Publication

Paper

Conducting polymer electrodes printed on hydrogel.

Sekine, S., Ido, Y., Miyake, T., Nagamine, K., Nishizawa, M., “Conducting polymer electrodes printed on hydrogel.” Journal of American Chemical Society, 132, 13174–13175, 2010.

 

2016年03月23日

Effect of the C-terminal truncation on the functional cycle of chaperonin GroEL: implication that the C-terminal region facilitates the transition from the folding-arrested to the folding-competent state

Suzuki,M., Ueno,T., Iizuka,R., Miura,T., Zako,T., Akahori,R., Miyake, T., Shimamoto, N., Aoki, M., Tanii, T., Ohdomari, I., Funatsu, T., “Effect of the C-terminal truncation on the functional cycle of chaperonin GroEL: implication that the C-terminal region facilitates the transition from the folding-arrested to the folding-competent state.” The Journal of biological chemistry, 283(35), 23931–23939, 2008.

 

2016年03月21日

Japanese

  • 三宅丈雄、西澤松彦、“酵素反応で発電する無害・安全なバイオ電池”「スマート・ヒューマンセンシング ~健康ビッグデータ時代のためのセンサ・情報・エネルギー技術~」シーエムシー出版、pp.185-194, 2014.
  • 三宅丈雄、小川雄大、西澤松彦、“柔らかい酵素電池”表面科学会誌、vol.35, pp.365-370, 2014.
  • 三宅丈雄、西澤松彦、“酵素を使ったバイオ発電の最新動向”電気学会論文誌E(センサ・マイクロマシン部門誌)、vol.133, pp.242-247, 2013.
  • 三宅丈雄、西澤松彦、“電池マテリアルとして期待される「発電酵素」~生体や環境に優しい酵素電池の最前線~”マテリアルステージ、vol.17, pp.20-23, 2012.
  • 三宅丈雄、西澤松彦、“小型酵素電池の最前線”化学と工業,vol.65-6, pp.451-453, 2012.
  • 吉野修平、三宅丈雄、西澤松彦、“カーボンナノチューブ電極”「バイオ電池の最新動向」シーエムシー出版、pp.40-44, 2011.
  • 三宅丈雄、吉野修平、西澤松彦、“医療用マイクロ酵素電池”「バイオ電池の最新動向」シーエムシー出版、pp.108-114, 2011.
  • 三宅丈雄、吉野修平、西澤松彦、“環境・生体に優しいバイオ燃料電池”「静電気学会誌」、vol.35(5), pp.214-219, 2011.
  • 三宅丈雄、西澤松彦、“バイオ燃料電池”「エネルギーハーベスティングの最新動向」シーエムシー出版、pp.184-194, 2010.
  • 三宅丈雄、西澤松彦、“バイオ燃料電池”電子情報通信学会「知識ベース」、S2-7-3-1-12, 2010
  • 三宅丈雄、西澤松彦、“バイオ電池の最新開発動向”プレスジャーナル、vol.29, pp.48-49, 2010.

Book

  • Miyake, T., Nishizawa, M., Miniature Enzymatic Fuel Cells (ch. 17), in Enzymatic Fuel Cells: From Fundamentals to Applications: (eds P. Atanassov, G. Johnson, H. Luckarift), Wiley-VCH, Weinheim, Germany, pp.361-373, 2014.
  •