早稲田大学TOP

早稲田大学 商学部

早稲田大学 商学学術院


TOP > 産研について > 所長挨拶

English

■所長挨拶



 早稲田大学産業経営研究所は、1974年の設立以来、今日まで45年にわたり、産業界とアカデミックな世界をつなぐ研究機関として、産業経営に広く関わる最先端の諸問題をさまざまな視角より研究してまいりました。

 現在、当研究所では、当学商学部および大学院会計研究科に所属する専任教員を中心に、学外からも数多くの招聘研究員を迎え、各研究テーマに応じた研究分科会を設置し、日々、学術研究の推進に取り組んでおります。

 また、内部的な研究推進に留まらず、「研究活動で得られた学術的成果を通じて、実社会に貢献すること」を使命として、機関誌の刊行、研究会・講演会の開催、フォーラム・シンポジウムの開催、学外機関からの研究・研修事業の受託等、研究成果の発信・還元にも奮闘しております。

 昨今、科学技術の進歩と日常生活の様相変化は目覚ましく、これに伴い、学術研究においても、既存の研究分野の枠に収まらない新興・融合領域の開拓、異分野連携の推進など、変革と挑戦が求められています。

 当研究所といたしましても、学術研究機関としての使命・役割を果たすべく、これまでの事業の改善・見直しや、新たな事業への挑戦を進めていく所存ですので、是非ご支援、ご協力を賜りますようお願いいたします。


                     早稲田大学産業経営研究所長(商学学術院教授)
                                      高瀬 浩一

イメージ画像