早稲田大学 研究力強化本部 【文部科学省 研究大学強化促進事業】

イベント・活動報告等

【締切延長しました】「分野別(スポーツ科学)」(7/31)ライティングセミナー開催案内のお知らせ

2015-7-8

 この度、「スポーツ科学」の研究者の方を対象にした
学術英語論文執筆セミナーを開催いたします。
第一部(午前)では、研究の構想立てから、論文がジャーナルなどにアクセプト
されるまでの一連のプロセスを概説します。
論文の完成形を念頭に置いた研究計画の立案から、カバーレターの作成、査読者への
回答方法といった言語的な問題、また、剽窃を回避し、倫理にそった研究発表を行う
ために留意すべきことなど、幅広い内容をカバーします。

第二部(午後)では、スポーツ科学分野の研究によく用いられる統計手法に焦点を当て、
設定から結果までを英語で効果的にライティングする方法を具体的に解説します。セッショ
ンはワークショップ形式で行い、該当分野の発表済み論文から抽出した文章サンプルを用いる
ことで、より実践的な知識の習得を目指します。
(本セミナーは研究力強化本部が実施する取組の一環として開催されます)

※セミナー申込締切日は下部にあります

【セミナー概要】

◆日時・場所

【スポーツ科学分野】  7月31日(金)9:30~16:30  所沢キャンパス 100号館 5階第1会議室

所沢キャンパスの案内図はこちら
12時半から1時間程度、ランチを取りながらの懇親会を行います。 お弁当をご用意します。(所沢キャンパスのみ)
※東伏見キャンパス (79号館204会議室)にて同時中継致します。

◆使用言語  英語
◆対象者   本学の常勤教員・常勤研究者(若手研究者)・ 大学院生(博士課程以上)
       *修士課程の学生の参加も妨げません。

※参加費無料


◆定員    各コース15名程度(個別指導のため少人数での開催となります。
応募者多数の場合、抽選とさせていただきます。)必ず、事前に申込みください。


◆講師 Chad Musick, PhD ThinkSCIENCE株式会社シニアエディター

  2012年に名古屋大学にて数理科学博士号を取得。同大学ではまた、
ピアレビュージャーナルのエディターとしてライティングセンターに勤務し、
学生や教員へ論文執筆や出版のサポートおよびライティングワークショップを行っていた。
2013年にThinkSCIENCEに入社し、研究論文、グラントプロポーザル、教科書、学会発表、
官公庁や企業のレポートなど様々な文書の校正や翻訳を数多く手掛けている。
自身が複数の技術特許を所有し、様々な学術分野での出版実績もある。分野に深く精通
しているだけでなく、ジャーナルエディター、著者、査読者として学術出版のあらゆる
側面に従事してきたことから、研究者が英語を使って自分の考えを明確に表現し、世界
の人々に歪曲されることなく伝わるように、その支援に情熱を注いでいる。


◆テーマ内容

スポーツ科学分野:  第一部「効果的な学術英語論文のライティング :構想から投稿・受理まで」
           第二部「スポーツ科学における統計手法の選択 と結果の表し方」


【申込みについて】
◆申込締切期限 2015年7月29日(水)まで ※締切延長しました

◆申込方法 以下の申込みフォームをクリックし、必要事項(①氏名、②所属、③資格、
④メールアドレス、⑤査読付英語論文投稿の経験の回数 ⑥参加したいイベント)
をすべて記入の上申請してください。


※【申込みフォーム】←こちらをクリック


◆主催・問い合わせ先
主催: 早稲田大学 国際部国際課/早稲田大学 研究力強化本部
問い合わせ先: 研究力強化本部事務局
E-mail:  kenki-s@list.waseda.jp
協力会社:ThinkSCIENCE株式会社

 


« 一覧へ戻る