関連リンク

News

2021.09.15
インドの農村の室内空気汚染について大学院生のChattopadhyayさん、片山東教授、横尾英史招聘研究員、作道真理招聘研究員がResource and Energy Economicsに論文を公刊しました。
2021.09.15
環境経済政策学会で、企画セッション「暗⽰的炭素価格を踏まえたカーボンプライシングの制度設計:効率性と地域経済間の公平性を⽬指して」を実施します(9月25日14時~16時)。
2021.08.17
森田稔招聘研究員と岩田和之招聘研究員が省エネルギー行動のリバウンドについて Environmental Economics and Policy Studiesに論文を公刊しました。DP版はこちらより取得してください。
2021.07.30
有村所長が岩波書店の「世界」にカーボンプライシングについて寄稿しました。
2021.06.21
Discussion paper No.2102E を公開しました。

The Rebound Effect in Air Conditioner Usage: An Empirical Analysis of Japanese Individuals’ Behaviors

2021.6.7
中国・清華大学のM.Duan 教授、韓国・Kyung HeeUniversityのH.Oh教授との日中韓の排出量取引に関する共同研究がCarbon Pricing in East Asiaとして公刊されました。
2021.06.07
Discussion paper No.2101E を公開しました。

Success and Failure of Voluntary Action Plan Disaggregated Sector Decomposition Analysis of Energy-related CO2 Emission in Japan

2021.4.12
ニュースレターNo.15Eを公開しました。
「Waseda University Brussels Office Workshop on Environmental Conservation Behaviors. (2021.3.16)」
2021.4.12
中井招聘研究所員がJournal of Behavioral and Experimental Financeに早稲田・独カッセル大学共同研究プロジェクトに関する論文を公刊しました。
2021.3.22
有村所長がTokyo Collegeで脱炭素とカーボンプライシングについて登壇しました。YouTubeで英語版(第1回第2回)と日本語版を視聴できます。
2021.03.22
Discussion paper No.2007E を公開しました。

The Distributional Effects of Climate Change: Evidence from Iran

2021.3.22
樽井招聘研究員(ハワイ大学)がEnergy EconomicsにCOVID-19について論文を公刊しました。
2021.2.16
環境省・河村玲央室長にCarbon Pricing in Japanの書評を執筆頂きました。
2021.2.5
3月4日に国民対話シンポジウム「シンポジウム カーボンプライシングとグリーンリカバリー」(環境研究総合推進費【2-2008】)を開催しました。(資料はプロジェクトホームページからご覧になります。)
2021.2.5
井口招聘研究員、片山研究所員、山野井研究所員が企業プロジェクトに関して、Small Business Economicsに共著論文を公刊しました。
2021.2.5
武田招聘研究員、有村所長が炭素価格プロジェクトに関して、Sustainability Scienceに共著論文を公刊しました。
2021.2.1
松本招聘研究員がEnvironmental Economics and Policy Studiesに論文を公刊しました。
2021.01.12
Discussion paper No.2006E を公開しました。

Individual Sustainable Investment in Japan

2020.12.1
有村所長と杉野招聘研究員が「アジアにおける脱炭素社会に向けた国際協力の可能性-カーボンプライシング・市場メカニズムの視点-」を環境経済・政策研究に公刊しました。
2020.12.1
宮本招聘研究員、矢島助手、有村所長が地方自治体のグリーン調達に関して、Sustainability に共著論文を公刊しました。
2020.11.1
尾沼招聘研究員、松本教授、有村所長がEconomic Analysis and Policyに論文を公刊しました。
2020.11.1
有村教授が電力中央研究所の若林上席研究員と、事業所での省エネについてEnergy Efficiencyに共著論文を公刊しました。
2020.10.10
本研究所の「環境省委託研究 環境研究総合推進費【2-2008】」の研究内容を紹介するHPが完成しました。
2020.10.10
環境総合推進費【2-1707】の研究成果としてOA書籍「Carbon Pricing in Japan」がSpringerから刊行されました。
2020.10.10
Discussion paper No.2005E を公開しました。

Advancement of Green Public Purchasing by Category: Do municipality green purchasing policies have any role in Japan?

