早稲田大学 スポーツMBA Essence

menu

受講者の声

Q1: SMBAEの講義についての感想

スポーツビジネスの最前線で活躍する講師とのFace to Faceのコミュニケーションを通して、実践で活きるさまざまな気づきや情報を得ることができることが最大の魅力。毎回講義の3時間は「あっ」という間の濃密さ。半年間のカリキュラムは「スポーツビジネス」の幅広い領域を網羅しており、業界の全体像や現状の課題、今後の可能性などを把握することもできる。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

講義終了後に毎回1時間限定で開催される懇親会は、公私にわたりさまざまな情報交換を行うことができる、もうひとつの「隠れカリキュラム」。真剣なビジネスの相談、ディスカッションから、砕けた話まで。半年間、毎週顔を合わせるからこそできる、ビジネスよりは少し近くて、何より本音で語れる受講生・教員とのネットワーク。ここで培った人脈は今後の人生において、利害を超えた掛け替えのないものになりそうです。

Q1: SMBAEの講義についての感想

歴史的背景や組織、新規事業、経済効果など幅広い内容の講義を通じ、現在のスポーツビジネスを取り巻く環境の全容を受講することができる密度ある講義です。特に社会貢献の講義の際に出た、「何を目標として、誰をターゲットにするか」というキーワードが印象的でした。自身は広報室に所属。”会社の発展的な”下支え役ですが、様々な活動に着手する前に目標値をひとつひとつ明確にし、自分事として取り組むことの重要性を再認識できました。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

コンパクトな人数(30名程度)と教室にて、受講生同士は良い意味でざっくばらんに会話できます。また、様々な企業や目的で受講しているため、多角的な視点からスポーツ分野の企業の取組みやマーケット状況など、貴重な情報交換が可能。教員へいつでも質問が可能で、真摯に向き合ってもらえます。今抱えている問題、悩み、将来目標など、真剣に相談できる環境が整っています。

Q1: SMBAEの講義についての感想

興味がありながらもきちんと学ぶのは初めてなことばかりでしたが、どの講義も興味深く、時に難しい内容もグループワークやディスカッションを通して楽しく学んでいます。回を重ねるごとにもっと深く学びたいと思うようになり、また受講前にはそれほど気になっていなかったトピックにもどんどん興味が湧いてきて、同時にスポーツビジネスの難しさや厳しさも知り、この先自分はどうしていきたいのか、と真剣に考える日々です。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

スポーツビジネスを学びたい、という同じ志を持って集まった仲間と打ち解けるのにそれほど時間はかかりませんでした。意外な共通点が見つかったり、仕事やプライベートの悩みまで聞いてもらったり。スポーツイベントに関する様々な情報が飛び交い、授業以外でもよく一緒に過ごしています。講義後の懇親会で、先生方とも時間が足りなくなるほど熱く語り合うのも毎回の講義の楽しみです。

Q1: SMBAEの講義についての感想

楽しく受講させて頂き期待以上の内容です。 毎回、個性の強い講師の方からの講義はスポーツを中心とした最新の情報をご提供頂き 3時間はあっという間に過ぎ、自分自身も大きな気づきを受けています。各所から参加され ている受講生とのグループワークはとても刺激的で発想の豊かさに驚き刺激をもらって います。ここで得た知識、繋がりをこれからの業務に活かして行こうと考えます。 素晴しいプログラムを展開して頂き有り難うございました。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

30数名と少数で実施される講義、そして毎回の反省会? 回数を重ねる毎に受講生、教員のスポーツに対する熱い思いをヒシヒシと感じています。 年齢、性別を超えた、同じ思いを持ちながら通常では出合うことのできない仲間と繋がる ことができました。 SMBAE期間だけでなく、これから長くスポーツの為に力を借りられる仲間達を得られた ことが最大の成果ではないかと思います。

Q1: SMBAEの講義についての感想

スポーツの歴史からマーケティングや法律など幅広い分野の知識に加え、実際にスポーツビジネスの現場でご活躍の実務家の方々の講義からリアルタイムな情報まで聞くことができ、ビジネスに直結した知識を体系的に学べる非常に充実したプログラムだと思います。 毎週、月曜日の夜が待ち遠しく、3時間では短すぎると感じるほど有意義な時間でした。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

