早稲田大学 研究力強化本部 【文部科学省 研究大学強化促進事業】

イベント・活動報告等

若手研究者論文作成支援セミナー(個別指導)報告

早稲田大学研究力強化本部の取組としてトップジャーナルのエディター経験
を持つ著名な研究者を海外から招へいし各自が作成した論文を素材に講師から
直接個別指導を受けるプログラムが開催されました。




指導者  Prof. Maciej Ogorzalek氏 (右)
※ポスターはこちら


参加者からのコメント

●単なる英文添削は、たいていの場合校閲業者に頼みますのでそれで事足りますが、
 論文のeditorの経験のあるオゴルザレク先生にreviewingのプロセスについての
 詳細を聞くことが出来たのは非常に参考になりました。

●オゴルザレク先生自身の経験や、現在の科学界の問題などの語っていただき、
 非常に良い経験をさせて頂きました。

●英語論文執筆の技術を体系的に教わった経験がなく、経験豊かな先生から直接の
 コメントが頂ける貴重な機会であった。

●論文を幾多と見られてきた先生から、良く書けているよとポジティブなコメント
 をいただき、自信になりました。

●論文出版は、研究キャリアに決定的に重要であり、1年の中でもっとも時間を
 かけている仕事であるにも関わらず、学位を既にもっている研究者には、論文
 指導を受けるチャンスは私の分野ではほとんどありません。今回のような機会は
 絶好の機会であると考えたため。

●チーフ・エディター、エディターが論文のどのような視点をもってチェックして
 いるかがわかった。

 2014年3月18日(火)、19日(水)、20日(木)、25日(火)、26日(水)のいずれか
(理工系の英語論文を投稿した経験のある本学教職員および博士後期課程の学生対象)

« 一覧へ戻る