審査規程(1960年教務達第3号)は、この規則の施行の日をもって廃止する。
 削除
(経過措置)
 この規則施行の際、博士の学位にかかわる審査を継続中の者については、旧規程を適用する。ただし、当該研究科委員会の承認を得て、この規則を適用することができる。
附 則(昭和54年1月22日教務達第21号)
この規則は、昭和54年2月6日から施行する。
附 則(昭和59年3月2日教務達第29号)
この規則は、昭和59年4月1日から施行する。
附 則(昭和60年7月19日庶文達第23号)
この規則は、昭和60年7月19日から施行し、昭和60年4月1日から適用する。
附 則[整理](平成2年3月30日規約第89―54号)
この規則は、平成2年4月1日から施行する。
附 則[整理](1991(平成3年)3月30日規約第90―76号)
この規則は、1991年(平成3年)4月1日から施行する。
附 則(1992年3月16日規約第91―67号の3)
この規則は、1992年3月16日から施行し、改正後の早稲田大学学位規則(以下「新規則」という。)の規定は、1991年7月1日から施行する。ただし、新規則第2条第2項の規定にかかわらず、1991年7月1日から1992年3月31日までの間に授与する学士学位については、次のとおりとする。
一 学部(人間科学部を除く。)を卒業した者に授与する学位

学部

学科・専攻

学位(専攻分野)

政治経済学部

政治学科

学士(政治学)

  

経済学科

学士(経済学)

法学部

  

学士(法学)

第一文学部

哲学科

学士(文学)

  

文学科

  

  

史学科

  

第二文学部

  

学士(文学)

教育学部

教育学科

学士(教育学)

  

国語国文学科

学士(文学)

  

英語英文学科

  

  

社会科

  

  

理学科

学士(理学)

商学部

  

学士(商学)

理工学部

機械工学科

学士(工学)

  

電気工学科

  

  

資源工学科

  

  

建築学科

  

  

応用化学科

  

  

材料工学科

  

  

電子通信学科

  

  

工業経営工学科

  

  

土木工学科

  

  

応用物理学科

  

  

数学科

学士(理学)

  

物理学科

  

  

化学科

  

  

情報学科

学士(工学)また学士(理学)

  

知識情報工学専攻

  

  

情報基礎数理専攻

  

社会科学部

社会科学科

学士(社会科学)


二 人間科学部を卒業した者に授与する学位

人間科学部

人間基礎科学科

学士(社会学)

  

人間健康科学科

  

  

スポーツ科学科

  


