早稲田大学演劇博物館

舞台芸術・芸能関係映像の
デジタル保存・活用に関する
調査研究事業

事業概要

 古典芸能から近現代演劇、舞踊に至る多様な舞台芸術・芸能を収録した記録映像は、個々の上演の実際(作品の全体像および演出、演技、装置、照明等の諸要素)と上演当時の文化的・社会的状況を伝える重要な文化資源であると同時に、演劇学・映像学における学術的価値は計り知れません。しかしながら保存が各劇団や上演主体に委ねられているため、デジタル化がなされないまま経年劣化の危機に晒されているものも多くあります。文化資源の保護と学術調査の深化のためにデジタル化と長期保存の方法を確立することは喫緊の課題です。

 早稲田大学坪内博士記念演劇博物館は、平成26年度に文化芸術振興費補助金(美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業)(2次募集)に採択され、「舞台芸術・芸能関係フィルムのデジタル保存・活用に関する調査研究事業」を行なってきました。当事業の主たる目的は舞台芸術・芸能関係の記録映像に適した保存媒体や保存方法を見出だし、デジタル化と長期保存の方法について、現時点で実現可能な一定の方針を打ち出すことにあります。また、その活用方法についてもモデルプランを作成し、上記の指針とともに各劇団や施設に対して提案し、貴重な文化資源でありながら残存率の低い舞台芸術・芸能関係の保存と活用を促進し、未来への継承を推進していくことが目指されます。


平成26年度実績

 平成26年度は以下の三つの活動を実施しました。

(1)舞台芸術・芸能関係映像資料所蔵状況調査アンケート
 東京圏を中心に約570箇所の劇団・劇場・ホール・文化施設に対し、舞台芸術・芸能関係映像資料の有無、数量、保存媒体、保存状況等についてのアンケート調査を行ない、現状と課題を把握しました。舞台芸術の記録映像の際立った特徴として、VHSを中心にベータ、miniDV、Hi8等、非デジタル・非フィルム媒体によって保存された映像が多数にのぼることが明らかとなりました。

(2)デジタル映像の長期保存と利活用および著作権処理に関する研究会の開催
 次のとおり専門家を招聘し、連続研究会を開催しました。東京国立近代美術館フィルムセンター主任研究員とちぎあきら氏からは、白黒フィルムを長期保存媒体とする先端的な実験について、東京芸術大学・佐藤正人教授と馬場一幸教授からは撮影や長期保存に関する考え方や先端技術について、JVCケンウッド・シニアスペシャリストの石井幹十氏からはVHSの修復とデジタル化・保存の方法の多様性等について、著作権専門弁護士・福井健策氏からは、複数の著作権が含まれる舞台映像の著作権処理の方法や考え方・課題について、NHK放送技術局運行技術部・青木知偉氏からは、NHKアーカイブスにおけるテレビ映像の保存についてそれぞれお話しをいただき、舞台映像のデジタル化をめぐる諸問題について議論を深めました。

(3)舞台芸術・芸能関係映像の試験的デジタル化
 大阪芸術大学太田米男研究室が所有する初期テレビ映画『ロッパの水戸黄門』(昭和35-36放映)16㎜フィルム、平成12年に主宰の東由多加氏が死去し活動を停止した東京キッドブラザースの舞台映像、平成27年1月に閉館した青山劇場の舞台記録映像など、撮影時期や種類の異なる稀少度の高い映像資料を選択して試験的にデジタル化を行ない、ストレージへの保存を行ないつつ、その活用方法を検討しました。


平成27年度実績

(1)舞台芸術・芸能関係映像資料所蔵状況調査アンケート
東京圏を中心とした平成26年度に続き、平成27年度は全国に範囲を広げたアンケート調査を実施しました。
(2)デジタル映像の長期保存と利活用および著作権処理に関する研究会の開催
平成27年度は研究会「舞台映像の継承のために」、シンポジウム「舞台芸術のアーカイブをめぐって」、成果報告会『夏芝居ホワイト・コメディ』上映会&トークの三つのイベントを公開で行いました。各イベントの詳細については「研究会・シンポジウム」のページをご覧ください。
(3)舞台芸術・芸能関係映像の試験的デジタル化
平成27年度は撮影時期や媒体、資料の稀少度や損傷度、権利関係の処理の可能性などを勘案し、「有楽町マリオン寄席」(VHS、45本)、劇団「地点」上演記録映像(miniDV、37本)、『想い出の日本一萬年』等渡辺美佐子氏寄贈資料(1/2インチオープンリール、19本)の試験的デジタル化を実施しました。資料の一部は演劇博物館で公開しています。