スポーツを共通点に能動的に学ぶ意識を持って集まっているため受講生同士や教授の方々との距離感が非常に近くフレンドリーだと思います。 それぞれがスポーツに対して違ったフィールドで異なる関わり方をしているメンバーとの交流を通じて講義で学ぶ以外の情報交換ができることも魅力の1つだと思います。 プログラムが終了した後も、継続的に関係性を保っていきたいと思えるメンバーに出会えた素晴らしい空間でした。

Q1: SMBAEの講義についての感想

初めての講座ということで、受講側にも、運営側にも、何を学び、何を残し、何を生かすのか、手探りであったと思う。スポーツビジネスの実践者が次々と課題や現状を持ち込むというよりは、基本的にアカデミックなアプローチが主体だったと思う。従って、スポーツビジネスのキャリアに直結するというよりは、現にスポーツ周辺の仕事に関わっている方が、仕事の厚みと幅を広げるほうが合っていると感じた。いずれにせよ、自分が掘り下げたい分野を意識して講義を受けることが、以降の受講生にも重要と感じた。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

スポーツビジネスに関わる様々な分野の講師陣が、2時間半の講義時間にエッセンスを盛り込む工夫をしていただき、多くの講師が講義時間後の懇親会にも参加された。ただ、その時間の中で消化されるというよりは、講義をキッカケに、講師と繋がりを持ち、働き掛けることが必要と感じた。また、受講生は、様々なバックボーンとビジネス環境を持っているので、仕事やキャリアの幅を広げるために、相互に生かし合う関係は作れると思う。

Q1: SMBAEの講義についての感想

内容の濃さ、質の高さに驚いた。私は早稲田大学ビジネススクール、学会等で4年余りスポーツマーケティングを研究してきたが、その間の学びの主要な部分がほとんど網羅されており、さらに新たな学びも多くあった。まさにスポーツマネジメントのエッセンスが 凝縮されていると思う。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

〇教員との関係 著名な講師外部のセミナーであれば、多数の聴講者がおり名刺交換も難しいような著名講師の講義を少人数で受けることができ、自由に質疑応答ができることは魅力的だった。また、講義後の懇親会でさらに掘り下げた意見交換ができたことは、今後の財産になると思う。(実際、先生に仕事関連のお願いを聞いていただきました。) 〇受講生との関係 様々な年齢、職業の受講生がおり、活発に意見交換できる関係が心地よかった。また、 スポーツイベントやセミナーの情報が共有され、共に学び、共に飲み、共に語る関係が構築されており、刺激的だった。

Q1: SMBAEの講義についての感想

毎回、日本における各分野のスペシャリストの話が聞けるのが最大の魅力。 早稲田大学でなければ出来ない企画だと思います。 私は高等教育の”同業者”ですが、募集要項を見てその魅力に惹かれました。 受講者も同年代の層(30〜40代)が多く毎回楽しく授業を受けています。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

全員社会人であり、ある程度の経験年数を経ている方が殆どであることから、 教員や受講者の枠を感じさせない場面が多々あります。雰囲気的に産学協同 プロジェクトや異業種コラボレーションが幾つも生まれそうな気がします。

Q1: SMBAEの講義についての感想

スポーツ、ビジネスに関することを半年間で広く学べる、とてもいい機会でした。 特に新規事業戦略のお話や、スポーツスポンサーシップの講義はとても興味深かったです。 また、各授業に関係する書籍の提供もあり、興味のある分野・自分の今の仕事に活かせる分野について、各自で深堀できる機会をいただけたのも良かったです。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

各授業でグループワークがある際には、毎回色々な方とお話しをする機会があるので 自然と受講生同士の距離も近くなり、楽しく過ごすことができました。各授業の教員の方もとても質問しやすく、楽しく学べたのが良かったです。受講生、教員の方々ともに普段仕事であまりお会いできない業界の方々と知り合うことができ、とてもいい刺激になりました。

Q1: SMBAEの講義についての感想

スポーツ及びビジネスについての要素を、体系的多面的に学ぶことができたことが、とても良かったです。その手段として、講義テキストだけでなく、参考書籍、海外や過去の映像等を交えたり、ゲストスピーカーをお招きしてのビジネス現場の話などもあり、視野も広がり理解も深まったように思います。 また、東京2020等メガスポーツイベントを迎えるにあたって、どのように捉えどのように準備していくかを過去の事例を紐解きながら考えを進めていくことができ、大変参考になりました。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

