本文へスキップ

次代の社会システムを創造する Waseda Institute of Medical Anthropology

研究所案内 About Us

研究テーマ Research Purpose

東日本大震災大震災を契機に提示されたさまざまな身体・心理・社会・文化的課題を追求し、環太平洋地域において繰り返される自然災害・人為災害からの回復・復興に資する、広い意味での応用医療人類学に基づく調査研究をおこない、その知見を日本国内外へ発信する。

The impact of the Great East Japan Earthquake (GEJE) arose severe worldwide complex issues surrounding our contemporary world.  The mission of our research institute is to evaluate medical, mental health, socio-economic, and cultural issues after natural and man-made disaster around pan pacific area, and also create solutions on disaster reconstruction with the scientific methods of applied medical anthropology.  We will present these achieved knowledge and opinions not only to Japanese government but also to the worldwide academic and political fields.


設立の経緯 Background of the establishment

本研究所は、早稲田大学総合研究機構プロジェクト研究所『医療人類学研究所』(2007〜2011年)所長を務めた菊池靖・早稲田大学名誉教授の発案で発足される。前研究所は、南米からの移民労働者の問題に焦点をあてていたが、本研究所は災害復興に特化した医療人類学研究所として発足される。
本研究所は、東日本大震災を契機に研究所代表者と早稲田大学人間科学学術院内の有志の教員らによって継続されてきた『災害と人間科学プロジェクト』の流れをくみ、その研究活動のコアとなるような機関としての役割を果たす。さらに、過去30年にわたり大規模な災害・紛争・トラウマの生存者に対する心身のケアに関して世界的にリーダーシップをとってきた、米国ハーバード大学難民トラウマ研究所(Harvard Program in Refugee Trauma; HPRT)と連携することで、国民的な観点から災害復興に向けた解決策を創出していきたい。
註)応用医療人類学:
人間の心身と周囲の環境との相互作用の全体を把握し、人間の生存の全体像を明らかにすることにより、よりよく生きる方法を探ることを目的とする応用学(波平、1994より)

This institute is established by the idea of Professor emeritus Yasushi Kikuchi who conducted the former project research institute that called “Institute of Medical Anthropology (2007-2011)” at Waseda comprehensive research organization.  The former institute focused on the issues of immigrant workers from South-America, and this institute will focus on disaster reconstruction.  This institute will become the core organization of “The Project of Disaster and Human Sciences” which has been continued researching after GEJE by volunteer professors at Faculty of Human Sciences, Waseda University.  In addition, it is important that we will collaborate with Harvard Program in Refugee Trauma (HPRT) in the U.S. which has made world leadership in the health and mental health care of survivors of mass violence, trauma, and disasters for the past thirty years, and we can create the solutions on disaster reconstruction from worldwide view.
Applied medical anthropology:
Applied medical anthropology aims to evaluate whole inter relationships between human beings and environment, and clarify the full picture of human existence and well-being.


研究概要 Outline of Our Research

これまでに『災害と人間科学プロジェクト』として、医療人類学・行動医学・臨床心理学・地域福祉学・発達行動学・建築環境心理学・公衆衛生学を包括した観点から、震災支援ネットワーク埼玉(SSN)やNHK福島放送局との共同で、埼玉県・東京都・福島県において避難生活を送る東日本大震災及び原発事故の被災者を対象にした大規模アンケート調査を実施してきた。
調査は、”被災状況、生活経済状況、こころとからだの状況、家族コミュニティの状況、住環境の問題、法律賠償問題”など、被災者の生活全般の課題を明らかにしたもので、研究成果はNHKスペシャル「福島の今を知っていますか」(2013年3月放映)や数多くの新聞記事、著書『ガジュマル的支援のすすめ』(早稲田出版)、雑誌「世界」の論文等として、また内閣委員会・国会での答弁、県・市町村自治体への意見書として政策提言に活用された。

研究代表者をはじめ多くの研究員は、1995年発災の阪神・淡路大震災における支援と調査の経験があり、2011年以降は福島を中心とした被災地、そして避難先である関東圏における支援とフィールド調査を継続して行ってきている。
招聘研究員として民間支援団体代表を招き、現場に密着した被災者主体となるための問題解決法を探索し、また被災地にて支援やフィールド調査を続けている開発人類学・建築人類学・文化人類学者や医師らを招いている。ハーバード大学難民トラウマ研究所(HPRT)とは最も重要なパートナーであり、日本のみならず北米・南米およびアジア太平洋地域を中心に国際的視野で災害復興に資する知見を生み出していきたい。

以下に、本研究所が視野としていれている研究の射程を示す。
 1.こころとからだの健康課題(震災関連死、トラウマ、放射線被曝の問題、など)
 2.人びとの絆・つながりと健康課題(健康情報、ソーシャル・キャピタルの問題、など)
 3.地域復興における福祉課題(人間関係、コミュニティ再建課題、など)
 4.子どもと家族をめぐる課題(子育て教育の問題、家族関係の再編の問題、など)
 5.住宅や周辺環境をめぐる建築課題(復興住宅問題、防災意識問題、など)
 6.地域文化・環境の継承と復興をめぐる課題(文化破壊・環境破壊の問題、など)
 7.補償や賠償に関する法的課題(生活再建に向けた法的整備の問題、など)
 8.民間団体による支援方略をめぐる課題(医療・心理・福祉・教育・法律分野の包括的支援策を探る)