附 則(1992年11月16日規約第92―41号の2)
この規則は、1993年4月1日から施行する。第2条第5項の改正規定は、1992年11月16日から施行する。
附 則(1993年5月21日規約第93―9号の2)
この規則は、1993年5月21日から施行し、改正後の早稲田大学学位規則第12条、第13条、第15条および第24条の規定は、1993年4月1日から適用する。
附 則(1994年3月16日規約第94―24号の3)
この規則は、1994年4月1日から施行する。
附 則(1994年5月26日規約第94―60号)
この規則は、1995年4月1日から施行する。
附 則(1995年3月16日規約第94―29号の2)
この規則は、1995年4月1日から施行する。
附 則(1995年3月16日規約第94―34号の2)
この規則は、1995年4月1日から施行する。
附 則(1995年12月22日規約第95―64号)
この規則は、1996年4月1日から施行する。
附 則(1995年12月22日規約第95―65号)
この規則は、1996年4月1日から施行する。
附 則(1996年12月19日規約第96―27号)
この規則は、1997年4月1日から施行する。
附 則(1997年2月18日規約第96―57号の3)
この規則は、1997年4月1日から施行する。
附 則(1997年12月19日規約第97―17号の4)
この規則は、1998年4月1日から施行する。
附 則(1998年4月1日規約第97―57号の2)
(施行期日)
 この規則は、1998年4月1日から施行する。
(経過措置)
 改正後の早稲田大学学位規則第2条第2項の規定は、1998年度入学者から適用し、1997年度以前の入学者については、なお従前の例による。
附 則(1998年1月23日規約第97―64号の2)
この規則は、1998年4月1日から施行する。
附 則(1998年3月18日規約第97―67号の3)
この規則は、1998年4月1日から施行する。
附 則(1999年7月15日規約第99―12号)
(施行期日)
 この規則は、2000年4月1日から施行する。
(経過措置)
 改正後の早稲田大学学位規則第2条第2項の規定は、1999年度入学者から適用し、1998年度以前の入学者については、なお従前の例による。
附 則(1999年12月22日規約第99―42号の2)
この規則は、2000年4月1日から施行する。
附 則(1999年12月22日規約第99―43号の3)
この規則は、2000年4月1日から施行する。
附 則(2000年12月21日規約第00―49号の3)
この規則は、2001年4月1日から施行する。
附 則(2000年12月21日規約第00―50号の2)
この規則は、2001年4月1日から施行する。
附 則(2001年1月31日規約第00―58号の2)
この規則は、2001年4月1日から施行する。
附 則(2002年2月20日規約第01―62号の3)
この規則は、2002年4月1日から施行する。
附 則(2002年7月30日規約第02―19号の3)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2002年7月30日規約第02―20号の3)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2002年7月30日規約第02―21号の3)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2002年12月19日規約第02―44号の2)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2002年12月19日規約第02―45号の2)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2002年12月19日規約第02―46号の3)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2002年12月19日規約第02―47号の2)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2002年12月19日規約第02―48号の3)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2002年12月19日規約第02―49号の3)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2002年12月19日規約第02―50号の4)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2003年2月14日規約第02―59号の3)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2003年3月20日規約第02―66号の3)
この規則は、2003年4月1日から施行する。
附 則(2003年11月27日規約第03―50号)
この規則は、2004年4月1日から施行する。
附 則(2004年4月16日規約第04―1号)
この規則は、2004年4月16日から施行し、2004年4月1日から適用する。
附 則[整理](2004年9月15日規約第04―14号の21)
この規則は、2004年9月16日から施行する。
附 則(2004年11月4日規約第04―14号の23)
この規則は、2004年11月4日から施行し、この規則による改正後の早稲田大学学位規則の規定は、2004年9月16日から適用する。
附 則(2004年11月30日規約第04―50号)
この規則は、2005年4月1日から施行する。
附 則(2006年2月28日規約第05―77号)
この規則は、2006年2月28日から施行する。
附 則(2006年3月31日規約第05―14号の6)
この規則は、2006年4月1日から施行する。
附 則(2006年11月24日規約第06―50号)
この規則は、2006年11月24日から施行する。
附 則(2007年3月16日規約第06―52号の26)
 この規則は、2007年4月1日から施行する。
 この規則の施行前に教育学部に入学した者の学位については、なお従前の例による。
附 則[整理](2007年5月18日規約第07―24号)
この規則は、2007年4月1日から施行する。
附 則(2007年7月6日規約第07―27号の2)
この規則は、2008年4月1日から施行する。
附 則(2007年8月6日規約第07―31号)
この規則は、2007年8月6日から施行する。
附 則(2007年12月26日規約第07―77号)
この規則は、2007年12月26日から施行する。
附 則(2008年2月20日規約第07―70号の3)
この規則は、2008年4月1日から施行する。
附 則[整理](2008年6月6日規約第08―10号)
この規則は、2008年6月6日から施行する。
附 則(2008年6月6日規約第08―13号)
この規則は、2008年6月6日から施行する。
附 則(2008年10月8日規約第08―32号)
この規則は、2008年10月8日から施行する。
附 則(2009年3月15日規約第08―88号)
この規則は、2009年3月15日から施行する。
附 則[整理](2009年7月13日規約第09―24号)
この規則は、2009年7月13日から施行する。
附 則(2010年1月8日規約第09―72号)
この規則は、2010年4月1日から施行する。
附 則[整理](2010年2月5日規約第09―98号)
この規則は、2010年2月5日から施行する。
附 則(2010年3月31日規約第09―120号)
この規則は、2010年4月1日から施行する。
附 則(2010年5月6日規約第10―7号)
この規則は、2010年5月6日から施行する。
附 則[整理](2010年7月9日規約第10―29号)
この規則は、2010年7月9日から施行する。
附 則[整理](2010年11月5日規約第10―62号の2)
この規則は、2010年11月5日から施行する。
附 則(2011年3月31日規約第10―119号)
この規則は、2011年4月1日から施行する。
附 則[整理](2011年6月24日規約第11―19号の1)
この規則は、2011年6月24日から施行する。
附 則[整理](2011年7月15日規約第11―18号の2)
この規則は、2011年7月15日から施行する。
附 則(2012年2月24日規約第11―64号)
この規則は、2012年2月24日から施行する。
附 則(2012年3月13日規約第11―71号)
この規則は、2012年4月1日から施行する。
附 則(2012年6月27日規約第12―2号の2)
この規則は、2013年4月1日から施行する。
附 則(2013年2月4日規約第12―85号)
この規則は、2013年4月1日から施行する。
附 則(2013年2月22日規約第12―88号)
この規則は、2013年4月1日から施行する。
附 則(2013年3月5日規約第12―91号)
この規則は、2013年3月5日から施行する。ただし、第1条の規定は、2012年3月16日から適用する。
附 則(2013年4月1日規約第12―117号)
(施行期日)
 この規則は、2013年4月1日から施行する。
(経過措置)
 改正後の早稲田大学学位規則第20条の規定は、この規則の施行の日以後に博士の学位を授与した場合について適用し、同日前に博士の学位を授与した場合については、なお従前の例による。
 改正後の早稲田大学学位規則第21条の規定は、この規則の施行の日以後に博士の学位を授与された者について適用し、同日前に博士の学位を授与された者については、なお従前の例による。
附 則(2013年6月7日規約第13―7号)
この規則は、2013年6月7日から施行し、2012年4月1日から適用する。
附 則(2013年8月23日規約第13―22号)
この規則は、2013年8月23日から施行し、2013年4月1日から適用する。
附 則(2013年11月8日規約第13―35号)
この規則は、2014年4月1日から施行する。
附 則(2014年1月24日規約第13―59号)
この規則は、2014年1月24日から施行し、2013年9月21日から適用する。
附 則(2014年1月10日規約第13―67号の1)
この規則は、2014年4月1日から施行する。
附 則(2014年3月31日規約第13―71号の2)
この規則は、2015年4月1日から施行する。
附 則(2014年7月11日規約第14―22号)
この規則は、2015年4月1日から施行する。
附 則(2014年8月6日規約第14―31号)
この規則は、2014年8月6日から施行し、2014年4月1日から適用する。
附 則(2015年1月7日規約第14―56号の3)
この規則は、2015年1月7日から施行し、2014年9月21日から適用する。
附 則(2015年2月4日規約第14―80号)
この規則は、2015年2月4日から施行し、2015年1月9日から適用する。
附 則(2015年2月5日規約第14―85号の3)
この規則は、2016年4月1日から施行する。
附 則[整理](2015年2月9日規約第14―86号)
この規則は、2015年2月9日から施行し、2013年4月1日から適用する。
附 則(2015年6月5日規約第15―15号の4)
この規則は、2015年6月5日から施行し、2015年4月1日から適用する。
附 則(2015年7月17日規約第15―22号)
この規則は、2015年9月15日から施行する。
附 則(2015年7月17日規約第15―15号の6)
この規則は、2015年7月17日から施行し、2015年4月1日から適用する。
附 則(2015年11月13日規約第15―48号の2)
この規則は、2015年11月13日から施行し、2015年4月1日から適用する。
附 則(2016年5月13日規約第16―5号の6)
この規則は、2016年5月13日から施行し、2016年4月1日から適用する。
附 則(2016年5月27日規約第16―5号の4)
この規則は、2016年5月27日から施行し、2016年4月1日から適用する。
附 則[整理](2016年6月10日規約第16―5号の13)
この規則は、2016年6月10日から施行し、2016年4月1日から適用する。
附 則(2016年7月1日規約第16―28号)
この規則は、2016年9月15日から施行する。
附 則(2017年1月13日規約第16―60号)
この規則は、2017年3月15日から施行する。ただし、第2条中、様式2および様式2の2に関する規定は2017年4月1日から施行する。
附 則(2017年1月13日規約第16―61号の1)
この規則は、2017年4月1日から施行する。
附 則(2017年1月13日規約第16―62号の2)
(施行期日)
 この規則は、2018年4月1日から施行する。
(経過措置)
 改正後の早稲田大学学位規則第2条第2項の規定は、2018年度入学者から適用し、2017年度以前入学者については、なお従前の例による。
附 則(2017年3月1日規約第16―83号の2)
この規則は、2018年4月1日から施行する。
附 則[整理](2017年3月25日規約第16―88号)
この規則は、2017年4月1日から施行する。
附 則[整理](2017年6月9日規約第17―8号の10)
この規則は、2017年6月1日から施行する。
附 則(2017年11月7日規約第17―42号)
この規則は、2017年11月7日から施行する。
附 則(2018年1月12日規約第17―48号の2)
この規則は、2019年4月1日から施行する。
附 則(2018年5月25日規約第18―1号の4)
この規則は、2018年5月25日から施行し、2018年4月1日から適用する。
附 則(2018年6月15日規約第18―20号)
この規則は、2019年9月21日から施行する。
別表1(第8条関係)