受講してのもうひとつのメリットは、受講生や先生方とのネットワーキングです。 様々な立場でスポーツに携わり、かつ平日夜に受講される受講生の方々との毎週のディスカッションは、競技や立場や世代を越えて、多くの刺激を受け気づきを与えてくれました。 講義外でも、早稲田駅伝にチームを作って出場したり、一般のスポーツイベントに一緒に参加したり、自然にコミュニケーションを取っていました。 先生方もフレンドリーで「質問があればいつでもどうぞ」と言ってくださっていたので、安心して受講することができ、講義中は勿論、受講後・翌週やオンラインで質問しても丁寧に答えてくださり良かったです。

Q1: SMBAEの講義についての感想

グループ子会社であるBリーグ・大阪エヴェッサのホームアリーナ獲得に動く中でスポーツ・ビジネスに強い関心を持ち、一方で本業にかかわる基礎も固めておきたい。ビジネススクールとの融合プログラムは、まさに私が求めていたものでした。心地良い緊張感で進行するインタラクティブな講義は、新たな知識と自身の経験を結び付け、発想のヒントを与えてくれました。また、スポーツという共通項で繋がった仲間は、私にとって一生の財産です。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

社会人生活で、これほど結びつきの強い仲間ができるとは思っていませんでした。週1回の講義だけでは物足りず、有志が集まった自然発生的な勉強会が開催されることも。講義後には先生方も参加される懇親会が毎回開催され、ここでも受講生同士、受講生と先生で活発な議論が交わされます。

Q1: SMBAEの講義についての感想

私は、SMBAE受講前、講義の内容を理解し、続けていけるのか、不安に感じていました。しかし、実際、受講し始めると、いろいろな視点でスポーツビジネスを捉える講師の話が大変興味深く、多くの発見があり、不安など忘れて、講義の内容に夢中になりました。多様な受講生とディスカッションする際は、今までに無かった多くの気づきを得られました。結果として、私は、毎回、講義に出席し、とても貴重で充実した時間を過ごせています。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

受講生は、様々な背景を持つメンバーが集まっています。学ぼうとする姿勢や常に問題意識を持っていることは、全員に共通しており、そこが絆の深さに繋がっていると感じています。先生と受講生の絆も深く、グループウェアで、受講生がセミナーやイベントの情報を発信した際は、先生からよくコメントが届きます。講義後の懇親会は、先生も受講生も食事をしながら、リラックスしてディスカッションしています。

Q1: SMBAEの講義についての感想

「あっ、この方、新聞でコメント出してた」「あっ、この人の記事、ネットで見た・・・」スポーツやスポーツビジネスの「ど真ん中」にいる方に、「ど真ん中」の話を聞けるのは、SMBAEの魅力です。 3時間の会議は退屈ですが、毎週月曜日、3時間があっという間に過ぎていく。半年間、教室に通うのが楽しみでした。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

毎週、共に学んで、議論をして、お酒を飲む、そんなコミュニティが40でできるとは思っていませんでした。同じ夢や悩みを持っているからこそ、密なコミュニケーションがとれたと思っています。これからもお付き合いを続けたい、そう思える”仲間”です。

Q1: SMBAEの講義についての感想

「スポーツビジネス界の羅針盤」 とにかく濃い!通い易い!!この講義の強みは学問と実践の両面から学べることです。週替わりのテーマで幅広い分野のEssenceを”つまみ食い”でき、多岐に亘るスポーツビジネスの世界において最初の一歩を踏み出す羅針盤となりました。考え抜かれた講義順、週1回、約半年間のカリキュラムはビジネスマンにも優しく非常に通い易かったです。正直来期も”おかわり”したいぐらいです。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

「ガチ~ゆる系まで様々なスピンオフ企画があり〼」 百戦錬磨の教授、最前線のエグゼクティブの方々がずらりと並ぶ講師陣、それを受けて立つ色彩豊かな受講生達。意識も感度も高いメンバーとのグループワークではワクワクするアイデアが次々と!講師の方々とはFB等でも繋がることができます。ガチな勉強会からゆるめの飲み会までスピンオフ企画も満載。早稲田SMBAEファミリーとしてこれからも長い付き合いになりそうです。

Q1: SMBAEの講義についての感想

日頃スポーツビジネスに関わっていないものの、スポーツビジネスの基礎知識から、スポーツ独特の社会における影響、将来的な需要やスポーツビジネスの必要性等、幅広く学べる非常に貴重な機会であった。実際に自らが先頭にたち現場で活躍されている方を講師に招いて頂き、苦労から成功までの経験談を聴くことで言葉だけでは表せないスポーツの魅力を感じることが出来、スポーツの全容が知れます。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

