早稲田大学 研究力強化本部 【文部科学省 研究大学強化促進事業】

イベント・活動報告等

 平成27年度 【研究大学強化促進事業】UCバークレー・早稲田共同セミナ-〝Waseda-UC Berkeley Seminar on Political Economy in Asia-Pacific"(2015年12月10日開催)のご案内 

2015-11-09

このたび研究大学促進事業の一環として本学と米国カリフォルニア大学バークレー校との
共同セミナー、Waseda-UC Berkeley Seminar on Political Economy in Asia-Pacific"の開催が
決定いたしました。 下記のとおり開催概要をご案内させていただきますので、万障お繰り合わせ
のうえご参加頂ければ幸いです。

We are pleased to announce that “Waseda - University of California, Berkeley Joint Seminar on
Political Economy in Asia-Pacific” will be held on December 10, 2015, as part of the MEXT Program
for Promoting the Enhancement of Research Universities. This joint research project is co-chaired by
Professor Shujiro Urata, Graduate School of Asia Pacific Studies and Professor T.J. Pempel, University
of California, Berkeley. Please pre-resister if you are interested in joining the event.
(Please scroll down the message to reach event information in English.)

○日程:2015年12月10日(木)13:00~16:15
○会場:早稲田大学19号館711号室
会場のMAPはこちら

○言語:英語のみ(同時通訳無し)
○参加費:無料

○プログラム(予定): 
13:00~       開会のご挨拶 浦田秀次郎 教授(アジア太平洋研究科)
13:10~14:30  セッション1:政治・安全保障問題
モデレーター 植木(川勝)千可子(アジア太平洋研究科)
パネリスト:T.J.ペンペル(カリフォルニア大学バークレー校)
ジェームズ パトリック ボイド (アジア太平洋研究科)

14:30~14:45  休憩

14:45~16:05  セッション2: 経済問題
モデレーター 浦田秀次郎
パネリスト:ヴィノッド K. アガーワル (カリフォルニア大学バークレー校)
深川由起子(政治経済学術院)

16:05~16:15 閉会の辞 T.J.ペンペル 

*** Seminar Information ****

Date and Time: 13:00 – 16:15 December 10(Thursday), 2015
Venue: Room 711, Building 19, Waseda University

Language: English only (no interpreter services provided for this event)
Admission: Free

○内容

アジア太平洋地域は政治・安全保障および経済において大きく変容しつつある。政治・安
全保障では、南シナ海や東シナ海における中国のプレゼンスが増大し、日米同盟を中心に
築いてきた地域の安全保障体制に大きな影響を与えている。経済面では、5年以上の交渉の
のち大筋合意に達した環太平洋経済パートナーシップ(TPP)協定、2013年から交渉が
続いている東アジア地域包括的経済連携(RCEP)、中国が主導するアジアインフラ投
資銀行など、多様な連携が乱立している。本セミナーは、これらの動きを背景に、早稲田
学とカリフォルニア大学バークレー校の専門家が、米国、日本、中国に焦点をあて、アジ
ア太平洋地域における現状と今後の地域の平和と繁栄に向けた方途について議論する。


Overview:The Asia-Pacific region has been witnessing rapid and dramatic changes in
its political and economic landscapes in recent years. In the area of
politico-security, China’s presence has been increasing in South and East
China Seas, influencing the regional security system established mainly by
the US-Japan alliance. In the economic area, a number of new
developments regarding regional initiatives have emerged. They include the
conclusion of the Trans-Pacific Partnership (TPP) Agreement negotiations
after five difficult years, on-going negotiations of the Regional
Comprehensive Economic Partnership (RCEP) since 2013, and the
establishment of the China-led Asian Infrastructure Investment Bank
(AIIB) in 2015. In this seminar, the region's experts from UC Berkeley and
Waseda University will discuss the current political and economic
situations with a focus on the U.S., Japan, and China and the ways to
achieve peace, stability and economic prosperity in the region.

