早稲田大学 研究力強化本部 【文部科学省 研究大学強化促進事業】

イベント・活動報告等

若手研究者論文作成支援セミナー(第1回 3/24)報告

早稲田大学研究力強化本部の取組としてトップジャーナルのエディター経験 を持つ著名な研究者を海外から招へいして3回にわたる講演を開催いたしま した。
第1回目は"Best practices for writing a agood research paper"と題した 講演が行われ、優れた論文作成のコツを中心とした講師の豊富な経験を分か りやすく
語っていただきました。 海外学術雑誌への論文採択を目指す若手研究者を中心に多くの参加者が熱心 に講師の講演に耳を傾けていました。



講演者 Prof. Maciej Ogorzalek氏
講演タイトル:“Best practices for writing a good research paper”
※ポスターはこちら



参加者からのコメント

●論文がどのように査読されるかが分かった。Introduction, Abstractなど  editorたちに向けて
わかりやすく書くポイントが分かった。

●ジャーナルの世界での常識とされる用語を知ることができた。

●論文の重要性を改めて実感する内容と思いました。
特に若手研究者や学生  にはこのようなベーシックな教育をこれからも行うべきと思います。

●Editor側からの視点は新鮮で大変勉強になりました。

●ご自身の経験に基づいた実践的な内容で役に立つと考えます。

3月24日(月)11:00~12:30
9号館5階 第一会議室 (早稲田キャンパス)にて

« 一覧へ戻る