世代、職業の境界がなく、受講生、講師の皆さまと交流することが出来ます。過去の経験、将来目指すものは異なるものの、スポーツを発展、振興させるという思いがあると自然と会話は弾み様々な視点でスポーツを観たり、考えたりするようになりました。また講義以外に受講者同士で情報交換を行い、興味関心を更に深めることが出来ました。改めてスポーツが人にもたらす影響は素晴らしいな。と実感出来る場です。

Q1: SMBAEの講義についての感想

事前に課題を提示されて予習をしてから受講する形式ではなく、当日の講義を受講してからグループワークや質疑応答をする形式。そのため何らかの準備をしておく必要はない。換言すれば、講義に関する疑問について『その場で、モヤモヤした疑問点を自ら言語化して、質問して、消化できる瞬発力・集中力』が必要かもしれない。当然ながら、スポーツに関しては広範囲にわたって一定程度の予備知識を持ち合わせている方が効率的と思われる。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

非常に親密である。多種多様な分野の第一人者と呼ばれる方々とコミュケーションを取れるのは、ある意味で講義内容以上に有意義と言えるかもしれない。やはり人的ネットワークの構築は接触機会に比例して容易になっていくので、可能な限り受講してスポーツを語り、スポーツを憂い、スポーツを学ぶことを勧めたい。

Q1: SMBAEの講義についての感想

スポーツビジネスに携わるものとして、日々の業務の中だけでは見えない部分を大局的に学ぶことができ、大変有意義であると感じています。 スポーツビジネスに直接関わっている者として、日々の業務に生かせる講義内容や事例が多く、日々の講義後の職場へのフィードバックが楽しみです。 また、業界内の集まりの際、講義の内容や授業の様子、次年度への興味も含め、関心の高さを感じ、関心度の高さを実感しています。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

受講生同士の情報交換や授業以外での集まりも多く、とても前向きな関係性が築けていると実感しています。講義の内容や今後のスポーツ界への提言、各分野へ意見交換、他業種他分野への興味関心等、話は尽きることがなく、全カリキュラム終了後もいい関係を続けていきたいと考えています。 プロジェクトリーダーである原田先生を中心に講師陣、ゲストスピーカーも含め、アフタースクールでも積極的に受講生と交流を図っていただけていると感じています。 この点に関しては、とても感謝するとともに、この関係性から生み出される今後のスポーツ界の新しい流れが出来るといいと思っています。 Thanks Keita!!

Q1: SMBAEの講義についての感想

SMBAEでは、スポーツビジネスをテーマにマーケティング、スポンサーシップ、法律、会計等、様々な観点から多角的に学習をすることができます。私はスポーツに関連した組織に所属していますが、まさに今後のスポーツ界を発展させていくあたり必要な知識や視野、考え方を学ぶことができます。より多くの方々にご参加いただき、ともにスポーツ界に貢献していけることを期待しています。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

教員の先生方の個性豊かな実体験を基に受講生のディスカッションが展開されるため、普段はあまり考えたことのない事例についても意見交換を交わすことができ、毎回充実感を得ることができます。また、受講生もそれぞれ所属先や生い立ち、スポーツとの関わりが異なるため、一つの会話や質問が貴重な財産となって私の中に残っています。

Q1: SMBAEの講義についての感想

幅広く、必要な事柄を短期で学ぶことができる。 スポーツMBAエッセンスの名前の通り、スポーツをビジネスとして扱うために必要な要素を 幅広く習得することができます。スポーツの歴史から実務レベルでスポーツ業界がどのように動いているか、 スポーツのみでなく、起業や経済とは何かというまさに「ビジネスとしてのスポーツを学ぶ」に必要な要素を体系的に学べます。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

とても親密で、授業の日だけの関係ではなく付き合えます。 同じ学びを得るために集まった受講生間はもちろん、教員の方々とも授業外での交流があります。 授業後にも質問を受けていただけるので、授業中に聞けなかった質問や後から出てきた質問も解決の手助けをしてくれます。 とても柔軟に対応してくださり、学びの上でのよい土壌ができていると感じます。

Q1: SMBAEの講義についての感想

スポーツビジネスの会社を経営していますが、体系的に学びなおすために受講しました。各テーマを講義のみで深く掘り下げるというよりは、スポーツビジネスにおける様々なテーマ・領域の最新情報を知ることが一つの目的です。 ここで触れられた様々な領域ごとに「自分でさらに学び、あるいは実践を進める」「自分はやらないが、専門家の助けを借りる分野と位置づける」「社内の部下に専門性を磨いてもらう」「今は特に掘り下げない」という峻別をしています。 これから自分の事業をもっと大きくしていきたいと思っています。頭の整理と、人脈を得るために、毎週月曜の講義がとても役にたっています。 (大きな声でいえるように、この後事業で大きな成果をあげます!!)

