早稲田大学持続型食・農・バイオ研究所

トップページ

問い合わせ

イベント情報

 

農・食で「日本を健康にする」研究開発シンポジウム

【趣旨】
2016年9月、早稲田大学を中心とした10の企業・研究機関が連携し、農・食で「日本を健康にする」研究開発プラットフォームを立ち上げました。
本プラットフォームは、時間栄養学をキーテクノロジーとして、各種農産食材の機能成分の計測及び有用性の検証を行い、新しい視点で機能性成分を強化した
食材を開発するための研究開発を行うことを目的とします。
本シンポジウムでは、企業・行政・研究機関それぞれの立場から、研究開発やマーケット、政策の最新動向を講演頂きます。

【主催】早稲田大学持続型食・農・バイオ研究所
【共催】農林水産省 「知」の集積と活用の場 農・食で「日本を健康にする」研究開発プラットフォーム
    戦略的イノベーション創造プログラム「次世代農林水産業創造技術」時間栄養・運動レシピ開発コンソーシアム
【後援】「知」の集積と活用の場 産学官連携協議会
【日時】2017年2月20日(月) 12時30分~16時40分(開場12:00)
【場所】早稲田大学日本橋キャンパス(コレド日本橋5階)(地図はこちら
【申し込み】事前申し込み制(参加費無料・先着100名)

定員に達したため締め切りました

チラシPDFはこちら

Ustreamはこちら当日動画配信いたします。※会場の投影機器の関係で見えづらい場合があります。ご了承ください。



【プログラム】
開場12:00
12:30-12:40 挨拶
早稲田大学 理工学術院 教授/持続型食・農・バイオ研究所 医食同源暮らしの革命グループ 主査 竹山 春子
12:40-13:10 基調講演「機能性表示食品制度の健全な発展!~真に消費者に役立つ制度にするために~」
一般社団法人 消費者市民社会をつくる会(ASCON)代表・元消費者庁長官 阿南 久
13:10-13:40 基調講演「「知」の集積と活用の場の取組みの推進について」
農林水産省 農林水産技術会議事務局研究総務官 菱沼 義久(西郷正道氏より菱沼義久氏へ変更になりました)
13:40-14:00 講演「ローソンの日本を健康にする取り組みについて」
株式会社ローソン 商品本部ナチュラルローソン商品部 部長 谷口 佳明
14:00-14:20 講演「無肥料・無農薬の自然栽培が拓く食と農の未来」
弘前大学 農学生命科学部 教授 杉山 修一
14:20-14:40 機能性おやつの紹介
「和食に知を集積し守られてきた日本の健康」
国連NGO国連支援交流協会理事 「『日本の食文化』と健康」支部 古西 正史
「機能性おやつ」で日本を健康にする!」
早稲田大学ナノライフ創新研究機構 研究院教授/農・食で「日本を健康にする」研究開発プラットフォーム プロデューサ― 矢澤 一良

14:40-15:10 おやつタイム(休憩)

15:10-15:30 講演 「運動や食・栄養のタイミングの科学」
早稲田大学 理工学術院 教授 柴田 重信
15:30-15:50 講演「スポーツ現場における食事内容と摂取タイミング-時間栄養学の応用」
早稲田大学 重点領域研究機構 村田 浩子
15:50-16:10 講演「健康長寿とアクティヴ・ライフスタイル」
早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授、アクティヴ・エイジング研究所 所長 樋口 満
16:10-16:30 講演「スマホアプリ「メタボウォッチ」:時間栄養・運動学的観点から成人男女の生活習慣と体型の関連性を探る」
早稲田大学 重点領域研究機構 田中史子
早稲田大学 スポーツ科学学術院 教授 川上 泰雄
16:30-16:40 閉会挨拶
早稲田大学 理工学術院 教授 竹山 春子

【お問い合わせ】早稲田大学持続型食・農・バイオ研究所事務局(早稲田大学アカデミックソリューション内) E-mail: waseda-sfss[@]w-as.jp ※[]を抜いたアドレスに送付ください