木村 晋二 教授

略歴

木村 晋二 (きむら しんじ)

早稲田大学教授 [工学博士]

兵庫県豊岡市出身(兵庫県の北のほう)
1982年 3月 京都大学 情報工学科 卒業 (矢島研究室)
1984年 3月 同修士修了
1985年 9月 同博士課程を退学
1985年 10月 神戸大学-電子工学科 助手
1989年 1月 京都大学 工学博士を取得
1993年 4月 奈良先端科学技術大学院大学 助教授
2002年 4月 早稲田大学 教授

研究テーマ

1. 高位設計と検証

C 言語ベース設計手法、高位合成におけるビット幅の最適化、等価性論理を用いた高位検証 BDD や SAT などの論理関数処理の応用。
2. 再構成可能ハードウェアとその応用
全加算をコンパクトに実現できる LUT アーキテクチャと その一般関数実現への応用、任意のビット置換ができるバレルイクスチェンジャと再構成可能性を考慮したマルチスレッドプロセッサ。
3. システムLSIの設計と実現
暗号 LSI チップとその応用、教育用パイプラインプロセッサと VDEC チップ検証基板。
4. テストベクタの圧縮手法やテスタインタフェース
テストベクトルを短くする手法およびテスタを用いる場合の統合インタフェース。

過去の研究テーマ

関連プロジェクト
  • 文部科学省 北九州ヒューマンテクノクラスタプロジェクト
    「システム LSI プロトタイピングベース設計システム」

  • 文部科学省
    「システムLSIに関するソフトウェアに関する人材養成」

連絡先
〒808-0135 福岡県北九州市若松区ひびきの2−7
早稲田大学大学院 情報生産システム研究科
システムLSI専攻 北棟3階 (N325)

TEL&FAX (093) 692-5374

Email : shinji_kimura@waseda.jp

関連する学会と研究会
特技
  • Linux が使える、Windows XP & PowerPoint も使える、Solaris は使用回数が減少ぎみ
  • C のコーディングが早い
  • Linux 上の LSI 設計ツールが使える
  • VHDL, Verilog, SFL, SLIF, BLIF のハードウェア記述言語で 論理回路が書ける、HendelC, SystemC は勉強中、EDIF は読めるだけ
  • ALTERA の FPGA&設計ツールは10年位使っている、Xilinxは 2003年から
趣味
  • 推理小説、時代小説
  • 旅行、温泉
  • 泳ぐのは比較的好き
  • スケートは今までに 4 回、スキーは 5 回
学生の方へ

木村研究室2003年1月にスタートした新しい研究室ですので、設備は最新です。システムLSIについては、教員も揃っておりますし、教育環境はレベルが高いです。また、大学のあるのは北九州市の中で、便利な割にはアパートもそれほど高くありません。

ネットワーク環境、学生としての身分などは西早稲田とまったく同じです。いくつかの奨学金、アルバイトなどの世話もできますので、興味を持たれましたら、御連絡下さい。ここをクリックするとメールできます

また我々の研究室では、ポスドクの研究員も若干名ですが、募集しています。こちらも木村まで御連絡下さい。

ご質問その他ありましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。