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

受講生の仲間、教員の皆さんともすごくよい関係を築けていると思います。この仲間で、将来の日本のスポーツ業界を動かせる、そんな予感がします。毎週の飲み会で講師の方とも交流できるのも魅力。個人的には、すでに複数の講師の方とは個別でコンタクトをとり、実際のビジネスにもつなげています。 あとは、自分の会社で企画しているランニングイベント(早稲田駅伝)に、SMBAの仲間たちがチーム参加してくれたのは嬉しかった!

Q1: SMBAEの講義についての感想

毎回、講義のタイトルからして興味を引くものばかりですが、毎回、今まで知らなかった事ばかりでとても勉強になります。どの講師の先生も話し方がとても上手で、講義に引き込まれていき、気づくとあっという間に3時間が過ぎてしまう感じです。スポーツ全般の教科書的な内容から、スポーツビジネスの現場の実践的な内容まで、取り扱われる内容が幅広く受講してよかったと思っています。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

講義よりも毎回の懇親会で、受講生同士や先生方とお話をさせて頂く中で、堅かった雰囲気も少しずつ和らいできたと思います。様々な背景を持つ受講生の方との討議で、自分にはない発想のものを聞くことができ、とても参考になります。また、受講されているどの方も、熱い気持ちを持たれているばかりで、日々刺激を受けています。

Q1: SMBAEの講義についての感想

1回の講義時間が約2時間半という短い時間の中で既にスポーツビジネスに従事している、今後スポーツビジネスへ関わりを持って行きたいというどちらのビジネスパーソンにも適した実践的なカリキュラムはノンディグリープログラムではあるものの、その学びは必ず将来のキャリアアップに通じるものと確信しています。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

次第に講義日以外での受講生同士の交流も生まれ、まさしくこのビジネススクール最大の特徴である「弱い結びつきの強さ」を実感出来ます。各講師や教員の方々も非常にフレンドリーで話しやすく、将来に渡っての信頼関係や良好な関係づくりが出来る貴重な環境があります。

Q1: SMBAEの講義についての感想

その分野におけるプロフェッショナルの方々の講義なので、毎度変わる講義のテーマにワクワクしながら望める雰囲気、期待が大きく持てる講義です。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

SNSや名刺交換、講義後の飲食の場ではフランクにお話が聞けたり、ここでしか聞けない裏話が聞けたりなど、その場に居られただけで得をした感があります。 また受講生同士の横の繋がりも、回を重ねていくに連れより親密になり、会わない時間も彼らがどの様にスポーツに関して活動しているかを気に掛けたりしてます。 この期で一緒に学んでいる彼らを本当に尊敬しますし、今後も長く付き合えたらと思っています。

Q1: SMBAEの講義についての感想

多岐にわたるスポーツビジネスの全体像を把握するのにはとても役立ちました。受講前には未知であった分野が多々あることに驚くと同時に、新たな興味・関心に繋がり視点が広がりました。また、業界の第一線で活躍されている講師による現場に近い視点からの講義内容は臨場感があり、ビジネスとしての展開がイメージしやすく興味が深まりました。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

受講生はとにかく皆熱い!多様なバックグランドを持つメンバーからの知見や視点は大変刺激になり、またそれを惜しみなく共有し受け入れ合う雰囲気は非常に建設的で勇気づけられました。本コースで得た繋がりは将来的にも続くと思います。 各専門分野の第一人者である講師の方々と講義後にフランクに会話ができたのも、貴重な機会でした。

Q1: SMBAEの講義についての感想

私は、この講義を受講する段階で、スポーツの仕事を一切していない状態であったため、開始当初は講義が分かるのかどうか不安に思っていました。けれども、内容は段階を追ってスポーツ周辺に入っていくような仕立てになっており、スポーツの仕事を一切していない私でも、ついていくことが出来ました。 特に講師陣が経験豊富な方々ばかりで、様々なエピソードを交えながら、普段では聞けないようなことを多く聞くことができるのが、醍醐味だと感じました。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

自発的にこのSMBAEを受講しに来ている方々だけあって、皆さん発信力があり、様々な形で分科会が実施されました。それらを通して、今まであまり知らなかったスポーツを観に行ったり話を聞いたりすることが出来、スポーツを通して多くの人と、密着ほどはいかないまでも、結構強めの緩い繋がりが出来たと感じています。