13:10-14:30 Political and Security Issues: T.J. Pempel (UC Berkeley), Chikako Ueki (Waseda), James Boyd (Waseda)
14:30-14:45 Coffee Break
14:45-16:05 Economic Issues: Vinod Aggarwal (UC Berkeley), Yukiko Fukagawa (Waseda), Shujiro Urata (Waseda)
16:05-16:15 Closing Remarks: T.J. Pempel (UC Berkeley)



◆パネリスト T.J.ペンペル

  カリフォルニア大学バークレー校ジャックM.フォーシー政治学教授。
 2001年から2006年までUCバークレー校東アジア研究所所長。コロンビア大学で博士号
 を取得後、コーネル大学東アジア研究プログラム所長、コロラド大学、ワシントン大学など
 これまでに発表した論文は120本以上、書籍は24点に上る。近著に、Security Cooperation
 in Northeast Asia (Routledge, 2012); The Economic-Security Nexus in Northeast Asia
 (Routledge, 2013),Japan in Crisis (ASAN, 2013) 、また、恒川惠市氏との共編著 Two
  Crises; Different Reactions: East Asia and Global Finance
(Cornell UP)などがある。

   

T. J. Pempel is the Jack M. Forcey Professor of Political Science at the University of California, Berkeley. He has also held positions at Cornell University, the University of Colorado, the University of Wisconsin and the University of Washington. From 2001 until 2006 he was the director of Berkeley’s Institute of East Asian Studies. His research focuses on comparative politics, Japanese political economy, and Asian regional issues. Recent books include Security Cooperation in Northeast Asia (Routledge, 2012); The Economic-Security Nexus in Northeast Asia (Routledge, 2013), and Japan in Crisis (ASAN, 2013) and, in 2015, a co-edited volume with Keiichi Tsunekawa entitled Two Crises; Different Reactions: East Asia and Global Finance (Cornell UP).

 
       


◆パネリスト ヴィノッド K. アガーワル


  カリフォルニア大学バークレー校政治学部教授。トラバース・ファミリー・シニアフェロー
 バークレー校アジア太平洋経済協力研究センター所長、同校ハース・スクール・オブ・ビジ
 ネス客員教授。中央大学校(韓国)グローバルスカラー。学術ジャーナルBusiness and
  Politicsの編集長を務める。これまで21点以上の編著と100本以上の論文等を発表。
 近著にResponding to China’s Rise: US and EU Strategies(サラ・ニューランドとの共編
 著)がある。ミシガン大学で学位を取得後スタンフォード大学で修士および博士号を取得。

   

Vinod K. Aggarwal is Professor at the University of California, Berkeley in the Travers Department of Political Science where he holds an endowed Travers Family Senior Fellowship. He is also an Affiliated Professor at the Haas School of Business, serves as Director of the Berkeley Asia Pacific Economic Cooperation Study Center, and is a Global Scholar at Chung Ang University.  He is the Editor-in-Chief of the journal Business and Politics and the author or editor of 21 books and over 100 articles and book chapters. His most recent book is Responding to China’s Rise: US and EU Strategies (edited with Sara Newland).  He received his B.A. from the University of Michigan and his M.A. and Ph.D. from Stanford University.

 
   


◆モデレーター 浦田秀次郎(うらた しゅうじろう)


  早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授.慶應義塾大学経済学部卒、スタンフォード大
 学Ph.D(経済学)取得.ブルッキングズ研究所研究員、世界銀行エコノミストなどを経て、
 2005年より現職.東アジア・ASEAN経済研究センター(ERIA)シニア・アドバイザー、日
 本経済研究センター特任研究員、経済産業研究所ファカルティ・フェローを兼務.専攻は
 国際経済学.著書に『国際経済学入門(第2版)』(日本経済新聞社、2009年)、『日本
 のTPP戦略:課題と展望』(共編著、文眞堂、2012年)、『アジア地域経済統合』(共
 編著、勁草書房、2012年)、『ASEAN経済統合の実態』文眞堂、2015年(共編著)など.

   

Shujiro Urata is Professor of Economics at Graduate School Asia-Pacific Studies, Waseda University, Faculty Fellow at the Research Institute of Economy, Trade and Industry (RIETI), Research Fellow at the Japanese Centre for Economic Research (JCER), Senior Research Advisor, Economic Research Institute for ASEAN and East Asia (ERIA). Professor Urata received his Ph.D. in Economics from Stanford University. He specializes in international economics and has published a number of books and articles on international economic issues. His recent co-edited books include Free Trade Agreements in the Asia-Pacific, World Scientific, 2010, Economic Consequences of Globalization: Evidence from East Asia, co-editor, Routledge, 2012.

