早稲田大学 研究力強化本部 【文部科学省 研究大学強化促進事業】

イベント・活動報告等

【申込み受付中】研究力強化本部セミナー(理工系対象)研究プレゼンテーションスキルセミナー(1/28)開催案内

2015-12-10

この度、理工系の研究者を対象にした研究プレゼンテーションセミナーを開催いたします。
このセミナーでは、国際学会等でう、自身の研究をプレゼンテーションする際のスキルを学びます。
具体的にはプレゼンテーションを行う場所と時期、効果的なポスター・プレゼンテーションのスライド作成法、
実際のプレゼンテーション方法についてお話しします。
なお、本セミナーは研究力強化本部が実施する取組の一環として開催されます。

※セミナー申込締切日は下部にあります


【セミナー概要】

◆日時・場所
1月28日(木) 13:30~17:00 西早稲田キャンパス 55号館N棟1階第一会議室※会場変更いたしました

キャンパスの案内図はこちら

◆使用言語
英語(通訳なし)

◆定員 

20名程度(個別指導のため少人数での開催となります。応募者多数の場合、
抽選とさせていただきます。

◆対象者 
本学の常勤教員・常勤研究者(若手研究者)、大学院生(博士課程以上)
※修士課程の学生の参加も妨げません。

※参加費無料、事前申込みが必要です

本セミナーでは、参加者に事前にスライド(以下「スライド内容について」参照)を2016年1月13日までに作成していただきます。資料ができ上がり次第、セミナー実施団体まで 送付して下さい。講師にて事前に校正の上、セミナーの前に各人に戻します。当日は、作成 したスライドを基に発表練習と質疑応答を英語で受けるトレーニングを行います。

◆「スライド内容について」

※ ご準備いただくスライドは3枚です

1枚目:An introduction their research( ご自身の研究についての紹介)

2枚目:One data slide ( データのスライド)

3枚目:Conclusions(結論)

スライドのノート部分に発表するスクリプト(英語)でご記入ください。(ノート部分に記述されているスクリプトは校正対象ではございませんが、講師がスライドを校正する際、内容把握の為にスクリプトを参照します。)

スライド内に挿入された図内の文字は校正対象としません。

【資料送付先】
株式会社 エダンズ 担当:井上淳也:jinoue@ edanzgroup.com
提出締切:1月13日(水)

【当日のセミナーと発表練習について】

当日は2時間の講義の後、グループに分かれ、各グループ内でお一人10分の時間で、スライドの発表・質疑応答を一問グループ内の他メンバーから受け取ります。 講師は各グループの進歩状況に応じて、アドバイスや進行を促します。

 

◆講師
◆Dr Trevor Lane :エダンズ グループ ジャパン株式会社 シニアエディター

 1995 – PhD Physiological Sciences, University of Oxford, UK
 生物医科学に関する幅広い知識を有し、オックスフォード大学卒業時には生化学と化学薬理学で
 博士号を取得。また、香港でも臨床腫瘍学と微生物遺伝学の博士研究員の職に就く。
 その後は学術機関、研究機関、出版機関でさまざまな編集職を歴任。アジアを拠点とする複数の
 一般・専門医学ジャーナルの編集長のほか、アメリカを拠点とする2つの社会科学ジャーナルの
 級編集者を経験。香港大学歯学部では科学研究コミュニケーションで教鞭の経験も有する。さらに
 世界医学雑誌編集者協会(WAME)と出版倫理委員会(COPE)のメンバー。2015年4月にシニア
 エディターとしてエダンズ グループ福岡本社に参加。


◆Dr Julian Tang :エダンズ グループ ジャパン株式会社 リサーチコンサルタント

 生化学および生体分子研究分野で経験豊富な医学エディター兼ライター。
 タンパク質の3次元構造を研究するためのX線結晶学を用いた癌構造生物学で博士号を取得。
 同時に、オーストラリア癌研究財団合理的薬物設計センターの管理に携わる。
 「Nature誌」および「Science誌」の特集記事や、さまざまな学術組織や政府機関の刊行物で科学的  研究開発に関する知見を発表。2012年に来日し、ネイチャー・パブリッシング・グループおよび
日本で最大の小児・婦人病院である国立成育医療研究センターでエディター兼ライターを務める。
 最近では、日本の臨床医および研究者を対象に学術ライティング・出版セミナーをシリーズで実施。
 2015年10月に東京事務所の社内リサーチコンサルタントおよびセミナー講師としてエダンズグループに加入。

◆当日セミナー内容

※ 本セミナーは全て英語で行われます。

・研究内容を発信・発表する重要性(Importance of presenting your work)
・ポスター・プレゼンテーション(Poster presentation)
・口頭プレゼンテーション (Oral presentations)
・プレゼンテーションのスライド (Presenting slides)
・プレゼンテーション・スキル (Presentation skills)
・質疑応答時の対応 (Effective Q & A sessions)
・アクティビティ (Activity)


※このセミナーは、抗議形式のスタイルに加え、講師が出題する課題を参加者間で話し合うアクティビティが あります。


◆申込締切期限
1月7日(木)まで


◆申込み方法
以下の申込みフォームをクリックし、必要事項(①氏名②所属③資格④メールアドレス
⑤英語での発表の経験の回数)をすべて記入の上申請してください。

【申込みフォーム】←こちらをクリック

◆ 主催
早稲田大学 国際部国際課/早稲田大学 研究力強化本部

Waseda University Research Enhancement Head Office *This event is supported by the
“Program for Promoting the Enhancement of Research Universities” of the Ministry of Education,
Science, Sports and Culture (MEXT).

【問い合わせ先】研究力強化本部事務局
E-mail: kenki-s@listlwaseda.jp
協力会社  エダンズ グループ ジャパン株式会社

 



« 一覧へ戻る