2020.9.20
研究者インタビューにJoel Malen教授のインタビュー記事を掲載しました。
2020.9.5
Discussion paper No.2004E を公開しました。

Global fossil fuel consumption and carbon pricing: Forecasting and counterfactual analysis under alternative GDP scenarios

2020.9.5
杉野招聘研究員と有村所長が、アジアのエネルギー関連の環境政策について、Asia Economic Policy Reviewに論文を公刊しました。
2020.9.5
松本招聘研究員と尾沼招聘研究員が、Journal of Cleaner Productionに論文を公刊しました。
2020.8.17
Discussion paper No.2003E を公開しました。

Subjective risk belief function in the field: Evidence from cooking fuel choices and health in India

2020.8.17
研究者インタビューに中井美和准教授のインタビュー記事を掲載しました。
2020.7.2
招聘研究員・定行博士と有村所長の豊島区のデータを用いた空き家に関する共同研究が The Review of Regional Studiesに公刊されました。
2020.7.1
有村俊秀所長が、環境科学会の2020年度学術賞論文賞を受賞しました。
2020.6.15
研究者インタビューに鷲津明由教授のインタビュー記事を掲載しました。
2020.6.15
Discussion paper No.2002E を公開しました。

A Computable General Equilibrium Analysis of Environmental Tax Reform in Japan

2020.5.8
研究者インタビューに有村俊秀教授のインタビュー記事を掲載しました。
2020.5.8
早稲田大学 環境経済・経営研究所(RIEEM)公式HPをリニューアルしました。
2020.3.31
令和2年 環境研究総合推進費(研究課題名:暗示的炭素価格を踏まえたカーボンプライシングの制度設計-効率性と地域経済間の公平性を目指して-【課題番号:2-2008】)に採択されました。
2020.2.6
Discussion paper No.2001E を公開しました。

Optimal Dynamic Incentive Contracts between a Principal and Multiple Agents in Controlled Markov Processes: A Constructive Approach

2019.10.17
Discussion paper No.1803E を公開しました。

How much household electricity consumption is actually saved by replacement with Light-Emitting Diodes (LEDs)?

2019.9.30
Discussion paper No.1910E を公開しました。

Subjective Probabilistic Expectations, Indoor Air Pollution, and Health: Evidence from cooking fuel use patterns in India

2019.9.30
Discussion paper No.1909E を公開しました。

Impact of the Saitama Prefecture Target-Setting Emissions Trading Program on the Adoption of Low-Carbon Technology

2019.9.5
Discussion paper No.1908E を公開しました。

The Impact of the Tokyo Emissions Trading Scheme on Office Buildings: What factor contributed to the emission reduction?

2019.9.30
Discussion paper No.1905E を公開しました。

Existence of an optimal path in a continuous time nonconcave Ramsey model

Discussion paper No.1906E を公開しました。

Critical capital stock in a continuous time growth model with a convex-concave production function

Discussion paper No.1907E を公開しました。

Optimal steady state of an economic dynamic model with a nonconcave production function

2019.7.8
Discussion paper No.1904E を公開しました。

Can subsidy programs change the customer base of next-generation vehicles?

2019.5.27
Discussion paper No.1903E を公開しました。

Civil armed conflicts: the impact of the interaction between climate change and agricultural potential

2019.4.5
4月12日に「RIEEMワークショップ(関東環境経済学WS共催)」を開催します。
2019.4.5
Discussion paper No.1902E を公開しました。

Dynamic Incentives and Permit Market Equilibrium in Cap-and-Trade Regulation

2019.2.19
Discussion paper No.1901E を公開しました。

Evaluating the externality of vacant houses in Japan: The case of Toshima municipality, Tokyo