 
       


◆モデレーター 植木(川勝)千可子


  早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授。国際安全保障学会理事。専門は、政治学、
 国際関係論、安全保障論、東アジアの国際関係と安全保障。マサチューセッツ工科大学
 (MIT)博士(Ph.D. 政治学)。上智大学大学院修士(国際関係論)、同大外国語学部フ
 ランス語学科卒業。朝日新聞記者(政治部等)、MIT助手、北京大学国際関係研究所客
 員研究員、防衛省防衛研究所主任研究官などを経て、2008年から現職。著書に『平和
 のための戦争論―集団的自衛権は何をもたらすのか?』(ちくま新書、2015)、『北東ア
 ジアの「永い平和」—なぜ戦争は回避されたのか』(勁草書房、2012)、The U.S.-Japan
 Security Alliance: Regional Multilateralism(Palgrave、2011)など。

   

 Dr. Chikako Kawakatsu Ueki is Professor of International Relations at the Graduate School of Asia-Pacific Studies (GSAPS), Waseda University. Her areas of expertise include causes and prevention of war and East Asian international relations with a special focus on U.S.-Japan-China relations. Prior to joining GSAPS, Dr. Ueki was Senior Research Fellow at the National Institute for Defense Studies, Visiting Scholar at Peking University, and Staff Writer for Asahi Shimbun. She holds a Ph.D. in Political Science from Massachusetts Institute of Technology (MIT) and M.A. in International Relations and B.A. in French Studies from Sophia University. Her publications include: War Studies for Peace (2015); The Long Peace” in Northeast Asia: War Avoided (2012); and The U.S.-Japan Security Alliance: Regional Multilateralism (2011).

 
       

      
◆パネリスト 深川 由起子(ふかがわ ゆきこ)


  早稲田大学政治経済学部教授。早稲田大学政治経済学部卒、Yale大学大学院(MA)、早稲
 田大学大学院商学研究科博士課程修了。韓国などを中心に東アジアの貿易と経済発展を専
 攻。東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授を経て2006年より現職。2014年に
 Cambridge大学訪問研究員、2015年現在は韓国・延世大学訪問教授。日本学術会議会員。
 共編著に『これからの日本の国際協力』、日本評論社、2015年、『日韓新時代と経済協
 力』、慶應義塾大学出版会、2012年、『グローバリゼーションとアジア地域統合』、勁草書
 房、2012年など。

   

Yukiko Fukagawa is currently a Professor, School of Political Science and Economics, Waseda University and a Visiting Professor, Graduate School of International Studies, Yonsei University. After undergraduate program at Waseda, she studied at Yale University for MA in International Development Economics, and finished Ph.D program at Waseda Graduate School of Business Studies. Her major interest lies in economic development in East Asia, especially Korea.She worked for the University of Tokyo before coming back to Waseda.
She served as the Chairman of Economic Section in “Japan-Korea Joint Study for the New Era” project opened in 2013. Her recent publication includes Northeast Asia and Japan-Korea Relations in Post Financial Crisis (2013), co-ed with Yul Sohn, Institute of Asia Studies, Waseda University, and “Converging Institutions in Integration in Asia” (2012), in Urfa ends, Globalization and Regional Integration in Asia, Keiso Shobo 2012.

 
       


◆パネリスト ジェームズ パトリック ボイド


  早稲田大学アジア太平洋研究科助教(政治学)
 2012年マサチューセッツ工科大学より博士号を取得、2013年より現職。日本の戦後政治、
 ナショナリズム、アジア太平洋の国際関係、日本の外交と安全保障政策、日米関係などに
 ついて研究。『Policy Studies』、『Asia Policy』、『East Asia Forum』、『論座』などで発表し
 た論文がある。

 

PR Specialist, Mitsubishi Electric International (1996-1999)
Teaching & Research Assistant, MIT Department of Political Science Public Relations Department (2000-2006)
Research Associate, School of International Liberal Studies, Waseda University (2006-2011)
Research Associate, Open Education Center, Waseda University (2011-2013)
Assistant Professor, Graduate School of Asia-Pacific Studies, Waseda University (2013-present)

   
       





◆ 申込締切期限 12月4日(金)※応募は締め切りました。
◆申込方法 以下の申込みフォームをクリックし、必要事項(①メールアドレス②氏名③所属④資格
をすべて記入の上申請してください。

※【申込みフォーム】←こちらをクリック
■招待者:今回のワークショップは共同研究創出が目的であるため
パネリスト教員と対等の立場で研究内容にかかる議論ができる方を
ご招待しております。


【主催・お問合せ先】

主催:早稲田大学研究力強化本部

協力:カリフォルニア大学バークレー校日本研究センター
日米研究インスティテュート(USJI)
早稲田大学研究院
早稲田大学アジア太平洋研究科
早稲田大学政治経済学術院
早稲田大学 高等研究所
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
早稲田大学研究力強化本部 Research Enhancement Head Office
TEL:03-5272-4637
FAX:03-5286-8380
E-Mail:IRP-S@list.waseda.jp 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
(PDF)Waseda and UC Berkeley Seminar on Political Economy in Asia-Pacific)

(PDF)早稲田・カリフォルニア大学バークレー校共同セミナー

« 一覧へ戻る