「早稲田大学 東日本大震災復興研究拠点」設立について

  早稲田大学は、東日本大震災の被災地地域復興に貢献するため、知的共同体としての叡智を結集した中長期の研究プロジェクトとして、下記3プロジェクト7課題からなる「早稲田大学 東日本大震災復興研究拠点」(拠点責任者:深澤良彰・研究推進部門総括理事)を設立しましたので、お知らせいたします。

  早稲田大学の研究者を対象に東日本大震災の復興に資すると同時に、他地域での同様な災害による被害の最小化等にも貢献できうる課題を4月4日~4月13日まで公募し、審査の結果、下記の通り「医療・健康系」「インフラ・防災系」「都市計画・社会システム系」の3プロジェクトで7課題を選定、これらを合わせて「早稲田大学 東日本大震災復興研究拠点」としました。同拠点の活動には、WASEDAサポーターズ倶楽部の支援も受けて、大学は、年間最大2000万円を3年間助成します。

  また、上記の3プロジェクトとは別に、短期研究プロジェクト(特定課題A 一般助成≪震災調査・研究≫)も14件採択しており、こちらは研究実施期間1年、資金助成期間1年(1プロジェクト当たり上限50万円)となっています。

  • 東日本大震災復興研究拠点
  • ①医療・健康系復興研究プロジェクト
       研究代表者:浅野茂隆(理工学術院教授)
        研究課題:大震災がもたらす健康被害の予防へ向けた科学的・社会的対応のためのニーズ調査研究
  • ②インフラ・防災系復興研究プロジェクト
       研究代表者:柴山知也(理工学術院教授)
        研究課題:東北地方太平洋沖地震津波の被災分析と復興方略研究
       連携研究者:香村一夫(理工学術院教授)
        研究課題:東日本大震災復旧・復興に向けた環境診断および対策技術の提言
       連携研究者:松岡俊二(国際学術院教授)
        研究課題:複合巨大クライシスの原因・影響・対策・復興に関する研究―原子力災害とリスクガバナンス
  • ③都市計画・社会システム系復興研究プロジェクト
        研究代表者:中川武(理工学術院教授)
         研究課題:文化遺産から学ぶ自然思想と調和した未来型復興住宅・都市計画に関する総合研究
        連携研究者:浦川道太郎(法学学術院教授)
         研究課題:早稲田大学東日本大震災復興支援法務プロジェクト
        連携研究者:早田宰(社会科学総合学術院教授)
         研究課題:大規模災害への復元力のある新たなグローバル社会システムの再構築

  • ※短期研究プロジェクト(特定課題A 一般助成≪震災調査・研究≫)採択課題一覧はこちらから

このページの先頭へ