Slide 1 Slide 2 Slide 3
細川誠二郎研究室へようこそ! 当研究室では、生理活性物質の全合成新反応の
開発
を行っております。 構造・活性共に多様な
生理活性物質を研究対象とすることで、目的の
化合物を速やかに作るための「短工程合成経路
の確立」と 「目的構造を一挙に作る反応の開発」
を実践しています。
有機化学ってこんなに楽しい!全合成って?天然物って?
一体どんなことを考えて、どんなことをしているのでしょう。
そんな疑問の解決につながるSpecial Contents!!
コンテンツへGo!
総説 ビニロガス向山アルドール反応の総説が
Tetrahedron Letters誌に掲載されました。
10.1016/j.tetlet.2017.11.056

What's new??

2019.08.21
Special Contentsに、高校の教科書から大学・大学院のあなたへの問題を掲載しました。
2019.07.05
北里大学海洋生命科学部生物化学研究室の高田先生のグループと、城ヶ島にて海洋生物採集を行いました。(写真はこちら)
2019.04.01
研究室に新たなメンバーが加わりました。(写真はこちら)
2019.03.31
進路状況を更新しました。
2019.03.25
3月24日(日)から3月27日(水)に東京農業大学で行われた農芸化学大会2019で、桐田君(B4)が口頭発表をしました。
2019.03.20
3月16日(土)から3月19日(火)に兵庫で行われた日本化学会 第99春季年会で、中川君(B4)、中西君(B4)、桐田君(B4)、古家君(M1)が口頭発表をしました。
2019.02.22
Synlett誌に、佐藤さん(D3)の論文が掲載されました。詳しくはこちら
2019.02.21
Synlett誌に、Aakash Sengupta君(D4)の論文が掲載されました。詳しくはこちら
2019.02.01
Tetrahedron誌に、Aakash Sengupta君(D4)の論文が掲載されました。詳しくはこちら
2019.01.12
Organic Letters誌に、村越君(D4)の論文が掲載されました。詳しくはこちら
2019.01.11
1月9日(火)から1月10日(水)に一橋大学一橋講堂で行われた化学コミュニケーションのフロンティア第1回国際シンポジウムで、田中君(M1)がポスター発表をしました。
2018.12.08
慶應義塾大学の高尾研究室のみなさんと、合同ゼミを行いました。
2018.10.26
10月23日(火)から10月25日(木)にタワーホール船堀で行われた日本化学会秋季事業 第8回CSJ化学フェスタ2018で、Aakash Sengupta君(D4)、高橋君(M1)、田中君(M1)がポスター発表をしました。
2018.07.19
7月19日に名古屋大学野依記念館で行われた第4回野依フォーラム若手育成塾に、村越君(D4)が参加しました。
2018.07.06
7月4日(水)から7月6日(金)に大阪で行われた第53回天然物化学談話会で、宇田川君(M1)、田中君(M1)、古家君(M1)、米山君(M1)がポスター発表をしました。
2018.06.27
6月27日(水)に東京大学で行われた化学コミュニケーションのフロンティア第3回公開シンポジウムで、田中君(M1)がポスター発表をしました。
2018.05.01
Organic Letters誌に、大橋君(昨年度M2)の論文が掲載されました。詳しくはこちら
2018.03.31
研究室に新たなメンバーが加わりました。
2018.03.22
3月20日(火)から3月22日(木)に日本大学理工学部 船橋キャンパスで行われた、日本化学会第98春季年会に、佐藤さん(D2)と宇田川君(B4)が参加しました。
2017.12.
Tetrahedron Letters誌に総説が掲載されました。
2017.12.06-07
第112回有機合成シンポジウムにて、青野君(M1)が口頭発表しました。
2017.11.25
慶應義塾大学の高尾研究室のみなさんと、合同ゼミを行いました。
2017.10.17-19
第7回CSJ化学フェスタにて、志田さん(M1)と山口君(M1)がポスター発表をしました。
2017.09.20-22
第59回天然有機化合物討論会にて、村越君(D3)が口頭発表をしました。
2017.07.09-12
Chirality 2017にて、佐藤さん(D2)がポスター発表をしました。
2017.07.05-07
天然物談話会にて、宇田川君(B4)と山口君(M1)がポスター発表をしました。
2017.06.08-09
第111回有機合成シンポジウムにて、佐藤さん(D2)がポスター発表をしました。
2017.05.13
論文が掲載されました
DOI:10.1021/acs.orglett.7b00814
2017.04.21
論文が掲載されました
DOI:10.1021/acs.orglett.7b00920
2017.04.08
研究室に新たなメンバーが加わりました。


>>過去のお知らせはこちら<<



l>