早稲田大学 『災害復興医療人類学研究所』
Waseda Institute of Medical Anthropology on Disaster Reconstruction
本文へスキップ

Waseda Institute of Medical Anthropology

Research Purpose

東日本大震災を契機に提示されたさまざまな身体・心理・社会・文化的課題を追求し、環太平洋地域において繰り返される自然災害・人為災害からの回復・復興に資する、広い意味での応用医療人類学に基づく調査研究をおこない、その知見を日本国内外へ発信します。

The impact of the Great East Japan Earthquake (GEJE) arose severe worldwide complex issues surrounding our contemporary world. 

The mission of our research institute is to evaluate medical, mental health, socio-economic, and cultural issues after natural and man-made disaster around pan pacific area, and also create solutions on disaster reconstruction with the scientific methods of applied medical anthropology.  

We will present these achieved knowledge and opinions not only to Japanese government but also to the worldwide academic and political fields.  

お知らせtopics

第1回公開研究会開催   「復興にむけた多面的ヴィジョン」


日時:2015年02月28日(土曜日)

場所:早稲田大学国際会議場
3階第1会議室

災害復興医療人類学研究所について


活動報告を更新しました。

新着情報news

2015年2月28日
第1回公開研究会を開催いたします。右上バー「シンポジウム/研究会のご案内」をご参照下さい
2015年01月20日
新聞NEWSでの研究紹介のページをアップし、情報を更新しました。
2014年10月02日
サイトをオープンしました。

災害復興医療人類学研究所

〒359-1192
埼玉県所沢市三ヶ島2−579−15
辻内研究室内

TEL/FAX 04‐2947‐6901

newpage2.htmlへのリンク