TOP
subtop2.jpg(8872 byte)
論文
論文検索 *JavaScriptを許可してください*
不祥事発生時の企業価値の損失にCSR活動が与える影響
―コーポレート・レピュテーションの観点から−
2019年12月15期生:韋暁晴・大輪直也・小出智子・矢野聖奈
2019年のインターゼミで発表した論文。
地震が株式市場に与える影響
―国民性による差異の考察―
2018年12月14期生:金丸真帆・鈴木翔真・駄賀智香・王思涵
2018年のインターゼミで発表した論文。
2018年度早稲田商学学生懸賞論文、佳作受賞
JPX日経インデックス400の構成銘柄発表が 採用銘柄に与える影響
―企業の認知度からみる株式市場の効率性−
2016年12月12期生:伊藤洋一・小平純太・松本玲菜
2016年のインターゼミで発表した論文。
アナリスト予想の精度と価値関連性
―アナリスト予想数と予想の散らばりの観点から―
2013年12月10期生:金井寛之・志水沙衣・高橋尚輝・得能達・山下璃子(3年生時)
2013年のインターゼミで発表した論文。
空売りが株価形成に与える影響
―日本の株式市場における実証分析―
2012年12月9期生:内田理・大野恵里佳・桃井駿一・尹楊会・渡邊奈津子(3年生時)
2012年のインターゼミで発表した論文。
2012年度早稲田商学学生懸賞論文、佳作受賞
日本企業の株価と海外株価指標の連動性
2012年12月9期生:浅見啓太・伊藤恵都・渋沢舞香・皆川直輝(3年生時)
2012年のインターゼミで発表した論文。
日本的企業財務のリスクヘッジ機能
―東日本大震災を通して―
2011年12月8期生:石橋友恵・木村弥之・佐藤麗生・嶋悟・菱沼愛美(3年生時)
2011年のインターゼミで発表した論文。
2011年度早稲田商学学生懸賞論文、佳作受賞
株式取引におけるウェブサイトの重要性
―情報の非対称性解消の観点から―
2010年12月7期生:清水貴之・十亀知則・樋口彩織・藤室和博・森分彩夏(3年生時)
2010年のインターゼミで発表した論文。
社名の類似は株価の連関を引き起こすのか
―日本の株式市場における実証分析―
2009年12月6期生 : 松浦由依・石塚愛・平林鷹空・平山雄基・村上英(3年生時)
2009年のインターゼミで発表した論文。
2009年度早稲田商学学生懸賞論文、佳作受賞
CFAJ Student Reseach 2009
2009年11月5期生 : 小野崎葵・片山明日香・宋根在・竹内律正・橋本龍生
証券アナリスト協会のイベントで発表した企業評価レポート
2009 CFAJ Student Reseach 最優秀賞受賞 日本代表選出
日米株価連関の原因を探る
―外国人持株比率と輸出依存度―
2008年12月5期生 : 魏在普E佐藤健二・柴田龍一・深井靖子(3年生時)
2008年のインターゼミで発表した論文。
インターネット掲示板が株式取引に与える影響―実証分析―
2008年12月5期生 : 安部裕子・杉村美幸・高鍬美聡・仲村健太郎 (3年生時)
2008年のインターゼミで発表した論文。
2008年度早稲田商学学生懸賞論文、佳作受賞
新聞「フジサンケイビジネスアイ」掲載論文
記事はこちら
CFAJ Student Reseach 2008
2008年11月4期生 : 二宮圭・早川好紀・藤田正裕
証券アナリスト協会のイベントで発表した企業評価レポート
2008 CFAJ Student Reseach 最優秀賞受賞 日本代表選出
→プレゼンテーションの様子
日本の株式市場における 知名度効果
2007年12月4期生 : 大石克也・神場元樹・鈴木亮次・中川沙耶子・渡辺篤 (3年生時)
4期生の行動ファイナンス班が2007年のインターゼミで発表した論文。
2007年度早稲田商学学生懸賞論文、佳作受賞
個人投資家の銘柄選択決定要因分析
−個人投資家はいかに取り込めるのか−
2007年12月4期生 : 泉澤博也・上野瑠美・新村菜穂・早川好紀・藤田正裕 (3年生時)
4期生のIR班が2007年のインターゼミで発表した論文。
日本の株式市場における投資主体のパフォーマンスと投資行動
2006年3月2期生 : 和田 真一(4年生時)
2006年度早稲田商学学生懸賞論文、佳作受賞
個人投資家と株式市場の効率性
―配当と株主優待の権利落ちに関する考察―
2006年3月3期生 : 青野瑠璃子・鹿志村翔・寺迫南央・増田正志・村山麻衣(3年生時)
2007年度125周年記念イベント「次世代への先見」、学部生の部・優勝
→プレゼンテーションの様子
2006年度早稲田商学学生懸賞論文、佳作受賞

3期生の優待班が2006年のインターゼミで発表した論文。