WASEDA'S Health Studyとは?

ごあいさつ

WASEDA'S Health Studyを開始するにあたって

心筋梗塞や脳梗塞、肥満、糖尿病、高血圧、がんなど生活習慣病や寝たきりを予防することは、本人のみならず家族が健やかに人生・生活を過ごしていくためには極めて重要です。こう言った病気は様々なライフスタイル(生活習慣)と密接な関わりがあると考えられています。

運動やスポーツ、座り過ぎの生活、食事、ストレスなど様々なライフタイルが、がんなどの生活習慣病にどのような影響をあたえているのかを解明することは、生活習慣病予防法を進展させるために大変重要です。また、生活習慣病におけるライフスタイルの影響をしっかりと見極めるには、人々を長期間観察することで、科学的に精査してゆくことが必要です。

そこで、早稲田大学校友の皆様の元気で長生き(がんや心臓病などで亡くならない、寝たきりや認知症にならない等)の秘訣を、ライフスタイル(運動やスポーツ、座りすぎの生活、食事、ストレスなど)の観点から明らかにすることを主な目的として、20年間に渡る長期研究を立ち上げました。

20年間という長期にわたる追跡調査を通じて、校友のみならず、日本国民の今後の疾病予防や寝たきり予防、ストレス対策に役立つ貴重なデータを社会に提供していきます。

本研究の趣旨を、多くの方にご理解いただき、皆様方ご自身の健康への意識を高めて頂くと共に、今後の更なる早稲田大学の発展のためにもご協力頂きたく、どうぞよろしくお願い申し上げます。

研究代表者/早稲田大学スポーツ科学学術教授
岡浩一朗

WASEDA'S Health Studyとは、何ですか?

  • Waseda Alumni's Sports, Exercise, Daily Activity, Sedentariness and Health Studyの略です(通称:早稲田大学校友を対象とした健康づくり研究)
  • 早稲田大学校友の皆様の元気で長生き(がんや心臓病などで亡くならない、寝たきりや認知症にならない等)の秘訣を探るための研究プロジェクトです
  • ハーバード大学でも、同窓生(男性のみ)を対象にした同様の研究(Harvard Alumni Health Study)が行われており、本研究はそれに匹敵する優れた研究を目指しています
  • 校友会と連携するとともに、公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター(奥島孝康理事長)と共同でプロジェクトを進めていきます

 

WASEDA'S Health Studyには、誰が参加できますか?

本研究では、40歳以上の校友の方々が対象となります。また、参加される方の配偶者(特に校友である必要はありません)も参加することが可能です。

WASEDA'S Health Studyに申し込むと、どのようなことをしますか?

  • 本研究では、AコースからDコースの4つのコースの中から、ご希望されるコースを1つ選んでご参加いただきます。各コースの詳細は、各コースの説明ページをご覧ください(下の各コースのボタンをクリックしますと、各コースの説明ページに進めます)
    • Aコース:インターネットによる健康調査(①)
    • Bコース:①+郵送による活動量計調査(②)
    • Cコース:①+②+全国拠点での健康診断
    • Dコース:①+②+所沢キャンパスに来校しての健康・体力測定
  • 全コースで、5年ごとに同じ内容の調査・測定の参加をお願いします。
  • 健康関連情報(疾病罹患、介護認定、死亡情報など)については、1年ごとにご報告いただき、長期間(20年間)にわたって追跡調査を行います。

WASEDA'S Health Studyには、どのように申し込めばよいですか?

  • 「WASEDA’S Health Study」のホームページ(https://wasedas-health-study.jp/)に直接アクセスいただき、参加ボタンを押してください。 また、早稲田大学校友会のwebサイトのリンクからも参加いただけます。
  • WASEDA'S Health Studyプロジェクト事務局から、eメールまたはお電話にて、その後の手続きに関する連絡をさせていただきます。