2019.1.21
有村俊秀所長の研究・教育活動の動画が公開されました。
2019.1.15
Discussion paper No.1804E を公開しました。

The Introduction of Wind Power Generation in a Local Community: An Economic Analysis of Subjective Well-Being Data in Chōshi City

2018.10.8
10月12日に「第一回 豊島区の空き家に関する研究報告会」を開催します。
2019.9.30
10月26日に国民対話シンポジウム「カーボンプライシングとエネルギーマネジメント」(環境研究総合推進費【2-1707】)を開催します。(申し込みは終了いたしました。)
2018.9.25
有村所長を始め、RIEEM研究員と関係者たちが各学会で賞を受賞しました(ニュースレターNO.12)
2018.8.28
Discussion paper No.1803E を公開しました。

How much household electricity consumption is actually saved by replacement with Light-Emitting Diodes (LEDs)?

2018.7.12
ニュースレターNo.8J を公開しました。

「CVMに関するワークショップ(2018.4.3)」

ニュースレターNo.9J を公開しました。

「UAM-RIEEM Workshop(2018.4.4)」

ニュースレターNo.10J を公開しました。

「Kassel-Waseda RIEEM Workshop(2018.5.10)」

ニュースレターNo.11J を公開しました。

「Kassel-Waseda RIEEM Workshop(2018.5.11)」

2018.5.24
Discussion paper No.1802E を公開しました。

Seemingly Unrelated Interventions: Environmental Management Systems in the Workplace and Energy Conservation Behaviors at Home

2018.3.27
Discussion paper No.1801E を公開しました。

Information Leverage: The Adoption of Clean Cooking Fuel in Bhutan

2018.1.18
ニュースレターNo.6J を公開しました。

「国民対話シンポジウム(2017.12.15)」

ニュースレターNo.7J を公開しました。

「カーボンプライシング研究会(2017.12.16)」

2017.11.17
12月15日にシンポジウム「パリ協定とカーボンプライシング」を共催いたします。申し込みはこちらから。
2017.9.25
本日、『環境経済学のフロンティア』(有村・片山・松本 編著)が刊行されました。
2017.9.25
ニュースレターNo.5J を公開しました。

「企画セッション(カーボンプライシング・プロジェクト)@環境経済・政策学会2017年大会(2017.9.10)」

2017.9.19
10月6日にワークショップを共催いたします。詳細情報
2017.8.28
ニュースレターNo.4J を公開しました。

「清華大学との研究交流会(2017.5.31)」

2017.7.21
7月21日にワークショップを開催しました。詳細情報
2017.7.6
2017年初頭に銚子市で行った「くらしと風力発電に関する意識調査」の結果を公開しました。
2017.6.12
6月30日にワークショップを共催いたします。詳細情報
2017.5.24
6月 8日にワークショップを共催いたします。詳細情報
2017.5.18
5月26日にワークショップを共催いたします。詳細情報
2017.5.10
5月16日にワークショップを開催いたします。詳細情報
2017.5.4
Discussion paper No.1703E を公開しました。

MEASURING THE SPATIAL EFFECT OF MULTIPLE SITES

2017.3.17
Discussion paper No.1701E を公開しました。

THE ETHNICS OF INTERGENERATIONAL RISK

2017.2.24
ニュースレターNo.3J を公開しました。

「ワークショップ「各国排出量取引制度の現状と展望」を開催(2016.1124)」

2016.12.21
ニュースレターNo.2J を公開しました。

「国際ワークショップ “Intergenerational equity, discounting and international agreement in global warming” を開催(2016.11.5)」

ニュースレターNo.1J を公開しました。

「ヨーロッパ法と経済学会で研究報告(2016.9.15-17)」

2016.11.21
11月24日開催のワークショップの開催会場は22 号館 718 教室です。
2016.11.15
11月24日にワークショップを開催いたします。詳細情報
2016.10.22
11月5日開催のワークショップの開催会場に変更がありました。詳細情報
2016.10.14
11月5日にワークショップを開催いたします。詳細情報