メディア情報

2016年度
柴田重信 讀賣新聞「気軽な24時間型ジム 早朝深夜は健康に配慮を」くらし12版19P、11月19日、2016年
柴田重信「結果の出るダイエットの新常識」日経ヘルス 8月号 日経BP株式会社、18-19、7月2日、2016年
柴田重信「時間栄養学の創生とそれに立脚する機能性食品成分の探索や摂取法の提唱」科研費NEWS、2016年度版、VOL .1 19 2016年
柴田重信 「時間栄養学ダイエット」、「くらしの知恵第443号」、信濃毎日新聞・信毎販売店会、6月発行、2016年
2015年度
柴田重信 「時間栄養学をもっと身近なものに!!」、デンタルダイヤモンド10月号、株式会社デンタルダイヤモンド社、10月1日、2015年
柴田重信 「朝食と体内時計との関係」、鶏卵肉情報、株式会社鶏卵肉情報センター、7月25日、2015年
柴田重信 「時間栄養学をご存じですか?」、美感遊創、サントリーウエルネス株式会社、7月1日、2015年
柴田重信 「体内時計からみた朝ごはんのすすめ」、小学保健ニュース、株式会社少年写真新聞社、6月18日、2015年
柴田重信 「時間栄養学および時間運動学の応用」、介護福祉・健康づくり、株式会社杏林書院、6月1日、2015年
柴田重信 「社会的時差ボケを防ぐために」、フードウィークリー、5月25日、2015年
柴田重信 「食事と時刻 健康に影響」、読売新聞夕刊、5月23日、2015年
柴田重信 「食べる時間を変えてやせよう」、リビング東京東、5月16日、2015年
2014年度
柴田重信 「動き始めた時間栄養学」、健康食品新聞、1月14日、2015年
柴田重信 「フルーツグラノーラの解説」、monoQlo9月号
柴田重信 「6~18時の食事、太りにくく」、日経新聞プラスワン、6月7日、2014年
柴田重信 「2つの体内時計がズレる!?およそ7割の人に朝食時差ボケの恐れあり」、朝日新聞、4月10日、2014年
柴田重信 「朝食とって体内時計のズレ直せ」、サンケイスポーツ、3月5日、2014年
柴田重信 「食の未知なる世界を切り拓く」、早稲田理工Plus2014、22-23ページ、朝日新聞社
柴田重信 「体内時計に合った食事と運動が生活習慣病の予防に貢献する」SQUET(スケット)、27-29ページ、2014年5月号、三菱UFJリサーチコンサルティング株式会社
2013年度
柴田重信 「体内時計に合わせた、無理なく痩せる食べ方」、クロワッサン1月25日号、マガジンハウス、2014年
柴田重信、田原優 「時間栄養と心の栄養‐食品との関わりも含めて」 FoodStyle21 8月号、42-44ページ、2013年
柴田重信 「規則正しい朝ごはんが大事‐時間栄養学でわかったこと」、食べ物文化NO.458、株式会社芽ばえ社、5月1日、2013年
柴田重信 「体内時計のしくみに基づいた“太りにくい”食事法とは?」、私立中高進学通信 6月号、5月1日、2013年
2012年度
柴田重信 「リスクは肥満だけではない危険がいっぱい、深夜の食事」、食の研究所(日本ビジネスプレス)、1月10日、2013年
柴田重信 「体の働き コントロール」、読売新聞(夕刊)、1月5日、2013年
柴田重信 「朝ゆっくりできないからこその朝食"朝食是非論"に決着を(後篇)」、食の研究所(日本ビジネスプレス)、12月28日、2012年
柴田重信 「朝の光を浴びて朝食をとるのが正しい"朝食是非論"に決着を(前篇)」、食の研究所(日本ビジネスプレス)、12月21日、2012年
柴田重信 「生体リズムと創薬」 薬事日報、10月5日、2012年
柴田重信 「時間栄養学―細胞から動物」 日本食糧新聞、7月20日、2012年
柴田重信 日経ヘルス8月号臨時増刊 日経ヘルス・フォーメン 2012 SUMMER この夏こそ、腹を凹ます! P.066-067、7月2日、2012年
