社会学コースについて

 社会学は人間の行動を基礎にして社会の構造ならびに変動を研究する社会科学の一つである。研究領域は,地域,産業,労働,政治,宗教,教育,家族,コミュニケーションなど,さまざまな分野にわたるが,実証的な調査研究を通して理論化の作業を行うことをその特色とする。 社会学を志望する学生は,広範囲の基礎知識が必要であるばかりでなく,社会の動きに対する鋭敏な感覚と人間に対する深い洞察力とを持つことが要請される。

教育の方針と教科内容

 現代の社会学は,理論と実証研究によって社会科学としての地位を確立してきている。この要請にこたえるため,基礎理論とともに,家族,地域社会,産業,労働,階層,マスコミ,社会問題,社会福祉,その他の諸分野にわたる実証研究を中心においたカリキュラムの編成がなされている。

卒業生の進路

 大学院への進学者,大学・研究所等の教育・研究職,中学・高校の教員,国家・地方公務員,マスコミ・情報関係・一般企業などで幅広く活躍している。



教員一覧

資格
氏名
 E-mail
HomePage
専攻分野
研究室
准教授
池田祥英  yoshifusa.ikeda(アット)waseda.jp     社会学史、理論社会学
39-2210
教授 岡本智周  okamoto(アット)waseda.jp 研究室HP 教育社会学、共生社会学、歴史社会学、ナショナリズム研究、社会意識研究 39-2211
教授 草柳千早  kusayanagi(アット)waseda.jp   社会的相互作用論,社会問題論 39-2312
教授
嶋ア尚子  nshim(アット)waseda.jp ライフコース・アーカイブ研究所 ライフコース論,家族社会学
39-2317
教授
 田辺俊介  tanabe.sh(アット)waseda.jp    経験社会学、社会意識(特にナショナリズム)、政治社会学、社会調査方法論   39-2212
教授
竹中均  z28ztakenaka(アット)waseda.jp   比較社会学、理論社会学 33-1407
准教授 津田(木村)好美  y.kimura(アット)waseda.jp   計量社会学,老年学,社会階層論 33-1409
教授
土屋淳二  junji.tsuchiya(アット)waseda.jp イタリア研究所 文化変動(文化過程)論および集合行動論
33-1402
助手
栗原亘 sociolab101(アット)list.waseda.jp   理論社会学,知識社会学 31-101
社会学
研究室
助手
大坪真利子   セクシュアリティ

社会学研究室
 31号館1階101
 開室時間
 授業期間中 月〜金 13:00〜18:00

社会学調査実習室
 32号館1階125 内線2310
 開室時間
 授業期間中 月〜金 12:30〜18:30


社会学コース室(39号館2322教室)・社会学演習室(32号館124教室)
 ご利用は予約制です。ご予約に当たっては助手までご連絡下さい。
   
 

コースTOP 研究会・研究データベース 大学院社会学コース案内 お知らせ
 Copyright (C) 2000−2009 Sociology Major, Waseda University. All rights reserved.