早稲田大学 スポーツMBA Essence

menu

早稲田スポーツMBA Essence

6つの特色

  • 1

    大学による日本初の
    ビジネススクール連携カリキュラム

    大学が提供するスポーツビジネスを学ぶノンディグリー・プログラムとして、日本で初めてビジネススクールとの連携が実現しました。これによって、スポーツとビジネスのより良い関係を学ぶ実践的な機会が得られます。

  • 2

    スポーツとビジネスに精通した
    著名な講師陣

    アカデミックな研究を基盤に、多様な分野のビジネスやスポーツマネジメントのコンサルティング経験を持つ早稲田大学スポーツ科学学術院とビジネススクール講師陣が担当します。

  • 3

    スポーツと文化、ビジネス、観光を網羅する
    多様な講義科目

    スポーツを深く学ぶために、文化、ビジネス、観光に関する幅広いカリキュラムを揃えました。

  • 4

    多様な受講生による
    ディスカッション

    多様なバックグランドを持つ受講生が、少人数での密度の濃いグループワークやディスカッションを行います。スポーツビジネスに関する人脈作りにも役立ちます。

  • 5

    実践的で体系的な
    講義内容

    各セッションでは、スポーツビジネスに関する最新トレンドに加え、最近の経済状況やビジネストレンドの内容も豊富に盛り込まれ、実践的かつ即効性のある講義内容になっています。

  • 6

    受講しやすいスケジュール、
    交通至便な早稲田キャンパス

    授業は、早稲田キャンパス26号館において、毎週月曜日夜19時から22時に実施します。

ご挨拶

2020年に向けて、政府は、現在のスポーツ産業の規模を現在の3倍の15兆円にするという計画を掲げました。
その実現に向けて、官民で多くのプロジェクトが動き始めましたが、最も不足しているのが、スポーツ産業に精通する人材です。

早稲田大学が2017年8月末開講を目指す「スポーツMBA Essence」(Sport Master of Business Administration Essence) は、スポーツビジネスやスポーツマネジメントに関する知識習得に関心を持つ社会人を対象とするノンディグリーの教育プログラムです。

本プログラムの最大の特徴は、早稲田大学スポーツ科学学術院と同ビジネススクール(WBS)の協力体制にあり、これによって実践的かつ高品質なカリキュラムの提供が可能となりました。皆様の入学をお待ちしています。

早稲田大学スポーツ科学学術院 教授 / スポーツMBA Essence プログラムリーダー
原田宗彦

早稲田大学WBS研究センターは高度専門職業人育成を担う早稲田大学ビジネススクールと連携して多くの社会人教育プログラムを実施しております。

この度、「スポーツMBA Essence」においてもビジネススクール精鋭の教員が戦略、経済、マーケティングなどスポーツビジネス・スポーツマネジメントに不可欠な項目を実践的に教育します。
皆様と一緒に「スポーツ分野で知的格闘」することを楽しみにしています。

早稲田大学ビジネススクール 教授 / WBS研究センター所長
長谷川博和