ABOUT LAB > 研究内容

研究内容

精神医療と身体医療の双方に臨床心理学を適用し、マインドフルネスやアクセプタンスを含む「新世代の認知行動療法」によって、短期間で大きな効果を上げることを目指した研究

keywords: 臨床行動分析、メタ認知、マインドフルネス、応用脳科学、行動医学


◇当研究室のミッションは以下の2つである:①認知行動療法やマインドフルネスが、医療(予防も含む)の現場で十分に活用されるようにする、②研究室メンバーの一人ひとりが、目の前の現実を等身大に感じ取り、自分の頭で考える個の力を育てる。

◇上記を実現するために、マインドフルネスやアクセプタンスなどの技法を含む「新世代の認知行動療法」について、特に医療場面で短期間で大きな効果を上げることを目指した研究を行っている。①臨床行動分析、②メタ認知、③応用脳科学の3つのグループで、①アクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)、②③メタ認知療法(MCT)や注意訓練などについて、アセスメントと介入の両面から研究している。

 
◇アセスメント法では、①言葉が行動に対して持つ抑制効果・促進効果(言葉がバーチャルな現実を作りだすメカニズム)、②注意機能やメタ認知的信念と、マインドフルネスとの関り、③心と脳の双方向性(心が変われば、脳も変わる)、などを研究している。

◇介入法では、①言葉の基礎研究に基づくアクセプタンス&コミットメント・セラピー(ACT)が効くメカニズム、②自己調節実行機能モデルに基づくメタ認知療法(MCT)が効くメカニズム、③前頭葉機能訓練と認知行動療法との相乗効果、などを研究している。



具体的な研究テーマ

◇不安障害(パニック障害、社会不安障害など)、気分障害(大うつ病など)、摂食障害、メタボリック症候群、アスペルガー障害など、セルフコントロールや前頭葉機能の異常と関わると考えられる精神疾患・生活習慣病・発達障害などに伴う心理行動面の問題を、研究の対象にする(対象者は健常大学生群から患者群までを含む)。

◇ACTで伸ばすアクセプタンス、脱フュージョン、価値の明確化などの6つの行動クラスを、調査や実験によって測定する方法を開発し、介入による変化を検討。

◇MCTで注目するディタッチト・マインドフルネスやメタ認知的信念が、不安障害や気分障害のメタ認知モデルの中で占める役割を明らかにし、介入による変化を検討。

◇NIRS、fMRI、脳波、視線追跡装置、注意ネットワークテストなどで、うつ病や発達障害に関わる脳機能異常を明らかにし、前頭葉機能訓練による変化を検討。

 
ABOUT LAB
研究室の紹介
HOME
トップhome.html
LINK
リンクlink.html
MEMBER
ゆかいな仲間たちmember.html
研究内容
専門ゼミ・卒業研究about2.html
研究室参加希望の方へabout3.html

早稲田大学人間科学学術院 熊野宏昭研究室

行動医学研究室