本文へスキップ

早稲田大学ビジネススクール・MOT長内厚ゼミは、製造業で働くビジネス・パーソンのための経営戦略と価値創造戦略を学ぶ夜間MBAプログラムです。

〒169-8050 東京都新宿区西早稲田1-6-1

電話(研究科代表) 03-3202-4369

夜間主プロフェッショナルPROFESSIONAL MODULE

イノベーション・マネジメント・モジュール

○○○○○○○○イメージ

ゼミ概要と対象学生

MBAとして求められる幅広い経営学の知識を得ながら、技術経営とイノベーション・マネジメントをより高度に2年間のゼミで学びたい人のためのプログラムです。夜間主総合のゼミが2年次進学時に選択するのに対し、プロフェッショナル・モジュールは入学前に志望するモジュールを選択します。
従って、入学試験もモジュール毎に行われ、入学とともにゼミに配属されます。イノベーション・マネジメント・モジュールは現在、吉川教授との共同モジュールとなっており、本モジュール入学生は、吉川ゼミと長内ゼミの双方に所属することになります。(但し、吉川ゼミは2015年度入試が最終募集になります。)
また、本モジュールの入試では、理工学部出身者等、経営学の学習経験がない志望者が不利にならないよう、エンジニアとしての業務経験が評価基準として加味されます。また、この措置によって文化系学部出身者が不利に扱われることはありません。WBSのMOTゼミにはマーケティング・商品企画・営業・人事等の文化系出身の事務系職種の社会人学生も多く入学しています。


○○○○○○○○イメージ

シラバス

1.目的
MOTは理系の学問であり、技術に対する専門的な知識が求められると思われがちであるが、それ誤解である。MOTは製品やサービスなど世の中に新たな財をもたらす企業の経営戦略・事業戦略を分析する学問である。このような誤解は、イノベーションを技術革新と訳したことに端を発している。イノベーションを技術革新のみに限定して考えると、狭い視野のイノベーションしか実現出来なくなる恐れがある。そのことがこの20年間の日本の経済の低成長を反映している。 
 イノベーションとは、技術的なイノベーションも販売に関するイノベーションも社会的な制度変革のイノベーションも含んだ広い概念である。イノベーションには幾つかの重要な原理があり(その原理は既存の経済学、経営学とはかなりの違いがある)それを十分に理解しないと、イノベーションを、起こせない。本モジュールでは、経済学をベースとした定量的・分析的なイノベーション研究を専門とする教員(吉川教授)と、戦略論(経営学)をベースとした定性的・現場で起きている事象を分厚く記述する事例分析を研究フィールドとする教員(長内准教授)が教育を担当し、イノベーションを総合的に議論する。実際にそれらの原理を応用可能にするためには、幾つかの事例を中心に分析する必要がある。 
 そもそも、イノベーションとは、社会に対する新しい価値創造と定義される。その価値創造プロセスを分析するツールとして、経済学や経営学のスキルを身につけることが重要である。
2.内容
 モジュール教育は2人のモジュール担当教員を中心に全体で行うが、専門職学位論文を執筆するためのゼミ講義については、ゼミを2つのサブグループに分け、それぞれ吉川と長内が少人数指導を行う予定である。
  長内が担当するサブグループでは、担当教員の専門領域である、経営戦略論・組織論をベースに製造業・サービス業・流通業などの企業の現場で起きていることを丹念に記述・分析するケーススタディなどの定性的研究を行う。とりわけ「製品開発による価値創造とは何であるのか?」「日本の製造業はどのように再び収益性を高めることができるのか?」ということが中心的なテーマとなる。ゼミでは、これらのテーマについての論文輪講やケーススタディの仕方、論文の書き方など、プロジェクトペーパー執筆のために必要な指導を行うほか、夜間主総合コースの長内ゼミや他大学とのゼミ交流、海外企業などとの共同プロジェクトも自由参加で行っている。また、経営学研究に基礎をおいた学術的・理論的論文の執筆を目指したい学生には、アカデミックペーパーの書き方の指導も行う。
  以下、参考までにこれまでの主立ったゼミ活動を紹介する。
1) 国内外のイノベーション研究のレビュー
2) 日本の優れた経営学論文の輪講
3) 他大学ゼミ交流(東大経済・京大ビジネススクール・神戸大経営学研究科など)
4) 実務家講演(独大手価格メーカー英起床事業部部長・国内大手食品メーカー開発担当者・シリコンバレーITベンチャー社長など)
5) イノベーション領域の他大学教員の招へい講義
6) 台湾家電メーカーとの共同商品開発プロジェクト(2013年度は、上智大学経済学部・台湾の工業デザイン大学との共同プロジェクトに拡大予定)
7) 専門職学位論文研究をベースとした学会発表(組織学会(国内最大の経営学系2学会の1つ)、国際戦略経営研究学会(都内のビジネススクール教員を中心に設立した戦略論学会)など)
8) 専門職学位論文をベースにした経営学系学会誌への論文投稿
9) ゼミ合宿(企業訪問・他大学教員・大学院生とのディスカッション)
  長内ゼミに関する最新情報はhttp://www.f.waseda.jp/osanaia/でも確認できます。
3.対象とする学生
現在、次のような職務についている人、あるいは、将来、つきたいと思っている人。 ビジネスの全体像を理解したいと思っている新製品開発担当者、商品企画担当者、開発の現場を理解したいと思っている製造業の事務系職種担当者、企業の経営者、開発型企業の経営者、中央研究所の研究スタッフ、創薬企業の経営者ベンチャー企業の経営者、ベンチャーキャピタリスト、企業間連携推進担当者、地域間連携推進担当者。 
 理系出身、文系出身などのバックグラウンドは一切関係ないと理解されたい。

バナースペース

早稲田大学ビジネススクール
MOT長内厚ゼミ

〒169-8050
東京都新宿区西早稲田1-6-1

電話 03-3202-4369
(研究科代表)