Q1: SMBAEの講義についての感想

スポーツを通じてビジネスを学び、ビジネスを通じてビジネスを学ぶ。同時に2つの事を学べる。 関心事は他人事にならず、自分事になるので3時間の講義(1回分)が集中して頭をフル回転しているのが自分でも分かります。(同じ受講生も同じと思います) 小さい頃に何気なく楽しいだけで始めた運動をスポーツという側面から歴史・文化・倫理など一から知り、スポーツそのものやスポーツを取り巻く環境課題、社会課題に取り組める動機・きっかけをつくることができました。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

受講生と教員に壁は無く、講義目的・受講動機が明確であり、近づこうとする気持ちがあり良好。 限られた日数・時間なのでお互いに期待感・切迫感・緊張感を持っていると思います。 お金と時間を投資していることお互いに理解していることも重要と思っています。

Q1: SMBAEの講義についての感想

3時間の講義がいつもあっという間に感じました。「スポーツをマーケティングされる方」「スポーツを使ってマーケティングをされる方」様々な現場でご活躍されている皆様のそれぞれの視点からのお話は非常に興味深い内容のものばかりでした。日々の仕事に直結する内容が多く、とても実りあるものとなりましたことを心より感謝しております。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

普段接することのない様々な業界で働いていらっしゃる受講生の皆様との交流は新鮮で、視野が広がりました。教員の先生方もいつもフランクに接してくださり、講義内容はもちろん、仕事におけるスポーツビジネスの相談にも乗って頂き、感謝しております。

Q1: SMBAEの講義についての感想

毎回その業界のプロフェッショナルの方のお話が聞けるので、とてもためになります。 スポーツのことだけでなく、経済学や、財務といったアカデミックなものも学べます。 さすが早稲田のMBAといった感じです。個人的には実際にチームを運営している球団社長の方や、スポーツジム運営企業の役員の方のお話を聞けたのが、興味深かったです。 実際の現場で起こっていることや、どんな対策を行っているか。経営の生の声をお聞きすることができました。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

最初はお互い緊張していましたが、2,3回行くとみんな慣れてきて、すぐに仲良くなりました。様々な業種の方、様々な年齢の方が多数集まっており、日常生活ではこういったふれあいはあまりないと思います。共通の目標を持った、自分とは背景が全く違う方が集まったコミュニティといった感じです。毎回飲み会では、「今日はこの方にこの話題について聞いてみよう」と、各人のバックボーンが違うので、色んなお話をお聞きすることができました。教員の方々も熱心かつ気さくで、自分たちのお話に親身に耳を傾け、アドバイスもいただけるので、非常にありがたい環境でした。 毎週名古屋から通うのは肉体的には厳しかったですが、それ以上の体験、知見を得ることが出来たと自負しております。

Q1: SMBAEの講義についての感想

講師の先生方はスポーツビジネスの最前線にいらっしゃる方々で、現場ならではの講義は毎回とても興味深い。講義内容は、一方通行ではなく、ワークを通じて考える場もあるので、その場で理論を実践できる。仕事を抱えながらの忙しい人でもその講義毎に理論を消化することができる。そして、一緒に学ぶ方々の意識の高さが何よりモチベーションを高い位置で維持させてくれる。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

受講生は皆、スポーツ界で何かしらの課題・危機感を持って来ているため、講義後の懇親会では話が尽きない。講義だけでは足りない部分は勉強会を実施して学びを深めることもできるし、課外活動も頻繁に行われる。自分の姿勢次第でいくらでも活動を膨らませることができるのは大変良かった。

Q1: SMBAEの講義についての感想

過去、独学でスポーツビジネスを学んだことがありましたが、書籍だけで得られるインプットには限界があると感じたため、SMBAEを選択することを決めました。 SMBAEは、体系的にスポーツビジネスに関して学ぶことができました。また、学術だけでなくビジネス経験が豊富な教員陣からもリアルなビジネス状況を学ぶことができました。

Q2: 受講生及び教員との親密さについて

「スポーツが好き」という共通点を持ちながらも、多種多様なバックグラウンドを持つ個性的な受講生及び教員が揃っており、日頃のビジネスの延長上では繋がることのできない出会いが、SMBAEではありました。共通点を持つ仲間の集まりであるため、卒業後もスポーツビジネスを行う上で、支え合ったり切磋琢磨する関係は続いていくものと確信しています。