別表2(第24条関係)
様式1 学士学位記

様式2 課程によらない者の博士学位記(先進理工学研究科共同先端生命医科学専攻、先進理工学研究科共同先進健康科学専攻および先進理工学研究科共同原子力専攻を除く。)

様式2の2 課程によらない者の博士学位記(先進理工学研究科共同先端生命医科学専攻、先進理工学研究科共同先進健康科学専攻および先進理工学研究科共同原子力専攻に限る。)

様式3 課程による博士学位記(先進理工学研究科共同先端生命医科学専攻、先進理工学研究科共同先進健康科学専攻、先進理工学研究科共同原子力専攻、先進理工学研究科先進理工学専攻および実体情報学博士プログラムを除く。)

様式3の2 課程による博士学位記(先進理工学研究科共同先端生命医科学専攻、先進理工学研究科共同先進健康科学専攻および先進理工学研究科共同原子力専攻に限る。)

様式3の3 課程による博士学位記(先進理工学研究科先進理工学専攻に限る。)

様式3の4 課程による博士学位記(実体情報学博士プログラムに限る。)

様式3の5 課程による博士学位記(外国大学との共同研究指導プログラムに限る。)

様式4 修士学位記(先進理工学研究科共同原子力専攻を除く。)

様式4の2 修士学位記(先進理工学研究科共同原子力専攻に限る。)

様式5 専門職学位記(法務研究科を除く。)

様式5の2 専門職学位記(法務研究科に限る。)