国際教養学部について

メッセージ

» English

PINNINGTON, Adrian

早稲田大学
国際教養学部
学部長
ピニングトン エイドリアン

ようこそ、世界へ A Welcome from the Dean

2004年に創設された際、早稲田大学国際教養学部(SILS: School of International Liberal Studies)は、早稲田大学にとっても日本の高等教育にとっても、ある種の実験でした。この新しい学部は、他の日本の大学における一般的な学部と一線を画す二つの特徴をそなえていたのです。その一つは、すべての授業が英語で行われること。国際教養学部では当初より学生全体の3分の1を海外から募ることを目指していました。留学生と日本人学生が机を並べて学べる環境を整えるためです。もう一つの特徴は、リベラルアーツというシステムを採用し、理系の“ハードサイエンス”から舞台芸術までを含む多彩なカリキュラムの中から、幅広く自由に科目を選べるようにしたこと。もちろん、そのような革新的な実験が果たして成功するのだろうかと心配した人は少なくありませんでした。

しかし、ここ10年間でSILSは国内外から高い評価を得て、めざましい成功を収めました。その理由のひとつは、この学部設立時期のタイミングの良さにあったと思われます。グローバリゼーションが進み、日本企業も外国企業も、加速化する競争的な世界市場において生き残るには、社内の国際化を図ることが必要であると切実に感じるようになっていました。それと同時に学生たちも、現代の世界では、多言語的かつ多文化的な背景を持つことが有益であると、ますます自覚するようになっていました。さらには日本自体の世界における存在感が、いっそう強まったことも挙げられるでしょう――日本製品や日系企業が地球のすみずみに浸透していっただけでなく、アニメや文学といった日本文化の人気も高まっていました。加えてSILSは、日本有数の歴史を誇り尊敬を集めている大学、早稲田大学の学部です。そのため数多くの国内外の学生たちが一流大学の学位を取得できるということでSILSに入学してきました。このような理由から、SILSが世界中の優秀な学生を魅了できることは、当初から保証されていたわけです。

SILSに関するよくある誤解の一つは、この学部は英語を学ぶ場所であるという思い込みです。もちろん、授業を英語で行うことを決めた理由は「言語は実際に使うことによって身につく」という考えを反映したものではありますが、英語の指導はSILSの第一義的な目的ではありません。授業を行う言語として英語を採用した理由は、多岐にわたる文化的背景を持った学生たちが共に暮らし勉強することを最大限可能にする言語が英語であったからです。これは学生だけでなく、教授陣についても言えます。実際、学生の三分の一が日本国外から来ているのと同じように、教授陣の三分の一も外国出身であり、その国籍は、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、中国、韓国をはじめ、多岐に及んでいます。また、日本人の教授もほとんどが英語圏の大学で修士号や博士号を取得しており、その多くが海外で長い間キャリアを積んできています。英語という言語は、国際教養学部において様々な異なった文化的背景を持つ人々が出会い、考えを共有し、お互いから学ぶことができる共通の環境を提供しているのです。

このように、多様性はSILSの重要な特徴のひとつでありつづけてきましたが、これは学生や教授たちについてと同じくらい、カリキュラムについても言えます。ハードサイエンスから、社会科学、人文科学、そして芸術にいたるまでの多岐にわたる科目を提供することにより、SILSでは、学生たちに自分自身の興味分野を探求し発見するチャンスを与え、様々な学問領域の観点に立って世界を眺める習慣を身に付けるよう促しています。また、学生や教授の様々な文化的背景を生かすために、ゼミという、少人数制のディスカッションやディベート形式の授業を行っています。さらにSILSでは、早稲田大学が提携関係を結んでいる世界中の大学へ、学部生4年間のうちの1年間を費やして留学することを推奨しています(日本語が母語の学生は必修)。多様性に関してSILSが力を入れているもう一つの局面は、第3外国語、第4外国語の習得の奨励です。海外から来る学生には日本語を2年間学習することが義務づけられており、卒業時に日本語が堪能になっているよう図ります。つまりSILSの全学生は、少なくとも2つの言語に精通して卒業していくわけですが、3か国語、4か国語を流暢にあやつって卒業していく学生も少なくありません。

SILSに集まってくる優秀な学生に加えて、SILSが提供する非凡で多岐にわたる教育のおかげで、SILSの卒業生たちは今や、さまざまな国際的分野で広く活躍しています。まさにSILSに入学すれば、世界中の友人や知り合いを築くことができるのです。もしあなたが自分を高めたいと思い、真の国際人になりたいと思っているなら、SILSという活気に満ちあふれた国際的なコミュニティーに足を踏み入れてみませんか?