ようこそ! "早稲田大学 ことばの研究室" へ

 

匂坂研究室では、文科系・理科系の垣根を越えた最先端の”ことば”の研究を行っています。
人間が有する音声言語処理機構の解明とそれを踏まえた機能モデルの作成を行い、人間の音声言語情報処理機能に学び、従来技術を向上させ、新たな音声言語処理機能を計算機上に構築します。
この過程において、コミュニケーション媒体としての音声言語が担うべき役割を科学的に明らかにすることを研究の目的としています。

 

研究室概要

教員匂坂芳典 教授
所属早稲田大学 基幹理工学部 応用数理学科
早稲田大学大学院 基幹理工学術院 数学応用数理専攻
早稲田大学大学院 国際情報通信研究科
ことばの科学研究所
研究分野音声合成、韻律制御モデル、音声認識、ヒトの情報処理特性測定、言語翻訳、音声翻訳、音声言語入出力システム、音声言語CAE、音声言語情報処理機能モデル、マンマシンインタフェース、対話システム
最近の主な
テーマ
文音声における音韻長伸縮の自然性に関する研究
対話音声における基本周波数変化に関する研究
タスクフリーな音声認識の言語モデルに関する研究
言語翻訳の客観評価に関する研究
場所西早稲田キャンパス 66号館 7階 702・703号室