早稲田大学 研究力強化本部 【文部科学省 研究大学強化促進事業】

イベント・活動報告等

     

第3回人文・社会科学系研究推進フォーラム
「地域と共に新しい“ジンブン”力を創造する人社系研究の展開」

2017-1-27

http://www.res.lab.u-ryukyu.ac.jp/index.html

人文・社会科学系研究推進フォーラムとは、人文・社会科学系の研究にかかわる 研究者とURA(大学・研究機関におけるリサーチ・アドミニストレーター)、 事務系職員、行政機関・資金配分機関の関係者等がともに議論し、考え、行動する ことで、互いにエンカレッジしながら、より良い研究推進のあり方を模索するための フォーラムです。
日本のURAが組織の枠をこえてつながり「人社系研究に対して自分たちは何ができるのか」 と活発に議論するなか、こうした場が生まれました。

第3回フォーラムのテーマ「地域と共に新しい“ジンブン”力を創造する人社系研究の 展開」の“ジンブン”とは、沖縄の言葉で「生きる知恵」を意味します。
我々は日々多くの社会的課題に直面しますが、これら課題は一朝一夕には解決しません。 そこでは、科学・技術の知識だけではない、人間の知恵の力(“ジンブン”力)が求められます。 こうした求めに対し、大学は、研究者は、どのように応じてきたのでしょうか。 そしてどのように応じてゆくべきなのでしょうか。
本フォーラムでは、地域社会が抱える社会課題の解決や新たな価値創造と実践に向き 合っている研究を紹介しつつ、学術界それ自体が内包する課題もふくめて、人文・社会 科学系研究の新たな可能性について議論します。

第3回フォーラムの主催は、 琉球大学研究推進機構研究企画室、
共催は早稲田大学 研究戦略センター、京都大学学術研究支援室、筑波大学URA研究戦略推進室/ICR、 大阪大学経営企画オフィスURAプロジェクトです。


■日時 平成29年3月3日(金)13:30-18:00
■場所 国立大学法人 琉球大学 研究者交流施設・50周年記念館(千原キャンパス西原口(南口)付近)
http://www.u-ryukyu.ac.jp/univ_info/general/access/index.html

■プログラム
13:00 受付開始(開場)
13:30-13:35 開会の挨拶
13:35-14:00 基調講演
 西田 睦(琉球大学理事・副学長)「地域に貢献する人社系学問の可能性」
14:00-15:00 事例紹介
 貴志 俊彦 教授(京都大学 東南アジア地域研究研究所)「東アジア史研究の潮流と地域へのかかわり」
 稲場 圭信 教授(大阪大学大学院人間科学研究科)「あらたな連携を生みだす社会科学の力
                        :災害救援マップの取り組みを事例に」
 志田 泰盛 准教授(筑波大学人文社会系)「古典学分野の国際連携と技術イノベーション」
15:00-15:15 休憩
15:15-17:15 地域・社会の課題に取り組む人社系研究のためのパラレル・ワークショップ
 【セッション1】「グッドプラクティス事例集作成!:個別プロジェクトのプロセスを共有し、掘り下げよう」
 【セッション2】「キックオフ・ミーティング!:人社系研究の活かし方・伝え方・研究力の測り方を考えよう」
17:15-17:30 休憩
17:30-18:00 振り返り・閉会の挨拶
18:30- 情報交換会

■定員 50名(要申し込み,先着順)
■主催 琉球大学研究推進機構研究企画室
■共催 京都大学学術研究支援室
    筑波大学URA研究戦略推進室/ICR
    大阪大学経営企画オフィスURAプロジェクト
    早稲田大学研究戦略センター

■フォーラム参加費 無料
■情報交換会参加費 3,000円(当日、受付でお支払いください)

■詳細・申し込みは、下記のウェブサイトから。
琉球大学研究推進機構
http://www.res.lab.u-ryukyu.ac.jp/index.html


■関連リンク
第1回 人文・社会科学研究推進フォーラム
大阪大学経営企画オフィス(URA部門)開催報告
http://www.ura.osaka-u.ac.jp/uramagazine/vol_017.html#01

第2回 人文・社会科学研究推進フォーラム
※ 筑波大学URA研究支援室開催報告
http://icrhs.tsukuba.ac.jp/archives/4758

<人文・社会科学系研究推進フォーラムとは>
人文・社会科学系の研究にかかわる研究者とURA(大学・研究機関におけるリサーチ・ アドミニストレーター)、 事務系職員,行政機関・資金配分機関の関係者等がともに議論し、考え、行動することで、互いにエンカレッジしながら、 より良い研究推進の あり方を模索するためのフォーラムです。
日本のURAが組織の枠をこえてつながり「人社系研究に対して自分たちは何ができるのか」と活発に議論するなか、 こうした場が生まれました。

■問い合わせ先:
琉球大学研究推進機構研究企画室
担当URA 高橋
電話 098-895-8486(直通)
メール ura@to.jim.u-ryukyu.ac.jp



« 一覧へ戻る