柴田重信 健康情報 日経ヘルスHealth特別編集版「2012年夏」第48号 P.14、2012年6月発行
柴田重信 「生体で体内時計リズムの測定 早大チーム」 読売新聞、6月3日、2012年
柴田重信 「体内時計、撮影して測定」 朝日新聞、5月21日、2012年
柴田重信 「体内時計の中枢 マウス脳内で撮影」 日本経済新聞、5月16日、2012年
柴田重信 元気なう-時間と健康1「光浴び朝食、体整う」 読売新聞、3月4日、2012年
2011年度
柴田重信 「夕食は夜9時までに終える!できないときは“超軽食”に」日経ヘルス プルミ編P.128-129、9月12日、2011年
柴田重信 日経ヘルス別冊、P20-21、8月12日、2011年
柴田重信 目覚ましレモンドリンク P.84 、日経ヘルス7月号、2011年
柴田重信 節電の夏を乗り切る 下 「朝の光で目覚めのリズム」、日本経済新聞、6月26日、2011年
柴田重信 「時間栄養学」日本経済新聞社、5月30日、2011年
柴田重信「時間栄養学から考える朝食の重要性」、乳酸菌ニュース、春号、2011年
柴田重信「時間栄養学で食生活をチェンジ」すこやかファミリー、5月号、2011年
柴田重信 「朝、きちんと起きられる“体内時計”は、光と食事で作ります」日経ヘルスプルミエ3月号、P28-29、2011年
柴田重信、「朝の活用法」、日経ヘルスプルミエ、2月、2011年
▲ページのトップへ戻る
2010年度
柴田重信 「遊歩道 腹時計の科学 薬の効きやすさに影響」 徳島新聞、10月25日、2010年
柴田重信 「遊歩道 腹時計の科学② 朝日や朝食が時計をリセット」 信濃毎日新聞、11月13日、2010年
柴田重信 「遊歩道 腹時計の科学② 光と食事でリセット 乱れが太りやすさに影響」 大分合同新聞、2010年
柴田重信、「体内時計のふしぎ」、80-82、婦人之友、104巻、1号、2010年
柴田重信、「朝食の重要性」、日経ヘルス、2010年
柴田重信、「健康は規則正しい朝食から!」、早稲田ウイークリー、1215号、2010年
柴田重信、「朝食が生活リズム作る 食事のタイミング」、朝日新聞、1月16日、2010年
柴田重信、「時間栄養学の解説」暮らしと健康、2010年
柴田重信、「時間栄養学の解説」ヘルスケアレストラン、2010年
柴田重信、「体内時計の解説」ヘルシスト、2010年
柴田重信「朝ラーメンの解説」、週刊プレイボーイ、2010年
柴田重信、「i-padの健康への危険性の解説」、週刊文春、2010年
柴田重信、「朝食と健康法の解説」、ターザン、2010年
▲ページのトップへ戻る
2008年度
柴田重信、時間栄養における朝食の大切さ、ケロッグUpdate、2008.
柴田重信、生命現象に潜むリズムを解明、Wing Wingアズワン株式会社、2008.
柴田重信、体内時計と食、キューピーニュース、406号、2008.
柴田重信、「朝ごはん」で、健康な体内時計が育つ、0才からの脳と心を育てる本、vol.5、主婦の友社、38-39、2008.
柴田重信、時間栄養学入門・夜遅い夕食と健康のQ&A、栄養と料理、12月号、2008
柴田重信 「朝ごはんで体内時計をスイッチオン!」給食ニュース(少年写真新聞第1422号付録)、9月8日、2008年
柴田重信、“体内時計の乱れ”がお腹に脂肪がつく原因だった、「体内時計のリセットが鍵 胃腸も休まる、ジュース断食が効く」日経ヘルス、P.76-77、8月号、日経BP社、2008年
柴田重信 「夕食は夜9時までに終える!できないときは“超軽食”に」日経ヘルスプルミエ、P.58-59、2008年8月号
柴田重信 「対内時計に合わせて 栄養分効果的に」 日本経済新聞、4月27日、2008年
▲ページのトップへ戻る
2007年度
柴田重信 「高脂血症薬 睡眠も改善? 早大など実験 マウス、早寝早起きに」 朝日新聞、5月2日、2007年
▲ページのトップへ戻る