“The project of Disaster and Human Sciences” have performed several large survey cooperated with Shinsai Shien Network Saitama (SSN) and NHK Fukushima broadcasting office on the victims of GEJE who are living in Saitama, Tokyo, and Fukushima prefecture.  We conducted these survey and research by the holistic scientific methods within Medical Anthropology, Behavioral Science, Clinical Psychology, Social Welfare, Developmental Human Ethology, Architect Environmental Psychology, and Public Health.  These survey evaluate whole life issues of the victims which include disaster stricken situation, socio-economic situation, physical and psychological statement, social capital, housing and environmental situation, and compensation issues.  The outcome of our research was presented as NHK documentary movie “Fukushima: Two Years Later” (March, 2013), a lot of newspaper articles, the book “GAJUMARU: Banyan Tree as Support model” (Waseda Inc.), articles in the Journal “SEKAI”, speech at the Cabinet Committee and the National Assembly, and written opinion to the prefectural and municipal governments.

 Many of our research staff had experiences of supporting and researching after Great Hanshin Kobe Earthquake in 1995.  After GEJE we continued to conduct support and field work research at disaster area mainly at Fukushima, and also at Saitama, Tokyo as evacuating area.  We invited as adjunct researchers the representatives of private support groups in order to create problem-solving method for the victims mainly, additionally several professionals at the subjects of development anthropology, architectural anthropology, cultural anthropology and medical doctor who are performing field research and support victims.  Harvard Program in Refugee Trauma (HPRT) is the key partner to establish the knowledge of solution on disaster reconstruction from worldwide view around pan pacific area. 

Research fields of our institute:
1. Physical and psychological health issues (disaster related death, trauma, radiation exposure, etc.)
2.Human and social network and health issues (health information, social capital, etc.)
3.Social welfare of the provincial reconstruction issues (human relationship, recovery of community network, etc.)
4.Family and children issues (raising children, education, restructuring of family relationships, etc.)
5.Architectural issues over the surrounding environment and housing (temporary housing, disaster public housing, awareness of disaster prevention, etc.)
6.Reconstruction and inheritance issues of the local culture and environment (destruction of the environment and culture, etc.)
7.Legal issues related to compensation and compensation (Legal development for life reconstruction, etc.)
8.Support strategies by private organizations (comprehensive support of medical, psychological, welfare, education and the legal field, etc.)

WIMA Holistic Action Research Model


研究計画 Project scheme

1年目(2014年10月〜2015年9月):
2014年3月(東日本大震災後3年目)に埼玉県・東京都で行った調査[3599世帯)を解析。1ヶ月に1度の小規模(学内研究所員中心)の調査結果検討会を行い、3ヶ月に1度の中規模(学内研究所員+学外招聘研究員合同)のワークショップを開催し、問題点を整理し解決法を議論する。初年度は、研究所員・招聘研究員同士の研究発表と交流を主とする。

2015年3月には、震災後4年目の同規模の調査を実施する。この間、「精神的苦痛の問題、県外復興住宅の問題、避難区域線量設定の問題、等々」時宜に合ったデータを集計し、考察した結果を、社会に対してプレス・カンファレンスや意見書・陳述書という形で政策提言していく。

2年目(2015年10月〜2016年9月):
2016年3月実施を目標に、震災後5年目の「大規模調査(福島県避難者全域調査)」を行うべく、助成金確保および実施方法も含めた準備を重ねる。実施後は、研究成果の解析を共同で検討するために、3ヶ月に1度の招聘研究員を交えての中規模ワークショップを継続させる。必要に応じて、外部講師をお呼びして講義及びディスカッションを行う。

3年目(2016年10月〜2017年9月):
震災後5年目の大規模調査や、これまでの5年間の各研究院のフィールドワーク調査結果をベースに、海外より各分野の専門家を招待し『国際災害復興ワークショップ』を開催し、グローバルな観点から災害復興について議論する。
 1)災害復興を阻む要因の同定
 2)災害復興を促進させる要因の同定
 3)災害の種類による相違点の同定
 4)国家や文化差による相違点の同定
 5)災害復興に資する普遍的かつ包括的な方略の策定
等を議論・整理し、国内外へ政策提言を行うことを目的とする。

4年目(2017年10月〜2018年9月):
『国際災害復興ワークショップ』で議論した内容をまとめて執筆。英語と日本語それぞれの書籍として出版する準備を行う。

5年目(2018年10月〜2019年9月):
書籍の出版記念講演会・シンポジウムを広く開催し、研究成果を社会にアピールしていく。



災害復興医療人類学研究所

〒359-1192
埼玉県所沢市三ヶ島2−579−15

TEL 04−2947−6901