ENGLISH
CHINESE
KOREAN


 ホームへ

   研究内容

  メンバー紹介
 │
 └ 教員紹介

  研究業績

  研究室の雰囲気

  講義内容

  アクセス

 

 

>> >> 教員紹介

藤村 茂 教授
   略歴
     学歴
 1979/ 4 早稲田大学理工学部電気工学科 入学
 1983/ 3 同 卒業
 1983/ 4 早稲田大学大学院理工学研究科電気工学専攻前期課程 入学
 1985/ 4 同 修了
 1995/ 3 早稲田大学より博士(工学)学位取得
     職歴
   1985/ 4 横河電機株式会社 入社
   オブジェクト指向言語,人工知能の研究に従事。
   スケジューリングシステムの企画,開発,販売,エンジニアリング業務に従事。
   2000/10 システムプラザ株式会社 出向
   生産管理・スケジューリングシステムのコンサルテーション業務に従事。
   2003/ 4 早稲田大学大学院 情報生産システム研究科 情報アーキテクチャ分野 
   准教授。
   2008/ 4 早稲田大学大学院 情報生産システム研究科 情報アーキテクチャ分野 
   教授 現在に至る。

 藤村 茂 (Shigeru Fujimura)
 生年月日  1960年8月27日

   専門分野 
 ソフトウェア工学,オブジェクト指向モデリング,生産管理,生産計画・スケジューリング
   学会等の活動 
 日本電子工業振興協会 LISP調査専門委員会 委員 (1987/4〜1989/3)
 日本電気計測器工業会 技術振興委員会 AI等計測応用動向調査WG 委員(1990/4〜1992/3)
 シグマシステム シグマ会開発技術高度化委員会オブジェクト指向検討部会 委員 (1990/4〜1992/3)
 電気学会 産業応用部門 一般産業技術委員会逆問題としてとらえた産業プロセス異常予測 調査専門委員会
  監事  (1996/4〜1997/3)
 日本設備管理学会 生産現場の情報システム研究会 委員 (1995/4〜1998/3)
 石油学会 経営情報部会 数理科学手法検討WG 主査 (1997/4〜2000/3)
 PSLXコンソーシアム技術検討委員会 技術委員 (2001/7〜2002/3)
   論文 

 修士論文 あいまい概念を扱う目標指向型推論効率向上化 早稲田大学(1985.3)
 博士論文 オブジェクト指向技術を応用したプラント操業支援システムに関する研究 早稲田大学(1995.3)

 藤村 茂,檜物 亮一:バッチプロセスにおける制御用処方情報とスケジューリング用情報の一元管理方法
 電気学会論文誌C,Vol.122-C No.5,pp.843-850(2002.5)
 藤村 茂,檜物 亮一:視点の異なるスケジューリングシステムの融合,
 日本設備管理学会誌,Vol.12 No.4,pp.142-147(2001.3)
 藤村 茂,三竹 治子,富田 昭司,高橋 公一:プラント操業スケジューリングシステムの実用化手法,
 計測自動制御学会論文誌,Vol.31 No.7,pp.923-932(1995.7)
 藤村 茂,富田 昭司,桑原 修二:知的システム構築用シェルHyperAukの構築支援環境,
 計測自動制御学会論文誌,Vol.31 No.7,pp.898-907(1995.7)
 藤村 茂,富田 昭司,檜物 亮一,佐藤 千恵:プラント診断モデルベース推論システム,
 日本設備管理学会誌,Vol.6 No.4,pp.234-241(1995.3)
 富田 昭司,藤村 茂,檜物 亮一:バッチプラント生産スケジューリングシステム
 −その実用化への問題点と実プラントによる検証−,
 計測自動制御学会論文誌,Vol.29 No.7,pp.843-850(1993.7)
 桑原 修二,藤村 茂,富田 昭司:MVCの拡張,MVCGとそれに基づくUIMS,Talkieの実装,
 コンピュータソフトウェア(日本ソフトウェア科学会論文誌),Vol.9 No.1,pp.27-41(1992.1)
 富田 昭司,藤村 茂,飯間 昇,鈴木 明:蒸留塔運転知的訓練システムとその構築法,
 電気学会論文誌C,Vol.110-C No.10,pp.691-698(1990.11)
 富田 昭司,藤村 茂,鈴木 明:プロセス監視システムにおけるルール構築手法,
 計測自動制御学会論文誌,Vol.26 No.8,pp.924-926(1990.8)
 藤村 茂,富田 昭司,飯間 昇,鈴木 明:オブジェクト指向知識表現aukを用いた知的システム構築用シェルAUK,
 情報処理学会論文誌,Vol.31 No.1,pp.76-87(1990.1)
 吉江 修,藤村 茂,宮地 裕樹,秋月 影雄:あいまい概念を扱う知識表現における目標指向型推論,
 計測自動制御学会論文誌,Vol.22 No.9,pp.935-941(1986.9)

   雑誌・報告書等
 鈴木 明,藤村 茂,富田 昭司,飯間 昇:オブジェクト指向知識情報処理システム,
 横河技報,Vol.33 No.3,pp.167-172(1989.3)
 三浦 真太郎,藤村 茂,酒井 治子,清水 雅嗣:スケジューリングパッケージExanalp,
 横河技報,Vol.37 No.1,pp.19-22(1993.1)
 藤村 茂,府川 晶彦:製油所の最適化へ向けたスケジューリングシステムの特徴と実際,
 計装,Vol.40 No.12,pp.10-16(1997.12)
 藤村 茂:横河電機におけるスケジューラの開発とその応用
  −バッチプロセスにおけるスケジューリングシステムの必要性−,
 (財)日本科学技術連盟,品質管理,Vol.49 No.3,pp.29-35(1998.3)
 檜物 亮一,藤村 茂:使えるスケジューラの傾向と対策 −バッチシステムへの適用−,
 計装,Vol.43 No.12,pp.22-26(2000.11)
 平成3年度 AI等の計測応用動向調査活動報告書,
 (社)日本電気計測器工業会 技術振興委員会 AI等計測応用動向調査WG(1992.3)
 オブジェクト指向開発環境検討部会海外調査報告書(シグマ-C-9104),
  (株)シグマシステム 平成3年度シグマ会開発技術高度化委員会オブジェクト指向開発環境検討部会(1992.3)
 生産現場の情報システムのあり方−21世紀型工場へのナビゲーター−,
 日本設備管理学会「生産現場の情報システム研究会」編,(社)日本プラントメンテナンス協会(1996.3)
 電気学会技術報告 第619号 逆問題としてとらえた産業プロセス異常予測,
 逆問題としてとらえた産業プロセス異常予測調査専門委員会 編,
 (社)電気学会 産業応用部門 一般産業技術委員会(1997.1)
 生産現場の情報システム構築ガイド−21世紀を展望したシステムのあり方研究−,
 (社)日本プラントメンテナンス協会(1998.3)
   受賞
 1994/10 (社)電気学会 論文発表賞
 2003/11 (社)発明協会 関東地方表彰 発明奨励賞