所長あいさつ

ごあいさつ

 このたび、早稲田大学名誉教授 山本哲三先生から所長(早稲田大学研究推進機構 水循環システム研究所)の重責を引き継ぐことになりました。
 研究所のメイン・テーマは変わらず、我が国の上下水道事業が置かれた現状を正確に把握し、その課題と対策を検討し、上下水道事業の持続可能性と産業としてのその成長可能性を探ることです。具体的には、上下水道事業が抱えている当面の課題たる広域化とコンセッションを、主に社会科学的に分析することを研究の主目的にしています。
 当然のことながら、研究・分析作業は中立的・客観的でなければなりませんが、その研究蓄積をもって、非営利機関の立場から、中央政府・地方公共団体が抱えている水道事業の具体的な問題についても、共同研究、受託研究等のかたちで、コミットメントを行いたいと考えています。
研究所は、上下水道事業に関する不断の情報発信をこころがけて参りますが、民間水道関連事業者を含め、公共部門の水道事業関係者の皆さまにおかれましても、問題の大小にかかわらず、お気軽に当研究所にアクセスしてくださりますようお願い申し上げます。
社会科学系の上下水道事業に関する研究所として、日本で唯一から随一になりますよう活発に活動してまいりますので、皆様のご支援・ご協力のほど、どうかよろしくお願いいたします。

 早稲田大学
水循環システム研究所 所長
高瀬浩一